経理職におすすめの転職サイト19社を徹底比較|後悔しないための選び方やポイントも解説

当サイトはアフィリエイト広告を掲載しています

Check最初に登録すべき転職サイト
◆「doda」は必ず登録したい転職サイト
待っているだけでスカウトされる
業界最大級の求人数を誇る
サポート力が高いので初めての転職でも安心!
>>公式サイトで詳しく見る

◆迷ったら「リクルートエージェント
各業界に詳しいキャリアアドバイザーがサポート
提出書類の添削・面接対策・企業情報の提供◎

厚生労働省|職業紹介事業報告書によると、国内の有料職業紹介事業者は約29,000社

経理職に転職したいけど、どの転職サイトを使えば良いのか分からないと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

効率的に転職活動を成功させるためには、あなたにあった転職サイト選びが重要です。
この記事では、特徴別・年齢別に経理職におすすめの転職サイトをまとめています。

>>経理や財務などの転職におすすめの転職サイトを見る

ぜひ読んでみて、あなたに合った転職サイトを見つけてみてくださいね。

EvoWorkは、厚生労働大臣から有料職業紹介事業の許可を受け、職業紹介事業(許可番号:13-ユ-312365)と労働者派遣事業(許可番号:派13-315657)の、人材関連サービスも展開しているビジコネット株式会社が運営しています。

おすすめ転職サイトの総合ランキング

doda

1:
doda

公式サイト→

公開求人数は20万件以上
匿名で転職活動ができる!
プロがあなたの転職を徹底サポート
求人数 約200,000件
(2023年3月時点)
総合評価 5.0/5.0

リクルートエージェント

2:
リクルートエージェント

公式サイト→

国内最大級の求人数を誇る
好条件の非公開求人が豊富!
求人数 634,427件
(2023年3月30日時点)
総合評価 4.8/5.0

マイナビエージェント

3:
マイナビエージェント

公式サイト→

各業界に精通したアドバイザー在籍
応募書類や面接のサポートあり
求人数 非公開
総合評価 4.6/5.0

記事の目次

経理職に人気の転職サイトおすすめランキング

まず、経理や財務などの管理部門転職に強いおすすめの転職サイトをご紹介します。

転職サイトは2〜3社の登録がおすすめ
・より多くの求人を比較
・相性の良い担当者を探す
・使いやすいサイトを探す

1.doda

doda

dodaの特徴

  • 企業から直接スカウトで面接確約も
  • 利用者の満足度が高い
  • 3分でできる年収査定あり

dodaは、幅広い求人情報を豊富に扱っており、転職者満足度で高い評価を得ている大手転職サイトです。
職業紹介優良事業者として認定されている、パーソルキャリア株式会社が運営しています。

企業から直接スカウトを受け取れる機能があり、一般に求人を公開していない企業からのスカウトや面接確約のスカウトなどを受け取れることも。

公開求人だけでなく非公開求人からも紹介してもらえるため、あなたが希望する求人に出会いやすいです。

また、3分の年収査定では、直近の自分の年収予測が見られるだけでなく、今後30年の年収推移や求人提案を受けられます。

まだ転職準備を進めていない方は、ガイドやテンプレートに沿って入力するだけで職務経歴書が簡単に作成できるレジュメビルダーもあるため、スムーズに転職活動が行えるでしょう。

そのほかにも、企業の人事担当者や現場担当者が出席するオンライン転職フェアを開催しており、仕事内容や企業の雰囲気を知ることができます。

>>公式サイトを見る

求人数 約200,000件(非公開求人を含む)
※2023年3月時点
求人の質
サポート
総合評価
対応エリア 全国対応
北海道・青森・岩手・宮城
秋田・山形・福島・東京
神奈川・千葉・埼玉・茨城
栃木・群馬・山梨・長野
新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重
大阪・兵庫・京都・滋賀
奈良・和歌山・広島・岡山
鳥取・島根・山口・香川
愛媛・高知・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分
宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイト https://doda.jp/

dodaの評判・口コミ

口コミアイコン
30代男性
他の転職サイトではあんまり紹介してもらえなかったですが、dodaは10社以上の企業を紹介してくれました。

完全に条件があっている求人以外にも幅広く色々な企業を紹介してくれて、自分に合ってると思った正社員の求人も結構あった印象です。

内定後に年収交渉もしてくれたため、使ってよかったです。
検索機能も比較的充実しており、自分でも探しやすく感じました。

(出典:独自アンケート)

口コミアイコン
Jさん
DODAの面談、70分。
長かった。いちばん親身になってくれた。その上で厳しいこと言われて、あぁですよね、って感じで泣けた。(一部抜粋)

(出典:X 旧:Twitter

口コミアイコン
Nさん
dodaアドバイザーの人話しやすかった〜
転職市場の状況や気になる業界の状況聞けたのはよかったかも

(出典:X 旧:Twitter

口コミアイコン
Sさん
doda昔使ってたけど担当者と合わなくて自然消滅したな

良い方向に向かうことを祈ります

(出典:X 旧:Twitter

▶横にスクロールできます

\待っているだけでスカウトが来る/

(出典:公式サイト

関連記事:
doda(デューダ)の評判・気になる口コミは本当?賢い使い方や注意点も徹底解説

2.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントの特徴

  • 充実した転職サポート
  • 非公開求人約30万件(2024年2月時点)
  • 実績豊富なアドバイザー

リクルートエージェントは、登録人材ビジネス事業者のリクルートが運営している、業界最大級の求人数を誇る転職サイトです。

非公開求人が多く、他の転職サイトには掲載されていない求人を約20万件取り扱っており、リクルートエージェントでしか見つけられない求人が豊富にあります。

また、

  • 第二新卒
  • Uターン・Iターン
  • 外資系・グローバル

など特定の条件に特化したページもあり、各業界専任のコンサルタントが転職をサポートしてくれることも魅力です。

コンサルタントがあなたの転職をフルサポート。
一緒に強みを見つけながら、転職活動を進めることが可能です。

>>公式サイトを見る

求人数 求人数:634,427件
※2023年3月30日時点
求人の質
サポート
総合評価
対応エリア 北海道・青森・岩手・宮城
秋田・山形・福島・東京
神奈川・千葉・埼玉・茨城
栃木・群馬・山梨・長野
新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重
大阪・兵庫・京都・滋賀
奈良・和歌山・広島・岡山
鳥取・島根・山口・香川
愛媛・高知・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分
宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイト https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントの評判・口コミ

口コミアイコン
30代女性
人間関係でトラブルがあって転職を決めました。
リクルートエージェントにお世話になって、職場環境のいい企業を紹介して頂き内定ももらえました。

精神的に楽な職場でちゃんと仕事ができてます。人間関係重視って難しい条件だと思うため非常に感謝してます。

比較的求人も多い印象のため、自分でも探しやすかったです。

(出典:独自アンケート)

口コミアイコン
Jさん
リクルートエージェント、担当コンサルタント以外からのメールはたくさん届くのに担当コンサルタントに送ったメールは返信なくて死んでる??ってなってるんだが笑

アドレスは全部担当コンサルタントから来てるけど自分がシステム、別の人間、担当コンサルタントのうち誰と連絡してるのか分からん

(出典:X 旧:Twitter

口コミアイコン
Nさん
昨日久々にリクルートエージェントで求人見てたら今日電話かかってきた。

(出典:X 旧:Twitter

口コミアイコン
Kさん
やっと就職決まった~
リクルートエージェントはホントだめ。

役に立たない上に足を引っ張ることしかしなかった。調子いいだけ。おすすめはAIみたいだしエージェントいらない。

(出典:X 旧:Twitter

▶横にスクロールできます

\約20万件の非公開求人が見られる/

(出典:公式サイト

関連記事:
リクルートエージェントの評判・口コミ|徹底調査からわかる賢い使い方も

3.マイナビエージェント

※マイナビのプロモーションを含みます
マイナビエージェント

マイナビエージェントの特徴

  • 各業界の転職事情に詳しいアドバイザー在籍
  • 応募書類の作成や面接をサポート
  • 転職に関するコンテンツが充実

マイナビエージェントは、職業紹介優良事業者の人材業界大手のマイナビグループが運営する転職サイトです。

20代・30代・第二新卒向けの優良求人が多く、20代で初めて転職する方や、30代で未経験の業種に転職したい方におすすめです。

また各業界に精通した専任のキャリアアドバイザーが在籍していることも、特徴として挙げられます。
応募書類の添削や面接対策などを行ってくれるため、安心して転職活動を行えるでしょう。

さらに公式サイト上に転職成功ノウハウをはじめ、業界別の転職市場や平均年収ランキングといったコンテンツがまとめられており、目を通しておくことをおすすめします。

>>公式サイトを見る

求人数 非公開
求人の質
サポート
総合評価
対応エリア 北海道・青森・岩手・宮城
秋田・山形・福島・東京
神奈川・千葉・埼玉・茨城
栃木・群馬・山梨・長野
新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重
大阪・兵庫・京都・滋賀
奈良・和歌山・広島・岡山
鳥取・島根・山口・香川
愛媛・高知・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分
宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイト https://mynavi-agent.jp/

マイナビエージェントの口コミ・評判

口コミアイコン
Wさん
マイナビエージェントに登録したんだけど、あなたに紹介できる求人はありません。なので面談もしません。って言われちゃった ヒェッ…

(出典:X 旧:Twitter

口コミアイコン
Hさん
マイナビエージェントと話してみたけど、めっちゃ良かった、、、、

大手の会社でキャリアアップも全然いけると思うって言われてウレピ~~、、、、

(出典:X 旧:Twitter

口コミアイコン
Oさん
マイナビエージェントから一向に連絡ないから希望年収高すぎたか

(出典:X 旧:Twitter

▶横にスクロールできます

\はじめての転職にもおすすめ/

(出典:公式サイト

関連記事:
マイナビエージェントの評判・口コミは本当?賢い利用方法も徹底解説

4.ワークポート

ワークポート

ワークポートの特徴

  • 豊富な求人
  • 充実したサポート体制
  • 転職相談多数

ワークポートは約94,000件の求人数を誇る転職サイトです。

人材紹介専門で20年間の歴史があり、転職相談実績も多数あります。
またプライバシーマークも取得しているため、安心して利用できるでしょう。

オンラインで履歴書や職務経歴書を作れるアプリや選考スケジュールの管理ができるアプリ、未経験から無料でエンジニアを目指せるスクールを提供していることも魅力です。

ITエンジニア、ゲーム、営業、バックオフィスなど幅広い職種に対応しています。

>>公式サイトを見る

求人数 約94,000件(2024年2月時点)
求人の質
サポート
総合評価
対応エリア 北海道・青森・岩手・宮城
秋田・山形・福島・東京
神奈川・千葉・埼玉・茨城
栃木・群馬・山梨・長野
新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重
大阪・兵庫・京都・滋賀
奈良・和歌山・広島・岡山
鳥取・島根・山口・香川
愛媛・高知・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分
宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイト https://www.workport.co.jp/

ワークポートの評判・口コミ

口コミアイコン
20代男性
コンシェルジュさんの返信がめっちゃ早いです。
なかなか在職中で転職活動が進まなかったですが、仕事の合間でワークポートさんに相談したら色々一緒に進めてくれました。
未経験職種でわからないことも支援してくれてありがたかったです。

面談やカウンセリングはオンラインでお願いしましたが、一緒に良い企業へ入社できるよう頑張りましょうと行ってくれて心強かったです。
アプリで簡単に選考状況画見れて、現職が忙しくても簡単に見れました。

(出典:独自アンケート)

口コミアイコン
Hさん
転職エージェントのワークポートさんでキャリア相談してきたけど、メーカー事務系からse未経験転職だと年収下がるし、残業時間増えると聞いて萎縮してしまった

ただし真摯に話聞いてくれたし、僕の甘い考えを指摘してくれたから総合的に行ってよかった!

(出典:X 旧:Twitter

口コミアイコン
Oさん
ワークポートで面接対策してんだけど、今までのどの転職エージェントより職務経歴書ちゃんと書かされてて俺の今までの職務経歴書ってまじでお遊びみたいなもんやんって絶望してる、てか職務経歴書はエージェントが勝手に作ってくれてたし

(出典:X 旧:Twitter

口コミアイコン
Mさん
ワークポートは本当に酷かった。登録している最中、担当者と連絡取れなかったり、そのまま辞められたりしたので2度と登録しない。

(出典:X 旧:Twitter

▶横にスクロールできます

\多くの方に選ばれている転職サイト/

(出典:公式サイト

関連記事:
ワークポートの評判・口コミは本当?利用のメリットや賢い活用法も

5.リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウトの特徴

  • 転職決定年収 平均925万円以上※
  • 年収800万〜2,000万円の求人多数
  • 登録後はスカウトを待つだけ

リクルートダイレクトスカウトは、年収800〜2,000万円の求人を多数扱っているハイクラス向けの転職サイトです。
登録後はスカウトを待つだけ

ヘッドハンターがあなたにあった最適なポストを探してくれるため、忙しい30〜50代の方におすすめです。

2,500人以上のヘッドハンターが在籍しており、信頼できるヘッドハンター選ぶことでミスマッチを防ぐことも可能です。

※2022年度実績:2022年4月~2023年の間にレジュメ登録があった年収750万円以上のサービス登録者
>>公式サイトを見る

公開求人数 約256,000件(2024年2月時点)
求人の質
サポート
総合評価
対応エリア 北海道・青森・岩手・宮城
秋田・山形・福島・東京
神奈川・千葉・埼玉・茨城
栃木・群馬・山梨・長野
新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重
大阪・兵庫・京都・滋賀
奈良・和歌山・広島・岡山
鳥取・島根・山口・香川
愛媛・高知・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分
宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイト https://directscout.recruit.co.jp/

リクルートダイレクトスカウトの評判・口コミ

口コミアイコン
40代男性
以前より条件の良い企業を紹介してくれた印象。
無料登録後1週間くらいで結構条件が良い求人を提案してもらえたため、比較的に楽でした。

ヘッドハンターの方は転職先企業選びの相談にも乗ってくれます。

(出典:独自アンケート)

口コミアイコン
Tさん
とりあえずビズリーチとリクルートダイレクトスカウトに登録してみたぞ
まずは市場価値を把握したいところ。1,000万くらいのところからわらわらスカウトが来ないかしら

(出典:X 旧:Twitter

口コミアイコン
Bさん
リニューアルしたよーって聞いたのでリクルートダイレクトスカウト久々に登録
メッセージ管理できないので使い勝手残念なまま
とっとと退会した

レジュメ何も登録して無いのに、レジュメを見ました!ってメッセージも大量に来てて、エスパーの巣窟かしらね

(出典:X 旧:Twitter

▶横にスクロールできます

\登録後は待っているだけ/

(出典:公式サイト

関連記事:
リクルートダイレクトスカウトの評判・口コミ|おすすめの活用法も

6.パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアの特徴

  • 累計転職支援実績約54万人※
  • 転職後年収アップ率61.7%
  • 女性の転職実績も豊富

※2024年2月時点

パソナキャリアは、人材業界大手のパソナグループが運営している転職サイトです。
28,000社以上の企業との取引実績があり、幅広い業界・職種の求人情報を取り扱っています。

充実したサポートサービスが特徴で、54万人以上の方の転職を成功させた経験から、転職活動について丁寧にアドバイスしてくれます。

これまで転職を成功させた方のうち、67.1%の方が年収アップを実現しているため、キャリアアップしたい方や年収600万円以上を目指している方はぜひ登録してみてくださいね。

>>公式サイトを見る

求人数 34,000件以上(2024年2月時点)
求人の質
サポート
総合評価
対応エリア 北海道・青森・岩手・宮城
秋田・山形・福島・東京
神奈川・千葉・埼玉・茨城
栃木・群馬・山梨・長野
新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重
大阪・兵庫・京都・滋賀
奈良・和歌山・広島・岡山
鳥取・島根・山口・香川
愛媛・高知・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分
宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイト https://www.pasonacareer.jp/

パソナキャリアの口コミ・評判

口コミアイコン
20代女性
比較的に質の高いサポートが受けられる印象です。
私のキャリアアドバイザーの女性も非常に親切でした。
今後のキャリアに悩んでいたんですが、一緒になって悩んでくれて良い企業を選んでくれました。

女性のための求人特集も組まれていて、自分でも求人を探しやすかったです。
サポート体制が整っていて安心でした。

(出典:独自アンケート)

口コミアイコン
Oさん
パソナキャリアで転職したんですけどイライラすることが多々ありましたわね

(出典:X 旧:Twitter

口コミアイコン
Hさん
何がしたいのか、何が向いているのか分からないというのであればエージェントに相談してみましょう。

担当者次第なので一概には言えませんが、パソナキャリアの担当者の印象や資料は良かった気がします。

(出典:X 旧:Twitter

口コミアイコン
Rさん
はじめまして!フォローありがとうございます 私はリクルートエージェントとパソナキャリアを利用していて、転職先が決まったのはパソナキャリアでした。パソナキャリアになったのは現職の求人が出たのが1番早かったからでした。情報が早いように思います。頑張ってくださいね

(出典:X 旧:Twitter

▶横にスクロールできます

\女性の転職にもおすすめ/

(出典:公式サイト

関連記事:
パソナキャリアの評判・気になる口コミは本当?利用者の本音を徹底調査

ここではおすすめの転職サイトを複数社紹介しましたが、さらに多くの転職サイトを見て比較したい方は、以下の記事も参考にしてください。
転職サイトおすすめランキング|転職のプロが徹底比較
転職エージェントおすすめランキング|評判・口コミから比較

経理職に強い転職サイト19社比較一覧

doda(デューダ) 第二新卒や未経験など幅広い条件検索が可能
リクルートエージェント 経理を含む非公開求人が多数揃っている
パソナキャリア 経理経験を活かしキャリアアップを望める求人が豊富
ワークポート 転職実績が豊富なアドバイザーが丁寧にサポート
リクルートダイレクトスカウト 経験を生かしたハイクラス転職をしたい方におすすめ
マイナビエージェント 顧客満足度が高く専任アドバイザーのサポート受けられる総合型転職サイト
JACリクルートメント ハイクラス転職が目指せる総合型転職サイト。管理職を目指す方におすすめ
MS-JAPAN(エムエスジャパン) 30・40代の会計・経理など管理部門に特化した転職サイト
ビズリーチ 高収入・役職アップを目指したい方におすすめ。ハイクラス転職に特化した求人が豊富
BEET-AGENT(ビートエージェント) 経理や財務などの管理部門に特化した転職サイト。上場企業やIPO準備中企業などへの転職を目指す方におすすめ
SYNCA(シンカ) CFO経験者が監修する管理部門に特化した転職サイト
コトラ 金融・コンサル・経理に特化したハイクラス転職サイト
ノーリミット 経理・財務に特化した株式会社アシロが運営する転職サイト
経理転職.com 経理・財務などの管理部門に特化した転職サイト。外資系企業やシニア世代の転職など幅広く求人が揃っている
経理エージェント 15年以上の転職支援実績を持つ特化型転職サイト
LHH転職エージェント(旧:spring転職エージェント) 人材派遣会社アデコが運営する総合型転職サイト。大手から外資系企業まで幅広い求人に対応
転職エージェントneo 20代や第二新卒の転職に特化した転職サイト
経理転職ナビ 転職サービスを提供するワークポートが運営する30・40代の経理や財務に強い転職サイト
ジャスネットキャリア 経理・財務に特化した転職サイト。正社員から派遣、アルバイトなど幅広い職種に対応

>>経理転職におすすめの転職サイトランキングに戻る

特徴別|経理職におすすめの転職サイト

ここからはサービスの特徴別におすすめの転職サイトをまとめました。

下記の目次からあなたが求めるサービスの特徴を選んでください。

マイナビエージェント|初めて転職する方・未経験の方におすすめ

※マイナビのプロモーションを含みます。
マイナビエージェント

マイナビエージェントの特徴

  • 20代に信頼されている転職サイト
  • 転職事情に通じた専任アドバイザー
  • 企業担当アドバイザーによるバックアップ

マイナビエージェントは、人材大手のマイナビグループが運営している転職サイトです。
全国に拠点を展開していて、各業界の知識に精通した専任のキャリアアドバイザーが転職活動を支援してくれます。

初めて転職する方に向けた、おすすめの優良求人の紹介や書類添削や面接対策など、専任のアドバイザーが一貫して丁寧にサポートしてくれるため安心して転職活動を行えます。

また、マイナビエージェントは若い世代からの評価が高いところも特徴です。
気になった方はぜひ登録してみてください。

>>公式サイトを見る

求人数 非公開
対応エリア 全国対応
北海道・青森・岩手・宮城・秋田
山形・福島・東京・神奈川・千葉
埼玉・茨城・栃木・群馬・山梨
長野・新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重・大阪
兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山
広島・岡山・鳥取・島根・山口
香川・愛媛・高知・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎
鹿児島・沖縄
求人の質
サポート
総合評価
公式サイト https://mynavi-agent.jp/

\人材大手による充実したサポート/

関連記事:
マイナビエージェントの評判・口コミは本当?徹底調査による賢い利用方法も解説

JACリクルートメント|大手企業・海外進出企業を目指す方におすすめ

JACリクルートメント

JACリクルートメントの特徴

  • 30~50代むけの転職サイト
  • 43万人の転職支援実績
  • グローバル転職支援に強み

JACリクルートメントは、東証一部上場企業のJACが運営している、30代~50代向けの転職サイトです。

ハイキャリアに特化した求人情報を取り扱っていて、これまで約43万人の方の転職支援をした実績があります。

JACでは、各業界に精通した職種ごとのコンサルタントが、希望条件にあった求人を厳選して紹介してくれるため、幅広い業界・職種の求人を見られます。

またJACリクルートメントでは、国内企業だけでなく、大手優良企業や外資系企業、海外進出企業など、グローバル転職をしたい方向けのサポートに強みを持っています。

英語力が高い人は即戦力として採用されることが多いため、グローバル転職を目指している方にもおすすめです。

>>公式サイトを見る

求人数 約12,000件
※2024年2月時点
対応エリア 全国対応
北海道・青森・岩手・宮城・秋田
山形・福島・東京・神奈川・千葉
埼玉・茨城・栃木・群馬・山梨
長野・新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重・大阪
兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山
広島・岡山・鳥取・島根・山口
香川・愛媛・高知・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎
鹿児島・沖縄
求人の質
サポート
総合評価
公式サイト https://www.jac-recruitment.jp/

約43万人の支援実績/

関連記事:
JACリクルートメントの評判・口コミは本当?徹底調査による賢い利用方法も解説

MS-Japan(エムエスジャパン)|経理職でキャリアアップしたい方におすすめ

MS-JAPAN(エムエスジャパン)

MS-Japanの特徴

  • 管理部門ごとに求人が探せる
  • 資格別に転職・求人情報を探せる
  • 管理部門特化型サイト

MS-Japanは、経理・人事・法務・会計士・税理士・弁護士の管理部門・仕業特化型転職サイトです。
大手企業だけでなく会計事務所や監査法人、法律事務所など幅広い求人が掲載されており、経理の求人だけでも全国に約3,090件と多くあります。

あなたが応募しやすいように保有資格や探している職種から簡単に求人の検索ができるため、管理部門のお仕事も簡単に比較できます。

業界に精通している、経験や知識が豊富な担当者がサポートも行ってくれるため、経理のお仕事についても相談しやすい環境です。

また、会員登録も無料で簡単にでき、登録後は非公開求人の確認からキャリアのご相談、面接対策、転職への相談会やセミナーの参加などができます。

セミナーは高収入を目指したい人や未経験転職をしたい方など様々な利用者へ向けて対応しているため、活用してみましょう。
ほかにも、キャリア診断も無料でできるため気になる方はぜひ、MS-Japanを利用してみてください。

>>公式サイトを見る

求人数 約10,000件
※2024年2月時点
対応エリア 全国対応
北海道・青森・岩手・宮城・秋田
山形・福島・東京・神奈川・千葉
埼玉・茨城・栃木・群馬・山梨
長野・新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重・大阪
兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山
広島・岡山・鳥取・島根・山口
香川・愛媛・高知・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎
鹿児島・沖縄
求人の質
サポート
総合評価
公式サイト https://www.jmsc.co.jp

\業界の資格保有スペシャリストが多数/


ビズリーチ|高年収・役職アップを目指したい方におすすめ

ビズリーチ

ビズリーチの特徴

  • 高給与の求人が多数
  • スカウト制度を利用できる
  • キャリアアップが期待できる

ビズリーチは、年収や役職アップが期待できるハイクラス求人を扱う総合型転職サイトです。

経理や財務を含む管理部門の求人は106,000件以上掲載されています。

また、中には年収1,000万円以上の求人もあり、高年収を目指したい人向けの求人を探している方は必見です。

さらに、ビズリーチに登録すると、スカウト制度を利用できあなたの経験やスキルに見合う企業から声がかかるため、自分で求人探しをする手間が省けることも特徴です。

そのため、管理職の経験を数年積んでおりスキルを十分持っていると考えられる30代の転職に強いです。

気になる方は、ぜひ登録してあなたの理想の転職を叶えましょう。
>>公式サイトを見る

求人数 約106,000件
※2024年2月時点
対応エリア 全国対応
北海道・青森・岩手・宮城・秋田
山形・福島・東京・神奈川・千葉
埼玉・茨城・栃木・群馬・山梨
長野・新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重・大阪
兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山
広島・岡山・鳥取・島根・山口
香川・愛媛・高知・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎
鹿児島・沖縄・海外
求人の質
サポート
総合評価
公式サイト https://www.bizreach.jp/

\キャリアアップを目指せる求人が多数/

BEET-AGENT(ビートエージェント)|スキルを活かし転職の幅を広げたい方におすすめ

BEET-AGENT(ビートエージェント)

BEET-AGNET(ビートエージェント)の特徴

  • 管理部門に特化している
  • 企業紹介が丁寧である
  • 強みを活かした転職が期待できる

BEET-AGENT(ビートエージェント)は、経理や財務などの管理部門に特化した転職サイトです。

年収600万円以上やリーダーポジションなどへの転職が期待できる求人を取り扱っています。

また、希少性が高かったり一般には公開できない情報が記載されていたりする求人を扱っているため、求人はすべて非公開です。

そしてBEET-AGENTの強みは、あなたにマッチする可能性が高い求人紹介をしてもらえる点です。

管理部門職種の知識や転職実績の豊富なアドバイザーが丁寧にあなたと向き合い、キャリア設計のサポートをしてくれます。

そのため、経験やスキルを活かし役職や給料アップを目指したい方におすすめです。
求人情報が気になる方はぜひ登録してみてくださいね。
>>公式サイトを見る

求人数 非公開
対応エリア 全国対応
北海道・青森・岩手・宮城・秋田
山形・福島・東京・神奈川・千葉
埼玉・茨城・栃木・群馬・山梨
長野・新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重・大阪
兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山
広島・岡山・鳥取・島根・山口
香川・愛媛・高知・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎
鹿児島・沖縄
求人の質
サポート
総合評価
公式サイト https://beet-agent.com/entry/?your-code=top

\あなたとマッチする企業が見つかる/


SYNCA(シンカ)|経理・人事・財務などに特化した転職サイト

SYNCA(シンカ)

SYNCA(シンカ)の特徴

  • 管理部門に特化している
  • あなたの市場価値診断ができる
  • アドバイザーのサポートが受けられる

SYNCA(シンカ)は経理や財務などの管理部門に特化した転職サイトです。
求人は東京都の企業が多い傾向にあります。

自分のスキルとマッチする企業を効率的に見つけたい方や、転職先を早く見つけたい方はSYNCAへの登録がおすすめです。

特に、市場価値診断スカウト制度を活用すると良いでしょう。
市場価値診断とは、アンケートに回答するだけであなたのスキルが生かせる企業などを知ることができます。

また、SYNCA(シンカ)に所属するアドバイザーは経理部門に詳しいCFOが多数在籍しているため、サポートを受ける際も心強いでしょう。
気になる方はぜひ登録して転職成功率を高めてくださいね。
>>公式サイトを見る

求人数 約900件
※2024年2月時点
対応エリア 全国対応
北海道・青森・岩手・宮城・秋田
山形・福島・東京・神奈川・千葉
埼玉・茨城・栃木・群馬・山梨
長野・新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重・大阪
兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山
広島・岡山・鳥取・島根・山口
香川・愛媛・高知・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎
鹿児島・沖縄
求人の質
サポート
総合評価
公式サイト https://synca.net/

\あなたとマッチする企業が見つかる/

コトラ|ハイクラス転職を目指している方におすすめ

コトラ

コトラの特徴

  • 豊富な業界情報
  • ハイクラス転職におすすめ
  • 日経グループから5年連続で表彰

コトラは、株式会社コトラが運営するプロフェッショナル人材に特化した転職サイトです。

日経グループの「ヒューマンリソースエージェントアワード」で5年連続受賞するなど、外部から高く評価されています。

また、業界事情に詳しい転職エージェントが揃っているため、企業の特徴などを教えてもらいつつ約2万3,600件のハイクラス求人の中から、希望の求人を探せます。

公式サイトには各業界の情報特集や、面接準備・本番の対策についてのコンテンツもあるため気になる方はぜひ利用してみてください。

>>公式サイトを見る

求人数 約23,600件
※2024年2月時点
対応エリア 北海道・青森・岩手・宮城・秋田
山形・福島・東京・神奈川・千葉
埼玉・茨城・栃木・群馬・山梨
長野・新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重・大阪
兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山
広島・岡山・鳥取・島根・山口
香川・愛媛・高知・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎
鹿児島・沖縄
求人の質
サポート
総合評価
公式サイト https://www.kotora.jp/

\ハイクラス転職ならコトラ/

ノーリミット|公認会計士・経理・財務に特化した転職サイト

ノーリミット

ノーリミットの特徴

  • 転職未経験でも安心のサービス
  • 公認会計士・経理・財務に特化
  • 書類添削・面接対策もサポート

ノーリミットは、株式会社アシロが運営する転職サイトです。
2019年から弁護士専門の転職サイトとして始まったノーリミットですが、法務・管理部門・監査法人などの取引経験を活かして、経理・財務・公認会計士向けの転職サービスも展開しています。

経理に特化した求人を保有しており、スカウトを受けても選考に乗らない・書類で落とされてしまうことが少ないです。

また、一人一人のスキルと経験を活かしたキャリアサポートをしてもらえるため、転職活動が初めての方でも安心して相談できます。

>>公式サイトを見る

求人数 非公開
対応エリア 北海道・青森・岩手・宮城・秋田
山形・福島・東京・神奈川・千葉
埼玉・茨城・栃木・群馬・山梨
長野・新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重・大阪
兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山
広島・岡山・鳥取・島根・山口
香川・愛媛・高知・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎
鹿児島・沖縄
求人の質
サポート
総合評価
公式サイト https://no-limit.careers/

\ノーリミットなら安心のサポート/

経理転職.com|外資系やグローバルにも強い経理特化の転職サイト

経理転職.com

経理転職.comの特徴

  • 非公開求人も多数
  • 経理特化の求人サイト
  • 業界に精通している実績が豊富な転職エージェント

経理転職.comは、株式会社ジェイエイシーリクルートメントが運営する、経理や財務を含む管理部門に特化した転職サイトです。

約4,300件の求人のうち、約70%※が非公開求人であり、優良求人も多く保有しているのが特徴です。

また、JACはグローバルに人材サービスを展開しているグループのため、外資系企業で働いてみたいと考えている方に利用が向いているでしょう。

経理未経験を募集している求人は少ない一方、ハイキャリア向けの求人が比較的多いため、実務経験やスキルに自信がある人はぜひ経理転職.comに登録してみてください。

※公式サイトより

>>公式サイトを見る

求人数 約4,300件
※2024年2月時点
対応エリア 北海道・青森・岩手・宮城・秋田
山形・福島・東京・神奈川・千葉
埼玉・茨城・栃木・群馬・山梨
長野・新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重・大阪
兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山
広島・岡山・鳥取・島根・山口
香川・愛媛・高知・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎
鹿児島・沖縄
求人の質
サポート
総合評価
公式サイト http://www.finance-jac.com/

\経理転職.comで簡単応募/

経理エージェント|経理に特化した転職サイトがサポート

経理エージェント

経理エージェントの特徴

  • 取引実績多数
  • 経理を含む管理部門に特化した求人が豊富
  • 業界特化の転職エージェント

経理エージェントは、株式会社ビジネスビジョンが運営する転職サイトです。

大きな特徴は、求人案件の90%※以上が経理の実務経験者を求めている点です。
そのため、経理経験者の方が比較的有利に進められます。

また、経理エージェントの担当者全員が実務経験を10年以上積んでいるベテランのエージェントです。
過去の経験から転職成功事例を分析し独自のアドバイスをくれるため、転職に関する不安を解消できそうですね。

さらに、管理部門特化の転職サイトであるため、転職活動を効率的に進められるでしょう。

求人の検索方法も「簡易検索」「こだわり検索」があり、あなたの条件に合った仕事を探しやすいことも特徴です。

※公式サイトより

>>公式サイトを見る

求人数 約17件
※2024年2月時点
対応エリア 北海道・青森・岩手・宮城・秋田
山形・福島・東京・神奈川・千葉
埼玉・茨城・栃木・群馬・山梨
長野・新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重・大阪
兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山
広島・岡山・鳥取・島根・山口
香川・愛媛・高知・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎
鹿児島・沖縄
求人の質
サポート
総合評価
公式サイト https://keiri-agent.com/

\経理専門の転職サポート/

LHH転職エージェント(旧:spring転職エージェント)|ミドル層におすすめの経理特化型転職サイト

LHH転職エージェント(旧:spring転職エージェント)

LHH転職エージェント(旧:spring転職エージェント)の特徴

  • 質の高い求人
  • コンサルタントがあなたと企業の両方を担当
  • 30代向けの求人が豊富

LHH転職エージェント(旧:spring転職エージェント)は、アデコグループが運営するミドル層向けに特化した転職サイトです。
アデコグループはスイスに本部を置く総合人材サービス企業であり、世界60カ国以上で事業を行なっています。

日本では前身の頃から30年以上も、人材業を行なっている老舗の大手企業として知られており、ハイクラス・ミドルクラス転職顧客満足度調査では高評価※を誇っています。

豊富なネットワークを持っているため、国内有数の大手企業、外資、グローバル企業、優良中堅企業など幅広い企業への転職実績があります。

また、LHH転職エージェント(旧:spring転職エージェント)は、転職エージェントがあなたと企業の両方を担当してくれるため、転職活動がスムーズに進められそうですね。

そのため、企業から生の情報を聞けるほか、あなたの熱意を企業に伝えられるなど転職を有利に進められます。

※公式サイトより

>>公式サイトを見る

求人数 約17,600件
※2024年2月時点
対応エリア 北海道・青森・岩手・宮城・秋田
山形・福島・東京・神奈川・千葉
埼玉・茨城・栃木・群馬・山梨
長野・新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重・大阪
兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山
広島・岡山・鳥取・島根・山口
香川・愛媛・高知・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎
鹿児島・沖縄・海外
求人の質
サポート
総合評価
公式サイト https://jp.lhh.com/

\30代におすすめ転職サイト/

年代別|経理におすすめの転職サイト

ここでは年代別に管理部門の転職に強いおすすめの転職サイトをご紹介します。
転職のタイミングによって企業が求める条件や選考ポイントが異なるため、利用するべき転職サイトが変わります。

年代別で利用すべき転職サイトをご紹介するため、ぜひ参考にしてみてください。

第二新卒エージェントneo|20代・第二新卒に特化したおすすめの転職サイト

第二新卒転職エージェントneo

第二新卒エージェントneoの特徴

  • 就職・転職の満足度が高い
  • 専任の転職エージェントと相談できる
  • 20代・第二新卒の方に特化したサービスが充実

第二新卒エージェントneoは株式会社ネオキャリアが運営する、20代の第二新卒・既卒・フリーターの方向けのサービスに特化した転職サイトです。
就職転職相談しやすさ・面接対策サポート・就職転職満足度で高く評価※されています。

また、30秒ほどで簡単に登録可能です。
そのあとはあなた専任のアドバイザーにキャリアプランニングを手伝ってもらえます。

もちろん、書類添削や面接対策も充実しているため、初めて転職をする方でも安心して転職活動を進められるでしょう。
20代で転職活動に悩んでいる方はぜひ、登録してみてくださいね。

※2020年12月期「ブランドのイメージ調査」 日本マーケティングリサーチ機構調べ

>>公式サイトを見る

公開求人数 約20件
※2024年2月時点
対応エリア 北海道・青森・岩手・宮城・秋田
山形・福島・東京・神奈川・千葉
埼玉・茨城・栃木・群馬・山梨
長野・新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重・大阪
兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山
広島・岡山・鳥取・島根・山口
香川・愛媛・高知・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎
鹿児島・沖縄
求人の質
サポート
総合評価
公式サイト https://www.daini-agent.jp/

\20代におすすめの転職サイト/


関連記事:

経理転職ナビ|20代~30代におすすめの経理特化型転職サイト

経理転職ナビ

経理転職ナビの特徴

  • 経理・財務系管理部門に特化した転職サイト
  • 条件交渉を代行
  • 最新の求人情報を提供

経理転職ナビは、大手転職サービスであるワークポートが運営している、経理・財務を含む管理部門に特化した転職サイトです。

利用者の割合としては30~40代のミドル層が多く、実務経験が豊富で即戦力人材の転職支援に強みを持っています。

また、専門のリクルーティングアドバイザーが毎日営業活動を行い新規の求人を獲得しているため、経理職特化型ならではの最新の求人情報が豊富であることもポイントです。

メンバークラスやスタッフクラスの求人ももちろんありますが、CFO候補や財務経理部長候補などハイクラスポジションの求人も多く揃っています。

求職者のニーズに応じたレベルの求人案件を探せる転職サービスです。

管理部門に特化した転職足とのメリットを活かして転職活動を有利に進めたい20代~30代の方はぜひ登録してみてくださいね。

>>公式サイトを見る

求人数 約3,400件
※2024年2月時点
対応エリア 北海道・青森・岩手・宮城・秋田
山形・福島・東京・神奈川・千葉
埼玉・茨城・栃木・群馬・山梨
長野・新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重・大阪
兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山
広島・岡山・鳥取・島根・山口
香川・愛媛・高知・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎
鹿児島・沖縄・海外
求人の質
サポート
総合評価
公式サイト https://keiri-navi.workport.co.jp/

\最新の求人情報を確認/

【関連記事】:

ジャスネットキャリア|40代~50代におすすめの会計・税務・経理に特化した転職サイト

ジャスネットキャリア

ジャスネットキャリアの特徴

  • 経理・会計に特化した求人
  • 登録者満足度91%※
  • 非公開求人も多数

ジャスネットキャリアは、公認会計士のための人材紹介サービスを起源とする転職サイトです。

会計・税務・経理・財務などの管理部門に特化した事業展開を行っており、転職支援実績も豊富なため、経理の転職を考えている方にもおすすめです。

エージェントによるアドバイスや、書類添削・面接対策などのサポートを受けられるほか、公式サイトに登録すれば簿記や実務が学べる動画セミナーがあり、無料で閲覧できます。

また経理や財務などの管理部門特化の転職サイトのため、求人検索がスムーズに行えるでしょう。

経理の実務経験を積みたい方は、ジャスネットキャリアに登録して自分の可能性を試してみてはいかがでしょうか。

※2022年2月期「ブランドのイメージ調査」 日本マーケティングリサーチ機構調べ

>>公式サイトを見る

求人数 約4,200件
※2024年2月時点
対応エリア 北海道・青森・岩手・宮城・秋田
山形・福島・東京・神奈川・千葉
埼玉・茨城・栃木・群馬・山梨
長野・新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重・大阪
兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山
広島・岡山・鳥取・島根・山口
香川・愛媛・高知・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎
鹿児島・沖縄
求人の質
サポート
総合評価
公式サイト https://career.jusnet.co.jp/

\40代~50代におすすめの転職サイト/


【関連記事】:

経理職転職を成功させる5つのポイント

ここでは経理職への転職に関するポイントをまとめました。

これから転職を進めるにあたって、重要である部分を厳選して紹介しています。ぜひ読んでみてください。

1.経理職転職がしやすい時期を知っておく

日本では一般的に3月~5月が繁忙期の企業が多いです。

株式総会や税務業務に向けて、企業の数字を整理します。決算申告や各種納税業務などが重なるのがこの時期です。

そのため、繁忙期を避けて、その2~3ヶ月前である1月や2月に求人募集をはじめる企業が多くなるので知っておくと良いでしょう。

>>管理部門転職をしたい方向けのおすすめ経理転職サイトを見る

2.経理求人の探し方を知る|転職サイトの複数登録がおすすめ

経理や財務など管理部門の求人を探す際には複数の転職サイトを利用することをおすすめします。

転職サイトには、Web上に公開されていない「非公開求人」や、そのサイトでしか見られない「独自求人」があります。

また、管理部門に特化していたり、求人紹介の実績が豊富であったりするサイトなどそれぞれの転職サイトには特徴や強みがあります。

そのため、いくつかの転職サイトに登録し、目にする求人の数を増やすことで、希望の条件の求人に出会える確率も高くなるでしょう。

>>管理部門に転職したい方向けのおすすめ経理転職サイトを見る

3.リファラル採用について知っておく

リファラル採用とは、企業が自社の社員から友人や知人を紹介してもらい採用する方法です。

企業側としても求人媒体や人材紹介などの採用コストを削減できるメリットがあるため、注目を浴びつつある手法です。

もし友人や知人が希望する企業で働いている場合、転職活動をしていることを伝え、直接人事担当に繋いでもらえればチャンスも広がります。

4.経理職で派遣社員から正社員へ

派遣社員は正社員に比べて、専門職の求人募集が多いです。

派遣社員は大手企業で働けるチャンスがあることに加えて、経理の実務経験を積めるメリットがあります。

まずは派遣社員として経理職の経験を積んでから、管理部門の正社員として働くことを目指すのも一つの方法でしょう。

5.未経験の方は転職事情を詳しく調べる

経理未経験での転職は、経験者の転職に比べて難しい傾向です。

そのため、転職事情や経理の仕事について理解することが重要です。

転職で有利になりそうな資格や、やる気を伝えられそうなエピソードなどを考えておきましょう。

また未経験の方に向けたセミナーやサポートが受けられる制度があるかどうか確認しておくことをおすすめします。

しかし、未経験の場合でも転職できる可能性は十分にあるため、準備と対策をしっかりして成功率をあげられると良いですね。
>>経理の転職市場を見る

経理転職サイトおすすめの選び方

この章では、経理や財務などの管理部門への転職におすすめの転職サイトの賢い選び方をご紹介します。

経理に特化した転職サイトか

経理や財務などの管理部門に特化した転職サイトを選ぶことで、経理業界や経理の転職市場について詳しい情報が得られます。

また、管理部門に特化した転職サイトは、総合型転職サイトに比べて経理転職を成功させたい人向けのサポートが充実している傾向です。

転職サイトでは、経理転職をサポートしてきたプロが担当についてくれるほか、経理経験のあるアドバイザーから実情を聞けます。

さらに経理の転職市場に詳しいアドバイザーがいれば、スキルやキャリアを踏まえたあなたの市場価値を教えてもらえることもポイントです。

これらは経理転職をしたい方にとって大きなメリットでしょう。
そのため、まずは管理部門に特化した転職サイトを選ぶことをおすすめします。

転職サポートは充実しているか

転職エージェントに登録すると、業界に詳しいキャリアアドバイザーやキャリアコンサルタントと呼ばれる担当者が、専任で転職活動をサポートしてくれます。

サポート内容は多岐にわたります。

  • 担当者との面談・カウンセリング
  • キャリア相談
  • キャリアデザイン構築
  • あなたに合った求人探し・求人紹介
  • 企業や職場の詳しいデータ紹介
  • 履歴書や職務経歴書など必要書類の添削
  • 面接対策・トレーニング
  • 日程など各種調整
  • 内定後の条件交渉
  • 現職場の退職手続きサポート
  • 入社までの手続きサポート
  • 入社後のフォロー・キャリア相談

サポート内容は転職サイトごとに異なるため、できるだけあなたの希望条件に合ったサポートが受けられるものを選びましょう。

>>経理職におすすめ転職サイトを見る

求人数は豊富か

まずチェックしたい点は、経理や財務を含む管理部門に関する求人数です。

経理や財務に関する求人数が豊富なほど、転職の幅が広がります。
掲載されている求人数のうち経理関連の求人数を調べてから登録しましょう。

検索条件の職種で「経理」を選択すると、様々な業種の経理求人が一覧で見られる転職サイトもあります。
また、非公開の経理求人数がわかるサイトもあるため、できるだけ多く経理の求人・非公開求人を保有している転職サイトを選んでください。

さらに、複数の転職サイト・転職エージェントを利用すれば、求人数はより多くなり、豊富な業種から選べます。

建設・建築業界で、特殊な知識が必要な建設業経理士の資格を取得した方は、資格手当がある求人が見つかる可能性があります。

競争率が低く、年収の高い専門的な業種の経理経験がある方は、実績が活かせる求人を探してみましょう。

口コミや評判を確認する

転職サイトや転職エージェントに登録する前に、口コミや評判・評価もチェックしてみましょう。

口コミや評判の良い転職サイト・エージェントを選び、あまりに評判の悪いものは避けた方が良いですね。

口コミは、SNSや経理転職者向けのウェブサイトで見られます。

>>経理職におすすめの転職サイトを見る

経理転職サイトの賢い使い方6選

ここからは、経理向け転職サイトの賢い使い方をご紹介します。

1.連絡は素早く・こまめに

担当のキャリアアドバイザーとの連絡はスピーディーに行うことを意識しましょう。
スピーディーな連絡は転職意欲が高いと判断され、優先的に条件の良い非公開求人が紹介される可能性が高まります。

人気のある求人はすぐに募集を締め切ってしまう場合も多いです。
日頃から素早い連絡を心がけることでチャンスを逃さないようにしましょう。

また、転職活動では書類選考の締め切りや面接日時の設定など、企業との段取りをきちんと進めなければならない場面も多いため、連絡が素早いと計画が立てやすかったり、転職サイトと企業側の両者に好印象をもってもらえます。

複数の転職サイトを利用していて、あまり連絡をとっていない担当者がいれば、2週間に1度程度は連絡して、まだ転職活動をしていることを伝えてみましょう。

あまり連絡がないと転職活動を終えたと判断され、新しい求人の紹介が少なくなる可能性があります。

>>あなたに合う経理職転職サイトを探す

2.転職時期は「良いところがあればすぐにでも」

転職サイトとの面談では必ず希望の転職時期を聞かれます。

その場合には、少し時間をかけて転職活動をしたい場合にも「良いところがあればすぐにでも」と伝えることをおすすめします。

理由は良い求人案件を優先的に紹介してもらうためです。

転職サイトも早期に売上に繋がりやすい、転職への熱意が強い方を優先して対応しています。
そのため、「転職時期はまだ考えていない」などと答えてしまうと、すぐに転職したい方と比べて優先順位は低くなってしまいます。

また、条件の良い求人は非公開で応募が終了してしまうことも多いため、優先的に紹介してもらえるようにアピールしましょう。

3.アドバイザーには経歴やスキルを正直に伝える

一般的に登録情報ややり取りの内容は情報が残ります。
経歴を詐称し、それがあとから発覚した場合、虚偽報告をする人物として紹介される求人が制限されてしまうことも。

入社後にご自身のスキルに合わない仕事を任されることがないようにするためにも、正直に伝えることをおすすめします。

また、経理や財務などに特化した転職サイトを利用すると、あなたの持っている資格やスキルを最大限に発揮できるような求人を探してくれるでしょう。

そのため、経歴や希望条件をまとめておくと、複数の転職サイトを利用する際にもスムーズに共有できますし、中身の濃い面談が受けられます。

>>あなたに合う経理職転職サイトを探す

4.希望条件は優先順位をつけ、理由を伝える

面談の前には希望条件をリストアップしましょう。

希望する条件の転職先を見つけるためには、あなたの考えをしっかり担当のアドバイザーに共有することが重要です。

なぜならアドバイザーは希望条件をもとにあなたに合った求人を探し、紹介してくれるからです。

あなたの考えがきちんと共有できていないと的外れな求人ばかりを紹介されることがあります。

5.応募はひとつの案件に対して一度だけにする

同じ案件には複数のサービスから応募しないように注意しましょう。
さまざまなサービスから同じ案件に複数応募してしまうと、企業側も転職サイト側も混乱させてしまいます。

また、両者に不信感を与えることにもなりかねず、場合によっては選考へ進めなくなり、その企業に再応募することはもちろん転職サイトからも良い求人が紹介されなくなる可能性があります。

6.推薦文は確認させてもらう

転職エージェントは企業にあなたのことを紹介する際、履歴書・職務経歴書と一緒に「推薦文」を書いて送っています。

「推薦文」とは転職サイトが企業にあなたのことを紹介する書類です。
企業側はこの書類も参考にあなたの合否を検討するため、きちんと確認しておきたいところです。

担当のキャリアアドバイザーによっては、職務経歴書の内容をそのまま写して書くこともあるようです。

そのため、「お話した内容と相違がないように確認しておきたい」「客観的にみてどのような評価なのか知りたい」などと伝え、企業側へのアプローチをきちんとしてくれているか確認しておきましょう。

>>あなたに合う経理職転職サイトを探す

経理職転職サイト利用の流れ

この章では、経理職転職サイトを利用する流れをわかりやすく解説します。

転職活動を成功させるために必要なステップや注意点について紹介するため、ぜひ参考にしてください。

また、特化型サイトでも総合型サイトでもおおよその流れは同じです。

転職サイト型

まずはじめに、転職サイト型の利用の流れです。

1.転職サイトの登録ページから登録する

各転職サイトの公式ページから登録します。

同じ会社内でもエージェントや派遣登録などのページがあるため注意しましょう。

2.サイト内で求人を探す

職種や勤務地、希望の年収など様々な条件から求人を探します。

1つのサイトの情報ではなく、複数のサイトを併用することをおすすめします。

3.エントリーする

自分の希望にあっていると思った企業があれば自分で応募します。

サイト内から応募できるため、必要事項を確認して応募してみましょう。

4.面接

エントリー後、サイトに登録した情報などから選考が始まります。

面接に進んだ場合は企業から連絡があるため、連絡を見逃さないように確認しましょう。

5.内定

無事面接が終わったら企業からの連絡を待ちます。

内定後は転職サイトを通さず、直接企業とやり取りをします。

>>おすすめの経理職転職サイトに登録する

転職エージェント型

転職エージェント型を利用した際の流れです。

1.転職サイトの登録ページから登録

各転職サイトの公式ページから登録します。登録完了メールも確認しておきましょう。

2.キャリアカウンセリングの日程調整

登録後、数日以内に電話もしくはメールで連絡が来ます。
10分ほどの簡単なヒアリングですが、明確な希望条件がある場合にはここできちんと確認しておきましょう。

忙しい方や遠方の方は、オンラインでの面談や電話面談が可能かどうか確認しておくと良いでしょう。

3.担当者によるキャリアカウンセリング

キャリアカウンセリングは転職サイトのオフィスに訪問する場合や指定の場所にきてもらう、電話のみで対応などの方法があります。

特に経理職に特化した転職サイトでは、経理や財務職に精通したアドバイザーが在籍している可能性が高いため、話し合いもスムーズに行えるでしょう。

初回の面談では下記のような内容について聞かれるので考えておきましょう。

  • 現在の転職市場についてレクチャー
  • ご自身のキャリアの棚卸
  • 転職理由のヒアリング
  • 転職するうえでの希望条件の整理
  • 自身の強みの棚卸

4.求人を紹介してもらう

キャリアカウンセリングの内容をもとに、担当者があなたに合った求人を紹介してくれます。

もちろんサイト内で気になる求人があった場合は、自分から転職サイトに相談することも可能です。

5.書類選考の対策などサポートしてもらう

気に入った求人があれば職務経歴書や履歴書の準備をします。
作成から添削までサイトにアドバイスをもらうこともできます。

転職未経験の方はサポートのしっかりした転職サイトに登録しておきましょう。

書類選考には通常一週間程度かかり、選考結果も転職サイトの担当者から知らされます。

6.面接対策を受ける

書類選考通過後の面接日程調整も、担当者が代行してくれます。
面接に不安のある方、転職未経験の方はしっかり面接対策も受けておくと良いでしょう。

面接に同行してくれる転職サイトもあります。

事前に自分にあっているエージェント型の転職サイトを探しておきましょう。

7.内定と退職手続きのサポート

内定の連絡もエージェントから知らされます。

内定後はエージェントが「年収の交渉」「入社までのスケジュール調整」「退職までの手続きサポート」なども行ってくれます。

>>おすすめの経理職転職サイトに東郎する

こんなときはどうすれば良い?|経理転職の不安を解消

転職活動をしていると不安はつきものですよね。

そこで、面接や書類など選考に関することや、応募後のトラブルへの対処法をご紹介します。

応募したけど連絡がこない

転職サイトを通して求人に応募したけれど、その後連絡が来ない場合もあるようです。

その際は、選考期間や返信の対象者になっているかを確認してみてください。

選考期間内であれば、選考終了後1週間ほど連絡を待ちましょう。
また、企業からの連絡の対象者が「合格者のみ」か「応募者全員」か、もう一度確認することをおすすめします。

さらに、このようなトラブルを避けるため、エージェント型の転職サイトを利用すると専任のアドバイザーがあなたの転職活動をサポートしてくれます。

本記事でも管理部門転職を目指す方に向けたおすすめの転職サイトをご紹介しているため、ぜひ確認してください。

>>経理や財務などの管理部門におすすめの転職サイトを見る

書類選考が通らない

気になる求人を見つけて応募しても、なかなか書類選考が通らず不安に感じる方はいらっしゃいませんか。

応募を受ける企業はたくさんの応募を受けており、たくさんの選考書類に目を通しています。
そのため、採用者の目に留まるような書き方をすることが大切です。

経理のお仕事につながる資格や、その魅力が伝わりやすい文章を書けるよう心がけましょう。

また、転職サイトのノウハウがまとめられたページやアドバイザーからの添削など、第三者目線からの意見も重要です。

このような場合は、書類添削をしてくれる転職サイトに登録しサポートしてもらうことで選考の通過率をあげられるメリットでしょう。

>>経理や財務などの管理部門におすすめの転職サイトを見る

経理職は転職しやすいのか|経理の転職市場を解説

ここでは経理職の転職事情を紹介します。
経理職の平均年収や転職理由、将来性などにも触れていますので気になる項目があればご覧ください。

経理経験者の需要は高い

経理業務は事前に理解し、覚えておかなければならない知識が多くあります。

また、経理は多くの業務を時間内に終わらせなければならないうえに、企業規模や業種で業務内容が異なることも。

まったくの未経験者を雇うより、少しでも実務経験を積んでいる人を雇いたいというのが企業の本音でしょう。

自社の金銭の流れを管理する経理職は、多くの企業にとって欠かせない存在のため、経験者が優遇されやすいです。

>>経理や財務などの管理部門におすすめの転職サイトを見る

経理職の平均年収

経理職の平均年収は以下の通りです。

企業規模 平均年収 平均月給 平均年齢
10~99人 約340万円 約28.3万円 45歳
100~999人 約366万円 約30.5万円 41歳
1,000人以上 約388万円 約32.3万円 41歳

勤務先や実務経験の有無、年齢によっても異なりますが、経理職の平均年収は約340~390万円です。

同じバックオフィス業務である受付・案内事務員の平均年収は約280万円で、経理職の平均年収と60~110万円ほど差があります。

また、今回の調査ではボーナスを考慮していないため、ボーナスが多い正社員等の場合は、年収800万円を超えることもあるでしょう。

(参照:厚生労働省|令和三年賃金構造基本統計調査

経理職の転職理由

経理職の転職理由としては、「スキルアップがしたい」「年収を増やしたい」「人間関係がうまくいかなかった」などが挙げられます。

やりたい業務に今の企業では関われない場合や、給与体系に不満がある場合、転職を決意する人が多いようです。

面接の際には、前職での不満をそのまま伝えるのではなく、なぜ経理財務に就きたいのかをポジティブな理由とともに伝えましょう。

転職の平均回数

転職を経験している人の平均転職回数は2回です。
男女ともに30代以上の転職が増えている傾向で、多くの人が転職を経験しています。

転職回数が多いと転職に不利であるイメージがありますが、理由や今後のキャリアプランがきちんと説明できれば、印象が悪くなることはないでしょう。

参照:職業キャリア形成の変化|内閣府

転職は3~5年目が多い

転職を考えるタイミングや理由は人それぞれですが、一般的に3~5年の経験があれば転職がしやすいと言われています。

理由は実務経験を積み、基本的なスキルが身についており、リーダー役へなることも可能なタイミングであるためです。

また、5年以上の経験がある方も管理職への転職の可能性が高まるでしょう。

あなたのスキルや経験が最大限に生かせるタイミングで転職ができると良いですね。

>>経理や財務などの管理部門におすすめの転職サイト

管理部門へ転職するうえで勉強すべきこと

経理に資格は必須ではありませんが、簿記2級以上を条件にしている求人も多く見られます。

ほかにも、会計ソフトや表計算ソフトなどのPCに関してのスキルは習得しておくと良いでしょう。

外資系の企業を希望している方は、決算書類を英語で作成し、現地のスタッフに説明する場面もあるため英語力が必要です。

>>経理転職に役立つ4つのスキル

経理の主な仕事内容と業務の流れ

ここでは経理職の仕事内容と業務の流れについて解説していきます。

経理職の日次業務

経理職の日次業務は、売り上げや買掛金の管理・出納経費精算、伝票の記帳・整理などです。

これらは基本的に毎日発生するものであり、発生した段階で処理する必要があります。

>>経理や財務などの管理部門におすすめの転職サイトを見る

経理職の月次業務

経理の月次業務は、請求や支払いの締め日に行う月次業務と月次決算の2つです。

月次業務は取引先からの入金の確認や督促、給与の支払いや源泉所得税の納付などを行います。

月次決算は月ごとの売り上げや予算消化状況を確認していくため、これをきちんとおこなっておけば、年次決算の負担を少なくできるという利点もあります。

月次決算については法律で定められているわけではないため、行っていない会社もあります。

経理職の年次業務

年次業務では、法人税や消費税の確定申告、株主総会での計算書類の報告や予算管理などを行います。

年次業務は、企業の決算月によって時期が異なります。

決算月から2~3ヶ月間は日次業務と月次業務に加えて、この決算の業務が加わる繁忙期とされています。

>>経理や財務などの管理部門におすすめの転職サイトを見る

経理職の役割とキャリア

経理職とは、どんな役割を持つ部署なのでしょうか。
経理職の仕事と、どんなキャリアアップをしていくのか詳しく解説します。

会社の資金管理にかかわる重要な役割

経理とは、会社の資金管理にかかわる重要な仕事です。
どんな企業にも必要な部署で、直接企業の利益に関わらなくとも企業の運営には欠かせない、バックオフィスと呼ばれています。

経理の仕事は企業の財務管理です。

企業のお金とお金の流れを管理しています。
売上や仕入額などの管理や、現金の入出金管理、決算報告書の作成などが主な仕事です。

他の企業と信頼関係を結び、社員が自社を信頼するためには欠かせない存在でしょう。

  • 毎日おこなう日次業務
  • 月に一度の月次業務
  • 年に一度決算時に行われる年次業務

など、経理の仕事は1日単位のものから年度単位のものまであります。

経営陣と仕事をする機会がある

経理は、略さずに言うと「経営管理」です。
英語では「Accounting」、「報告する・説明する」という意味がある言葉です。

企業のお金の動きを管理し、逐一記録・報告する部署のため、上記のように名付けられました。

最近では企業経営者たちに、戦略的経理が注目されつつあります。

経理は、数字で企業を把握し、説明できる部署です。
経営者が経営戦略を立案する際、経理が出す「数字」というエビデンスを、有力な武器として利用することで、説得力が得られます。

そのため、企業によっては経理部と経営陣が経営戦略のために、ともに仕事をする機会も増えています。

>>おすすめの経理職に特化した転職サイト

CFOになれる場合もある

経理の道を究めると、CFOになれる可能性もあります。

CFOとは「Chief Financial Officer」、つまり「最高財務責任者」のことです。

財務戦略の立案や執行を行う、経理・財務の責任者を呼びます。

財務のパフォーマンスを高めるために、財務をはじめ企業活動全般をお金の面からマネジメントし、財務戦略の企画・立案・執行を行う役職です。

CFOを含めた、英略語の地位について簡単に解説します。

CEO 最高経営責任者 企業のトップ。社長や代表取締が兼任することも多い
COO 最高執行責任者 CEOに次ぐ企業のナンバー2
CFO 最高財務責任者 会社の財務戦力に関わる責任者
CTO 最高技術責任者 技術分野における最高責任者
CMO 最高マーケティング責任者 COOやCFOのもと、マーケティングに関する戦略立案や投資先の最適化等を担当する

欧米や外資系企業では、CFOはCEOに次ぐ、ときには並ぶほどの重職として認識され、CFO出身のCEOも珍しくありません。
いずれは日本でもそうなっていく可能性は十分に考えられますね。

>>あなたに合う経理職転職サイトを探す

経理転職は未経験でできないのか

この章では未経験から経理職への転職事情についてご紹介します。

経理未経験の需要は高いとは言えない

経理未経験の方の需要は、高いとは言いがたい状況です。

企業を内部から支えるバックオフィスの中でも、経理は高い人気があります。

経理の仕事には経験が必要なものも多く、企業は即戦力となる経理経験者を求める傾向があるため、未経験者の需要は高いとは言えません。

なかには、未経験者可という求人もありますが、競争率は高いでしょう。

未経験だと経理業務は難しいのか

経理業務は事務系の中でも専門性が高いため、まったく知識がない状態から仕事を覚えることは比較的難しいです。

しかし経理の業務を担当する方は、誰もが初心者からスタートしています。
そのため、未経験だから不可能ということはありません。

ですが経理は簿記を学んでおくと理解しやすいです。簿記の勉強しておくと良いでしょう

以下のような方が経理の仕事に向いています。

  • コミュニケーションスキルが高い
  • 説明好き・説明上手
  • 自分で自分の仕事を評価できる
  • 勉強好き(会計や法律に興味がある)
  • 数字に強い・数字が好き
  • コツコツやる一人仕事が好き
  • 好きなことは延々と繰り返せる
  • 緻密で正確な仕事が得意
  • 集中力がある
  • 責任感が強い
  • まじめ
  • 心配性
  • スケジュール管理が得意

未経験者が経理の求人に応募する際は、未経験者可とある求人を選ぶことになり、入社してから経理の仕事をマスターします。

その際、セミナー研修やOJT制度が整っている企業を選ぶことがおすすめです。

>>人気の経理職転職サイトを探す

未経験者を採用する際に企業はどこを見ているのか

経理の求人には「未経験者可」というものも存在します。

そのような場合、企業は経験値やスキル以外にどこを見ているのかをご紹介します。

  • これまでに事務系で培ってきたMOS等の事務処理能力
  • 簿記など基本的な経理に関する知識
  • 今後成長が期待できる伸びしろ
  • 自社や経理の仕事に向ける情熱・熱意
  • コミュニケーションスキルやプレゼン能力
  • 打たれ強さ

未経験者には、高いコミュニケーション力やプレゼン能力、説明力、そしてある程度の打たれ強さが求められると言えます。

また、これらのスキルを持っている人はどのような環境でも周りに好印象を与えられるでしょう。

そのため、積極的にアピールすることをおすすめします。

経理未経験の方が持っておくべき資格

経理未経験の方が経理の求人に応募する際、持っていると役立つ資格をピックアップしました。

  • 日商簿記2級
  • 給与計算検定
  • ビジネス会計検定
  • ファイナンシャルプランナー
  • MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)

上記の資格を持っておけば、経理職への転職を有利に進められるでしょう。

>>人気の経理職転職サイトを探す

経理転職のメリットとデメリット

この章では、経理職へ転職するメリットとデメリットについてご紹介します。

経理転職のメリット

経理から経理への転職のメリットをご紹介します。

  • 経理部への転職でキャリアアップや年収アップが期待できる
  • 一度スキルを身につけるとどんな企業でも重宝される
  • 企業には絶対に必要な部署
  • 女性はライフイベントで離職しても、スキルがあれば復職しやすい
  • ワークライフバランスを取りやすい
  • 企業を財務、数字で全体把握できる
  • 事務系に汎用性のあるスキルが身につく
  • 努力次第で仕事が楽になり出世も期待できる

経理や財務などのの管理部門求人は常に一定数あるため、転職先はたくさんあります。

経験値やスキルを磨いて勉強を怠らなければ、年収アップやキャリアアップも期待できるでしょう。

経理は専門性が高い仕事で、一度身につけばどんな企業でも重宝されます。

優秀な経理部員は需要が高く、女性は結婚や出産、育児で離職しても復職しやすい職場です。

また年間、月間、日間でなすべきことがきっちり決まっているため、仕事ができれば残業や休日出勤なども比較的少ないため、ワークライフバランスのとりやすい仕事でしょう。

さらに経理の特殊技能があれば、企業を財務、数字で把握することが可能です。

>>あなたに合う経理職転職サイトを探す

経理転職のデメリット

ここでは経理転職のデメリットも合わせてご紹介します。

  • 他の職種から経理への転職は難しい
  • 他の職種から入った場合は年収が落ち込む可能性もある
  • 他の職種から入る場合はさまざまな資格や豊富なスキルが必要
  • 管理部門の年収は低くなりがち
  • 社内ではあまり好かれない立場の部署
  • タスクを淡々とこなす仕事のため実績を評価されにくい
  • 大変かつ重要な割に目立たない
  • 専門性の高い事務系スキルしか身につかない

経理以外の業界から管理部門を目指す場合は、転職が難しく、さまざまな資格やスキルがなければなかなか採用担当者の心をつかむことはできません。

また他の職種から経理職に転職した場合に、年収が下がってしまうこともあるようです。

企業にとって重要な職業ですが、活躍が目立ちにくい職でもあります。

経理職で後悔しない転職先の探し方

経理転職したいと思ったとき、転職先を探す際には気を付けなければいけないポイントがあります。

転職サイト利用者の中には、転職後に後悔したという方もいらっしゃいます。

そういった方たちの共通点は上記のポイントを意識できていなかったことにあります。

「せっかく転職したのにミスマッチだった」ということにならないように、気を付けて転職先を選びましょう。

なぜ今の職場から転職したいのかを明確にする

「あなたはなぜ転職したいのか」、これは転職活動を始める前に必ず明確にしておきましょう。

転職サイトで求人を探すにしても探してもらうにしても、あなたがなぜ転職したいのかが明確になっていなければ良い求人案件を選択することは難しいでしょう。

よくある失敗として、とにかく今働いている職場が嫌だからといって、希望を明確にせず転職先を探してしまうパターンです。

今の職場に嫌気がさしている場合、他の職場が実際よりも良く見えてしまうことも多くあります。

転職後に「転職前の方が良かった」と後悔する方も少なくないため注意しましょう。

希望する条件が転職先にあるのかを確認する

あなたがなぜ転職したいのかを明確にしたあとは、あなたの希望を叶えてくれる環境が転職先にあるか確認しましょう。

前述の通り、転職活動中というのは他の職場の良い部分ばかりに注目してしまいがちです。
求人情報の良い部分にばかり目を向けてしまうのではなく、本当にあなたが求めている条件を満たしているのか確認することが重要です。

例えば、あなたのキャリアプランに役立つような実務経験が積めたり、スキルを磨けるセミナーがあったりするかを確認しましょう。

>>あなたに合う経理職転職サイトを探す

給料を意識しすぎない

転職先を選ぶ際には給料を意識しすぎるのは危険な可能性もあるため注意しましょう。

もちろん転職の希望条件として給料アップを希望している方は多くいます。
しかし、給料が著しく高い場合、従業員に過度な労働を強いている職場であることも。

給料が高い求人が絶対に悪いわけではありませんが、条件をしっかりと確認して問題がないことを確かめるようにしましょう。

転職先の従業員の口コミを確認する

転職先の良し悪しを確かめるのに最も手軽な方法は、転職先で実際に働いている従業員の口コミを確認することです。

実際に勤務している人のリアルな口コミを見ることによって、職場の労働環境や人間関係などの内部事情を把握できます。

すべての口コミを鵜吞みにしてしまうのはよくないですが、転職先を決めるための参考になることは間違いありません。

>>あなたに合う経理職転職サイトを探す

経理職で失敗しない転職先企業選び

経理の転職で失敗しないためには、企業選びが大切です。
いくつかポイントがあるので参考にしてみてくださいね。

企業規模も考えておく

管理部門の仕事は会社の規模によって担当する業務は異なってきます。
大企業になると従業員が多く、経理担当の人員もたくさんいます。

そのため、経理の中で担当する業務が細かく設定されていることが多いです。

1つの専門担当分野の知識を深く知っていく必要があり、担当業務に集中できることや知識や技術が身につくことがメリットとしてあげられますが、他の分野の経理には携われないというデメリットも見受けられます。

中小企業になると経理担当が1~2名になる企業もあり、場合によってはあなたがほとんどの経理業務を行う必要が出てきます。
大企業とは違って幅広く経理の業務に関われるため専門知識が身につきやすく転職を考えたときにも経験が活かしやすいです。

あなたが希望する業務内容や勤務環境を踏まえて、やりがいを感じられる企業規模から求人を選んでくださいね。

業種も考慮する

企業の業種によっても経理の対応する内容が異なってきます

飲食店であれば店舗の売上を集計し記帳する業務や、建設業であれば現場で必要な部品などの原価計算を行うことが多いです。

不動産業であれば、売買や賃貸などの収益を会計処理をする必要も出てきます。

これらのほかにも業界によりさまざまな経理業務があるため、あなた自身が目指すキャリアを踏まえて業界を選んでいくことが重要です。

口コミを確認する

好条件な求人であっても応募するにあたり、どのような企業か不安もありますよね。

そのようなときには、過去勤務されていた方や現在勤務されている方の口コミや企業の評判などが見れるサイトを確認してみましょう。

口コミから実際の年収社風従業員の雰囲気、年齢層などが確認でき、その企業へ実際に就業した方の声を聞けます。求人企業に悩んだ際は参考にする手段としておすすめです。

>>あなたに合う経理職転職サイトを探す

教育体制が整っているか確認する

経理の経験があったとしても企業によって経理業務が細分化され、今までに経験したことがない業務を任されることがあります。

弥生会計、freee、勘定奉行といった会計ソフトも企業によってどれを使用するかは異なります。

教育体制が整っていない環境では実力を発揮しにくい場合もあるため、よく確認してから求人に応募しましょう。

転職サイトに聞いてみることや、求人内容の研修制度から探してみるのがおすすめです。

内定が決まったら職場見学をする

内定が決まったら職場見学ができるか企業の採用担当者や転職サイトに相談してみましょう。

職場見学をすることによって、事前に職場のイメージをつかめることに加えて、企業や他の従業員の雰囲気を知れます。

実際の現場を見ることで少しでも安心して入社できるでしょう。

給与や待遇は最後に書面でしっかり確認する

入社の際に雇用契約書を忘れずに確認しましょう。労働条件通知書は法律により書面交付が義務付けられています。

労働条件通知書には勤務時間業務内容給与時間外労働に関する内容賞与休日や休暇に関する内容が記載されています。

面接やエージェントから聞いていた内容と違うことはきちんと確認しましょう。あとからトラブルになることも防げます。

>>あなたに合う経理職転職サイトを探す

経理転職におすすめの企業

経理転職でおすすめの企業や選び方をご紹介します。

転職したいけど、どの企業が向いているかわからずに悩んでいる方は参考にしてみてください。

スキル重視の転職をしたい方はIT企業がおすすめ

経理転職をしてスキルを身につけたりキャリアップを目指したりしたい方は、IT業界がおすすめです。

IT業界の特徴は、成果を重視したり成長志向が高かったりすることです。
そのため、年齢を問わず自信につながる実務経験を得たい方は、IT業界の管理部門転職が向いているでしょう。

この記事では、おすすめの経理転職サイトを多数ご紹介しているため、ぜひ登録して経理転職を成功させましょう。

>>あなたに合う経理職転職サイトを探す

ワークライフバランスを重視したい方はメーカーがおすすめ

経理転職を目指す方の中で、私生活とのバランスをとりながらお仕事をしたい方はメーカーへの転職が向いているでしょう。

一般的に、メーカーの勤務時間は定時であり、残業も少ない傾向のようです。

また、メーカーは一定の生産計画に基づいて作業を進めることが多いため、予測可能なスケジュールで働けます

以上の理由により、仕事とプライベートの時間をうまく調整できるでしょう。

>>あなたに合う経理職転職サイトを探す

経理職での優良企業の見分け方

経理の転職をする際に、その企業が優良企業か見極めるポイントをご紹介します。

転職してみたらブラック企業で業務が大変だったり、残業が多かったりする事態を避けるために以下のポイントをしっかり確認しましょう。

業務内容

求人の業務内容の記載方法に注意することが、優良企業かを見極めるポイントの1つ目です。

特に、「業務一般」と具体的に業務内容が記載されていない場合は、注意しましょう。

経理業務とは直接関係のない雑務が含まれており、あなたが本来やりたい仕事の妨げになる可能性があります。

そのため、面談や顔合わせの際に質問して、具体的な業務内容を明確にしましょう。

>>あなたに合う経理職転職サイトを探す

残業時間

優良企業を見極めるポイントの2つ目は残業時間の多さです。

労働基準法によると、残業時間の上限は「月45時間」と決められています。

また、求人にはこのように表記されていても、実態は異なる場合があります。

残業時間を自分で調べることは難しいため、転職サイトを利用しアドバイザーに教えてもらうと良いでしょう

参照:厚生労働省|時間外労働の上限規制

福利厚生

優良企業かどうか見極めるポイントの3つ目は、福利厚生が充実しているかです。

福利厚生は、健康保険や年金保険などは設けることを法律で義務付けられています。

ブラック企業といわれる会社では福利厚生があまり整っていない場合が多いため、「通勤手当」や「家賃補助」などが設けられているか確認しましょう。

>>あなたに合う経理職転職サイトを探す

経理転職に役立つ4つのスキル|経理転職で評価されるために

この章では、経理職に転職する際の書類審査や面接で、企業に評価されるために身につけておきたい4つのスキルについてご紹介します。

1.経理専門知識・実務経験

経理は「お金の管理」を行う、どの企業にとっても必要不可欠な部署です。

日次・月次・年次と細かく設定された締め切りに間に合うよう計算を行い、間違いや滞りなくお金が流れる環境を整えなければなりません

1日から1年にいたるまで細かくスケジュールが決まっており、時間通りに仕事を終わらせる必要があります。

時間に追われる多忙な部署のため、多くの求人は実務経験のある即戦力を求めています。

また、経理の職務には簿記や税関係・勘定科目・仕訳などの専門知識が必要です。

経理の仕事は多くの業種で汎用性がありますが、建設・建築業界や、自動車税の支払いが発生する自動車販売など、独自の経理資格が存在する業界もあります。

前職で経理職に就いていなくても、財務・主計・管理会計などの業務に就いていた場合は、経理の実務経験があると判断されますよ。

2.英文経理・英文会計スキル

一般に年収が高いとされる外資系企業や、グローバル企業への転職を希望している場合は、英文経理や英文会計スキル・英会話・国際会計基準の知識があると良いでしょう。

現在は外資系企業やグローバル企業で英文経理や英文会計スキルが必要とされています。

しかし、今後はさらなるグローバル化が進むと予測されるため、国内企業でも必要なスキルになる可能性があります。

海外との取り引きに合わせて、国際会計基準での経理が求められるようになるかもしれません。

英文経理や国際会計基準の知識やスキルを持っていれば、グローバル化の波に乗ってキャリアアップを目指せます。

>>おすすめの経理職転職サイトを見る

3.ITスキル

経理の仕事は、様々な会計ソフトの誕生によりシステム化が進んでいます。

これまでは書類が主だった中小企業でも、働き方改革による書類削減などの影響から、今後は様々な経理ツールを使いこなす必要が出てくるでしょう。

経理の仕事にシステム化の波が押し寄せている近年、ITスキルは経理転職でも問われるポイントとなりつつあります。
特に従業員数や取引先が多い大企業ほど、システム化が進み経理ツールの必要性は高いです。

キャリアアップを目指す場合、ITスキルも身につけておきたいですね。

4.コミュニケーションスキル

経理の業務内容は数字がメインですが、他の部署や経営陣に経理的な観点から報告やアドバイスを行うことがあります。

相手に気持ち良く伝え、すぐに理解してもらえるアドバイス・報告をする際に、コミュニケーションスキルが高い人は印象が良くなるでしょう。

数字に強いという理由で、人気が高いバックオフィス業務の中でも経理を選ぶ方は少なくありません。
しかし、経理の仕事は数字だけでなく、人とも連携を取る必要があります。

特に経理的なアドバイスは、他の部署で煙たがられてしまうことも少なくありません。

耳に痛い助言を、スムーズに伝えるためにもコミュニケーションスキルは磨いておきたい武器です。

>>経理や財務を目指す方向けのおすすめ転職サイトを見る

後悔しない経理職の転職活動・面接のポイント

この章では経理や財務など管理部門の転職活動で後悔しないための、転職活動や面接のポイントをご紹介します。

会社の企業理念を理解しておく

希望する転職先の企業理念は、公式サイトなどで読んでおくことがおすすめです。

企業理念を把握しておくことで、転職後の働き方についてイメージが湧きやすいでしょう。

また、面接の際に「御社の企業理念に共感した」というように、企業理念に絡めて志望理由を伝えることで面接官に好印象を与えらます。

>>おすすめの経理職転職サイトを見る

強みを知ってもらうためのエピソードを考える

履歴書や職務経歴書の志望動機は、人事担当者に好印象を与えられるように工夫する必要があります。

  • なぜ経理を目指そうと思ったのか
  • なぜこの企業を選んだのか

この2つはとても重要です。
担当のエージェントとよく話し合って、志望動機は作りこんでおきましょう。

また、これまでにあなたが培ったスキルについても触れると良いです。

  • 事務系で培ってきたMOS等の事務処理能力
  • 簿記など基本的な経理に関する知識
  • 今後成長が期待できる伸びしろ
  • 自社や経理の仕事に向ける情熱・熱意
  • コミュニケーションスキルやプレゼン能力
  • 打たれ強さ

資格についても保有していればどんどんアピールしましょう。

  • 日商簿記2級
  • 給与計算検定
  • ビジネス会計検定
  • ファイナンシャルプランナー
  • MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)

もし面接までに取得が間に合わなければ「現在勉強中で、何月の試験が目標です」と報告するだけでも、熱意が伝わります。

やる気や前向きな気持ちを伝える

面接でアピールできることが少ないと不安になりますよね。
このような場合は、業務に対するやる気や転職に前向きな気持ちなどを伝えられると良いでしょう。

あなたがなぜ転職をしたいのか、転職をしてどのようなキャリア形成をしたいのかなどを考えて正直な気持ちを伝えることが大切です。

やる気のある人に対しては好印象を持つことが多いでしょう。

そのため、特に未経験で転職を考えている場合は、経理転職をする熱意が伝わるよう工夫してみてくださいね。

>>あなたに合う経理職転職サイトを探す

経理職の転職に有利な資格一覧

「管理部門ではどんな資格が必要なのか」「経理転職で有利な資格はないのか」
そのような疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

ここでは経理職の転職に有利な資格をご紹介していきます。参考にしてみてください。

>>経理や財務転職を目指す方向けのおすすめ転職サイトを見る

日商簿記資格1・2級

日商簿記資格は経理のお仕事をするにあたって、必須資格としても多くあげられています。
そのため、転職やキャリアアップを目指して受験される方も多くいるようです。

日商簿記資格は、1級・2級・3級があり、多くの方は3級の受験から始めています。
3級が取得できれば経理全般のお仕事がしやすいでしょう。

2級取得になると、転職で活かしやすくなる資格で、経理として今後も長く勤めていくのであれば2級の受験が望ましいです。
経営に関しても学べるほか、数字を読むスキルが身に付きます。

1級は難関資格とも呼ばれており、難易度も大きく変わってきます。税理士としての活動を目指すのであれば1級は必須の資格です。

経理の仕事を今後したい方は、まず3級の出題範囲から勉強して資格取得を目指しましょう。

>>経理や財務転職を目指す方向けのおすすめ転職サイトを見る

TOEIC

TOEICとは英語によるコミュニケーション能力を幅広く評価する、世界共通のテストです。

外資系の企業や海外に進出している企業では、英語での資料作成能力も必要です。

そうした企業では、英語の能力が高い人は重宝されるため、転職でグローバル企業を目指す場合にはTOEICで高スコアを取得しておくとアピールになるでしょう。

>>経理や財務転職を目指す方向けのおすすめ転職サイトを見る

税理士資格

税理士は税務の専門家でもあります。
税理士試験は資格・職歴・学識の分野ごとに受験資格があり、いずれか1つの条件を満たせれば受験資格が得られます。

資格での受験条件は日商簿記検定1級合格などがあり、職歴での受験条件は2年以上税理士や弁護士、公認会計士などの業務補助をする事務経験などが条件です。

学識は大学、短期大学、高等専門学校の卒業者で法律学か経済学を1科目以上履修していることや、司法試験に合格しているなどが受験条件です。

給与計算検定

給与計算検定とは、給与計算業務の高度な技術や知識を持った方を認定する試験です。

給与計算は細かいミスもできない業務のため正確さが求められます。合格すれば自信にも繋がり転職にも活かせるでしょう。

受験資格はなく誰でも受験ができるため、専門的な知識をより得たい方にもおすすめの資格です。

MOS

MOSとはマイクロソフトオフィススペシャリストのことです。

多くあるパソコン資格の中でもマイクロソフト社が公認している資格で、あなた自身のパソコンスキルが証明できる資格でもあります。

パソコン操作の基本からグラフ作成や置換などの応用まで学べるため、資格を通してあなたのパソコンスキルをアピールできます。

公認会計士

公認会計士とは、会計監査のプロフェッショナルです。医師や弁護士と並んだ三大国家資格ともいわれています。

企業の経営活動を支える役割でもあり、公認会計士を取得すると転職にも活用できます。

公認会計士の年収は高いといわれており、年収アップも目指しやすい傾向です。

試験には、短答式試験と論文式試験がありそれぞれに合格する必要があります。短答式試験合格後、論文式試験が不合格の場合でも2年間は短文式試験が免除されます。

仕事をしながら挑戦しやすい資格でもあるため、こつこつと学習を始めて試験に挑戦することもおすすめです。

>>あなたに合う経理職転職サイトを探す

BATIC(国際会計検定)

BATICとは、商工会議所が主催する英語での会計処理能力を測る検定試験です。

検定の難易度は日商簿記2級よりやや難しく、1級よりは簡単だといわれています

日本企業での知名度は日商簿記や米国公認会計士より低いですが、国際関係の経理職や外資系の経理分野では、国際検定はよく知られています。
取得していれば高い評価を得られるでしょう。

USCPA(米国公認会計士)

USCPA(米国公認会計士)とは、米国各州が認定する公認会計士資格です。

この資格の合格率は50%前後で、比較的取りやすい資格といわれています。

メリットとしては、USCPAを持っていることで外資系企業への転職がしやすくなることや、海外事業部門への異動や転職がしやすくなることなどが挙げられます。

参照:エンワールド|米国公認会計士の難易度とは 必要学習時間から合格率まで徹底解説

海外で活躍するための資格

グローバルに会計や経理のお仕事として活躍ができる資格として、BATIC(国際会計検定)があります。

英語力と国際会計のスキルを学べるほか、海外だけでなく外資系の経理事務への転職も有利になりやすいでしょう。

そのほかには、USCPA(米国公認会計士)などもおすすめです。

英語力以外の専門スキルが身につき、さきほど紹介した公認会計士や税理士よりも合格率が高いともいわれています。日本で受験もできるため挑戦しやすいでしょう。

>>経理転職をしたい方向けのおすすめ転職サイトを見る

企業からの評価が高い経験

管理部門への転職を成功させるためには、一般的に書類選考と面接を突破する必要があります。

このどちらでもアピールできるような経験をしておくことにより、それぞれの選考を突破できる確率が高まる傾向です。

企業目線で経理を採用する際に評価が高い経験としては、下記のようなものが挙げられます。

企業からの評価が高い経験

  • マネジメント業務
  • 単体決算業務
  • 連結決算業務
  • 管理会計業務(4軸からの分析)
  • 海外取引
  • ファイナンス管理業務

>>経理転職をしたい方向けのおすすめ転職サイトを見る

経理転職のよくあるQ&A

ここでは経理転職に関してよくある質問に答えていきます。

経理事務と会計事務の業務の違いはなに?

経理事務と会計事務は、両方とも企業や組織における財務管理業務を担当するポジションですが同じではありません。

経理が「日々」の金銭管理を行うのに対し、会計業務は会社「全体」の金銭管理を行います。

経理は日々のお金の流れを記録・管理するのが仕事です。

給与や賞与の計算、受発注の管理、売掛金の記録や清算、伝票作成・請求書の発行などが挙げられます。
また、決算資料を作成し、株主や経営陣に情報提供を行うのも経理の仕事です。

一方、企業会計は経理が作成した日々のお金の報告を基に、企業全体の資金管理を行います。

期間ごとに利害関係者や国に提出する報告書の作成のほか、貸借対照表や損益計算書の基となる会計帳簿を作成するのも会計の仕事です。

経理の男女比はどのくらい?

「経理は女性が多い」というイメージはないでしょう。

そうしたイメージとは反対に、経理の男女比はおよそ5:5です。

経理職は性別にかかわらず活躍できる役職といえます。

(参照:マイナビエージェント|気になる"あの"比率

経理職への転職のしやすさは年齢によって違う?

未経験で経理への転職する場合には、年齢が若いほうが有利といわれています。

若い世代であれば実績が少なく即戦力にならなくとも、知識や経験を吸収しやすいためです。

ミドル世代の場合は、未経験での経理職転職は難しいでしょう。
ただし、決算や税務に関する実務経験・課長職でのマネジメント経験を積んでいるなど、年齢に応じたスキルや実績を持っていれば十分転職が可能です。

>>経理や財務など管理部門におすすめの転職ランキング

経理の実務経験がなくとも、前職で経理に活かせる経験をしていれば転職を有利に進められるでしょう。

経理職は英語スキル必須な職種?

経理職で英語は必須ではありませんが、グローバル企業の経理職に転職を考えている場合は英語力が求められます

実際、海外に進出している企業も多いため、英語ができることは大きなアピールポイントとなるでしょう。

経理職のフローチャート作成のポイントは?

業務フローを作成する際にはわかりやすく、目的に沿ったフローか確かめる必要があります

業務フローのプロセスが不完全だと業務が停滞し、のちのち余計なコストが発生する場合もあるため注意しましょう。

業務が複数の部門をまたいでいる場合は、フローが異なっていないかや各部門の業務範囲と責任範囲がどこまでなのかを確認してくださいね。

>>経理転職をしたい方向けのおすすめ転職サイトを見る

経理職のやりがいってなに?

経営判断に携われることは経理の魅力です。
経理職は、経費や複数の店舗の売り上げを管理・把握しているために経営陣から助言を求められるケースも多くあります。

経理データを分析し、その分析データから今後どのように会社の経営を行うべきか経理的な視点でアドバイスする機会もあるでしょう。

経理は重要な役職のため、精密さと責任が求められます。
その分企業の経営判断に関わる経営陣へのアドバイスができる点でやりがいを感じられるでしょう。

>>経理職おすすめ転職サイトランキング

経理職を辞めたいと感じたら何からすべき?

経理としての仕事を辞める理由を改めてまとめ、周りに相談しましょう。
環境を改善できないか、もう一度考えてみることも大切です。

それでも辞めたいと考える場合、社内異動依頼をするか転職するかの選択肢があります。

全く経験のない職種に異動・転職を希望するときは、その部署に人脈はあるか・自分に向いているのか、よく考えておきましょう。

経理職はなぜ人気なの?

経理職が転職するうえで人気といわれる理由は、「経理職が転職しやすい」と考えられているからです。
経理という仕事は企業の規模にかかわらず必要不可欠な存在であり、求人数も少なくないです。

また、経理職ではたとえ業界が変わったとしても、仕事の内容に大きな違いはありません。
そのため一度でも経理のスキル・資格を取得してしまえばスキルの汎用性が高く、活かしやすいことも経理職が人気な理由の一つと言えるでしょう。

経理の仕事は将来なくなる?

経理の仕事は今後少なくなると言われています。

たしかに、人工知能の発達や業務の機械化によって、正確かつ効率的な処理が高速で可能になっていくため、単純作業を行うスタッフはいなくなっていくでしょう。

しかし、数字を分析して経営戦略に活かしていける人材や、高度な業務手続きを行う必要がある人材はむしろ重宝されていくと考えられています。

会計・税務における影響をデータから読み取って、経営戦略のアドバイスができる人材が将来的に必要とされているのです。

経理経験者がスキル不足と判断される理由は?

経理経験者でも企業側にスキル不足と判断される場合があります。

これは企業によって経理職の業務内容が異なり、企業側が求めている人材と転職者の持っているスキルにミスマッチが生まれてしまうためです。

例えば、広範な領域をマネジメントして欲しい中小企業に対し、大企業は細分化された特定範囲を徹底してマネジメントできる人材を欲するなど、求めている人物像が異なります。

こうしたミスマッチをカバーするために、客観的なスキルの目安である資格を取得するのも一つの手です。

>>経理職の転職に有利な資格一覧

転職サイトで希望職種の求人を効率良く探すにはどうすれば良い?

転職サイトで、希望条件や職種の詳細まで検索するにはキーワード検索を活用しましょう。

総合型転職サイトでは、職種の絞り込みだけでは経理や財務など管理部門のみの求人を探すことが難しい場合があります。

例えば、経理だけで求人検索をしたくても企画職も含まれてしまう場合があります。

そのようなときは、キーワードの欄に「経理」と入力し、条件を絞り込みましょう。

効率的に求人が探せると、転職活動もはかどりそうですね。

>>経理職おすすめ転職サイトランキング

経理転職サイトおすすめまとめ

この記事では、経理や財務などの管理部門への転職を考えている人に向けて、おすすめの転職サイトや転職サイトの活用術についてご紹介していきました。

それぞれの方でどんな職場に勤務したいか、希望の条件は異なると思います。
ぜひ、いくつかの転職サイトに登録してみて、ご自身に合ったものを見つけてみてください。

管理部門の転職成功に向けて、本記事でご紹介している内容を参考にしてみてくださいね。

少しでも、この記事があなたの転職のお役に立てたなら幸いです。

\ オンライン面談実施中 /

サービス 求人数 コメント
doda 約200,000件(2023年3月時点) 待っているだけで
企業からスカウト!

マイペースな転職も
リクルートエージェント 634,427件(2023年3月30日時点) 他では見られない
非公開求人多数
転職支援実績が豊富
マイナビAGENT 非公開 各業界に精通した
アドバイザー在籍

応募書類や面接の
丁寧なサポートあり

>>経理転職サイトおすすめトップに戻る

参考文献
厚生労働省
転職活動を始めてから直前の勤め先を離職するまでの期間
職業紹介事業の概要
平成27年転職者実態調査の概況
労働市場における雇用仲介の現状について
今後の労働市場動向について
採用選考に関するアンケート
自己都合による離職の理由別転職者割合
職業生涯を通じたキャリア形成
転職活動の際にキャリア・プランを上手にアピールする方法
しょくばらぼ
おしごとアドバイザー
労働法制の動向

内閣府
多様化する職業キャリアの現状と課題
働き方の変化と経済・国民生活への影響
ワーク・ライフ・バランスに関する意識調査」結果速報について
就職生活に関する意識
転職が特になる国、ならない国
女性のライフプランニング支援に関する調査結果概要〜30代・40代女性のライフコース選択の希望と現実〜

独立行政法人労働政策研究・研修機構
新型コロナが雇用・就業・失業に与える影響
中高年齢者の転職・再就職調査
就労等に関する若者の意識
入職初期のキャリア形成と世代間コミュニケーションに関する調査
転職市場における人材ビジネスの展開

経済産業省
大都市圏の早期離職者等と地方の中堅・中小企業とのマッチングを促進するための新たな取組と政府等による関連支援策等について

総務省統計局
雇用者(正規・非正規の職員・従業員の動向など)