リクルートダイレクトスカウトの評判・口コミを紹介|活用法まで徹底分析

当サイトはアフィリエイト広告を掲載しています

EvoWorkは有料職業紹介事業許可番号:13-ユ-312365派13-315657)の厚生労働大臣許可を受け、株式会社ベクトル(東京証券取引所プライム上場企業)のグループ会社、ビジコネットが運営しています。

Check最初に登録すべき転職サイト
◆「doda X
年収800~2,000万円の求人が多数
登録したら企業から直接スカウトがくることも!
大手企業の求人が豊富でハイクラス転職しやすい!
>>公式サイトで詳しく見る

◆「リクルートダイレクトスカウト
・転職決定年収 平均925万円以上
登録後はスカウトを待つだけ!
※2022年度実績:2022年4月~2023年の間にレジュメ登録があった年収750万円以上のサービス登録者

厚生労働省|職業紹介事業報告書によると、国内の有料職業紹介事業者は約29,000社

「リクルートダイレクトスカウトって悪い評判も聞いたことがあるけど、大丈夫だろうか」そんな不安を抱いている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

転職活動に失敗しないためにも、利用する前に評判や口コミを確認しておきたいですよね。

この記事ではこのような疑問を持たれている方のために、実際に利用した方からの口コミや評判を基に、転職業界を知り尽くした筆者がリクルートダイレクトスカウトのメリット・デメリット、注意点、利用の流れなどを徹底的に調査しました。

求職者の方々からのご質問をまとめたよくある質問の解説もありますので、参考にしてみてください。

>>リクルートダイレクトスカウトの詳細を見る

ハイクラス転職におすすめ

doda

1.doda X

公式サイト→

ヘッドハンターからスカウトが届く
年収800〜2,000万の大手求人が多数
求人数 約53,000件
※2024年6月時点
総合評価 5.0/5.0

リクルートダイレクトスカウトロゴ

2.リクルートダイレクトスカウト

公式サイト→

転職決定年収 平均925万円以上※!
厳選のハイクラス非公開求人多数
※2022年度実績:2022年4月~2023年の間にレジュメ登録があった年収750万円以上のサービス登録者
求人数 約305,000件
※2024年6月時点
総合評価 4.8/5.0

リクルートエージェントロゴ

3.リクルートエージェント

公式サイト→

43万人の転職支援実績
30〜50代の方におすすめ
求人数 756,098件
※2024年6月4日時点
総合評価 4.6/5.0
【関連記事】
ヘッドハンティング会社おすすめランキング|評判・口コミから比較

記事の目次

リクルートダイレクトスカウトの評判・口コミ調査まとめ

リクルートダイレクトスカウト

運営会社 株式会社リクルート
有料職業紹介事業 許可番号 13-ユ-010258
本社所在地 〒100-6640
東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー
設立 1977年11月
対応地域 全国に16拠点
求人は全国・一部海外のお仕事も有り
対応年代 30代40代50代※制限は無し
求人数 非公開求人数:約53,000件
職種 経営ボード、経営企画・事業企画、管理、人事、マーケティング、広告、マスコミ・メディア、出版、
クリエイティブ、営業、サービス、コンサルタント、ITコンサルタント、専門職、IT技術職、WEBサービス・制作、
ゲーム、電気・電子、半導体、機械、組み込み制御、化学、化粧品・食品、金融、メディカル、不動産、建築・施工管理
利用料金 無料
公式サイト https://directscout.recruit.co.jp/

転職市場最大手のリクルートが運営!
特に30代後半・40代・50代のハイキャリア転職に特化した転職支援サービスです。

リクルートダイレクトスカウトの特徴
ハイクラス転職に特化
ヘッドハンターによるスカウト制度
30代後半・40代・50代におすすめ
メリット
  • 年収800万~2,000万のハイキャリア転職が狙える
  • 登録したらあとは待つだけでOK
  • 担当コンサルタントを選べるシステムあり
デメリット
  • 急いで転職したい方には向かない
  • 転職市場価値の低い人はスカウトされづらい
  • 求人の質を自分で判断しづらい

業界トップクラスのリクルートが運営しているということもあり多くの方に利用されているので、自分とは合わなかったという方もいらっしゃるでしょう。
リクルートダイレクトスカウトの悪い評判はそんな方たちからの意見でした。

お急ぎの方のために、まずリクルートダイレクトスカウトの調査結果をまとめました。
記事の後半には悪い評判も含めた実際に利用した方々からの口コミやリクルートダイレクトスカウトのメリット・デメリット、特徴などの解説をいたします。
この記事を最後まで読めば、リクルートダイレクトスカウトに登録すべきかどうかをご自身で判断できるようになります。

転職エージェントは人によって合う合わないが大きいです。
ご自身の希望を最大限に叶えるためには、複数のサービスに実際に登録してみて、サービスの使い心地や担当者との相性を確認してみるのがいちばん効率的にあなたに合った転職エージェントを見つける方法です。

良い評判・口コミから分析|リクルートダイレクトスカウトを利用するメリット

良い評判・口コミを集めて分析したことで分かった、リクルートダイレクトスカウトを利用するメリットをまとめたので、解説と裏付けとなる情報もご紹介いたします。

年収800万~2,000万のハイキャリア転職が狙える

リクルートダイレクトスカウトは、株式会社リクルートが運営するハイクラス転職に特化した転職支援サービスです。

年収800万~2,000万円クラスの求人が多数揃っており、年収アップやさらなる高みを目指す転職をご希望の方にはうってつけのラインナップです。

リクルートダイレクトスカウトの求人例
リクルートダイレクトスカウトで公開されている求人情報の一部をご紹介します。
下の図のような質の高い大手企業など、ハイクラスでの転職に向いている求人がそろっています。

厳選求人情報

このようなハイクラスの求人ほど一般には公開されないものなので、リクルートダイレクトスカウトを利用することで非公開求人にも出会うことができるのは大きなメリットです。

また、業界大手のリクルートが母体ということもあり、転職市場の最新情報はいち早く入手しています。
そのため、基本的に募集期間が短い事が特徴であるハイクラス求人でも、最新情報をいち早く入手することができます。

新着求人情報

口コミアイコン
40代男性(年収:1,000万円台)
かなり求人のレベルが高いことに驚きました。
登録してから割とすぐにスカウトの連絡が来て、転職成功までもかなりスムーズに対応してくれたのでとても感謝しています。
正直求人内容に関しては質が高すぎて少し疑ってしまうほどのレベルでした(笑)
しかしリクルートが母体だったこともあって安心して利用することができました。

(出典:独自アンケート)

口コミアイコン
30代男性(年収:800万円台)
最初に求人情報を見たときには年収が想像を超えていて驚きました。
当初望んでいたよりも質の高い求人に出会うことができて、大げさではなくリクルートダイレクトスカウトのおかげで人生が変わったと思っています。
ただ転職が決まるまでに割と時間がかかってしまったので、なにかと不安な時期が続いたことについては少し残念でした。

(出典:独自アンケート)

登録したらあとは待つだけでOK

リクルートダイレクトスカウトは転職支援の手段として、ヘッドハンターによるスカウトシステムを採用しています。
約1,800名のヘッドハンターがあなたに合った求人を探し出して提案してくれます。

ヘッドハンターとは
ヘッドハンターとは、役員クラスや経営に関する即戦力になる方などを対象として、人材と企業のマッチングをサポートするお仕事です。
マッチングサポートの手段はヘッドハンターによって異なり、専門企業に所属している方や個人で独立している方など様々です。
スカウトサービスとは
スカウトサービスとはあなたが企業を探すのではなく、企業側からあなたを探してくれるサービスです。
希望条件や職務経歴などを登録しておくと、その情報を基にあなたに興味をもった企業からあなたへのアプローチが届きます。なお、氏名など個人を特定する情報は公開されません。

通常の転職エージェントが求職者自らコンサルタントに転職相談をしに行かなければいけないのに対して、リクルートダイレクトスカウトの場合は一度無料登録をして待っているだけで求人を探してもらえることが特徴です。
自分だけで探していた時には出会えなかった企業にも出会えるかもしれません。

また、スカウトの際に使用されるデータは登録時に作成する匿名レジュメだけなので、名前や知られたくない情報を企業に知られる心配はありません。
安心してヘッドハンターからのスカウトを待ちましょう。

スカウトサービスの仕組み

口コミアイコン
30代男性(年収:700万円台)
スカウト機能によって転職をサポートしてくれるサービスを他に見たことがなかったので、リクルートダイレクトスカウトを知った時には驚きました。
登録して数日後にスカウトをもらうことができたのでスムーズに転職活動を進められました。
自分は割と面倒くさがりなタイプだったので、代わりに求人を探してもらえるというサービスはとても助かりました。

(出典:独自アンケート)

口コミアイコン
40代女性(年収:700万円台)
転職前のシゴトがとても忙しく、仕事外で転職活動をする余裕なんてほとんどなかった私にとって、代わりに求人を探してくれるという機能にはとても助かりました。
忙しいという理由でこれまで転職活動ができませんでしたが、リクルートダイレクトスカウトの場合は求人を紹介してくれるのを待つだけでよかったのでとても楽でした。
求人の質もかなり高かったので満足です。

(出典:独自アンケート)

担当コンサルタントを選べるシステムあり

前述のスカウトサービスを行ってくれるヘッドハンターと呼ばれるコンサルタントを、求職者側から自由に選ぶことができます。

他の転職エージェントの場合、基本的にコンサルタントを指名してサービスを利用することができず、人柄や意思疎通の面でミスマッチが起こるということが頻繁にあります。
しかし自由にコンサルタントを選ぶことができるリクルートダイレクトスカウトの場合はこのようなミスマッチが起こり得ないので安心です。

ヘッドハンターの情報

リクルートダイレクトスカウトの情報については、詳細を確認することで強みや人柄、ヘッドハンターとしての思いなどが詳しく紹介されています。
ぜひあなたに合ったヘッドハンターを見つけてみてくださいね。

口コミアイコン
40代男性(年収:800万円台)
過去に某転職エージェントを利用したとき、俗にいうブラック企業に入れさせられたことがあります。
その時期の生活はかなりつらいものであり、その時があったからこそ今の自分がいるとは思いますが、正直その時のコンサルタントにはいまだに憤りを感じます。
その点自分で担当者を選ぶことができるリクルートダイレクトスカウトはとても便利だと思いました。
とてもいい方に担当していただけて結果も出せたので良かったです。

(出典:独自アンケート)

口コミアイコン
50代男性(年収:1,000万円台)
この年代の転職となるともう失敗はできないということもあって、心から信頼できるサービスを使いたいと思っていました。
担当コンサルタントを自分で選べてなおかつ求人の質も自分が求めている水準だったのでリクルートダイレクトスカウトを使いました。
結果的にとてもいい方に担当していただけて、良い転職ができたのでほっとしています。

(出典:独自アンケート)

高収入・好条件の求人が多いから評判が高い

リクルートダイレクトスカウトはハイクラスに特化した転職サイトです。

取り扱っている求人のほとんどが、ハイクラス求人となっています。
そのため、年収800万円以上の高収入・好条件の仕事に就ける可能性が高いです。

このようにリクルートダイレクトスカウトは求人の年収帯が高く、2020年11月時点のデータによると84%の求人が1,000万円以上となっていたようです。

続々と求人を紹介してもらえる

リクルートダイレクトスカウトはレジュメ情報を入力するだけで、それを見たヘッドハンター・企業からスカウトが届きます。
レジュメ情報を充実させればされるほど、レジュメの内容と一致したスカウトが多く送られてきます

スカウトが来るまでの早さに対しては、非常にポジティブな声も多く見られました。

指名したヘッドハンターによる丁寧な対応

転職支援の経験が豊富なヘッドハンターが、あなたの代わりに仕事探しや相談などのサポートをしてくれます。
リクルートダイレクトスカウトを利用するにあたってヘッドハンターは大切な役割を担うため、自分の担当になってくれる人をじっくりと検討しましょう。

このように、優秀なヘッドハンターに出会えることがリクルートダイレクトスカウト最大のメリットでしょう。

口コミアイコン
Kさん
転職予定ないもののリクルートダイレクトスカウト登録してみた
いまの会社に転職する際、自分の戦闘能力をあげられるという点を軸に選んだから
いただいたオファーとかスカウト見ると年収高いものばかりだし、自分の選択は間違ってなかったんだとうれしくなった

出典:Twitter

口コミアイコン
Yさん

最近ハイクラス向けの転職エージェント、リクルートダイレクトスカウトに登録してみた。

ステマなしでリクルートダイレクトスカウト先輩は次々と非常にいい案件を紹介してくれました。

エージェントもとても優秀。

一度試してみるといいかもです。

出典:Twitter

口コミアイコン
Kさん

リクルートダイレクトスカウトのエージェントさんは本当に丁寧だなぁ。

たまたまアタリだったのかも知れないけど。

出典:Twitter

悪い評判・口コミから分析|リクルートダイレクトスカウトを利用するデメリット

リクルートダイレクトスカウトの悪い評判を聞いたことはありませんか?
ここでは、悪い評判・口コミもご紹介いたします。

リクルートダイレクトスカウトは業界トップクラスのリクルートが運営していることもあり、数万人の登録者がサービスを利用しています。

ここまで多くの登録者がいれば、いい評価ばかりだけではなく悪い評価が出てくるのも当然であると言えます。
ですから、あなたもリクルートダイレクトスカウトの悪い評判を聞いたことがあるのではないでしょうか。

また、担当のヘッドハンターによってサポート体制が異なるようです。
転職支援サービスを利用するときには担当の方との相性が重要なポイントになりますので、実際に利用してみて合わないようであれば担当者の変更や他の転職支援サービスの利用を検討してみてください。

デメリットに対する対策もご紹介いたしますので、是非参考になさってください。

急いで転職活動したい方には向かない

ここまでご紹介してきたように、リクルートダイレクトスカウトは担当のヘッドハンターが求人とマッチすると思った求職者をスカウトするシステムを採用しています。
そのため、すぐにヘッドハンターの方にスカウトをしてもらうことができればスムーズに転職活動を進めることができますが、そうでない場合は転職が決まるまでにかなり時間がかかってしまうことが予想されます。

自分のキャリアに自信があり、すぐにスカウトしてもらうことができると確信している方以外は、転職を急いでいるときの利用はおすすめできないかもしれません。
急いで転職したい方には「リクルートエージェント」など求人数の豊富な転職エージェントも利用することをおすすめします。

口コミアイコン
40代女性(年収:600万円台)
登録をしてから1か月ほどたってもスカウトの連絡が来ることはありませんでした。
個人的にはそこまで転職を急いでいたわけではないので良かったですが、もし急を要する方の場合で1か月も求人紹介がないということになるとかなり厳しいと思うので、ほかの会社と一緒に使うのはマストかなと思います。

(出典:独自アンケート)

口コミアイコン
30代男性(年収:700万円台)
スカウトの連絡が来るまでかなり時間がかかります。
ヘッドハンティングという転職サポートシステムを採用しているので仕方ないことかもしれませんが、テンポよく転職活動を進めていきたかった自分にとっては合わないサービスでした。
また、スカウトされるときも少ない求人をちょこちょこ紹介してもらえる感じだったので、転職効率でいうとかなり悪かったです。

(出典:独自アンケート)

転職市場価値の低い人はスカウトされづらい

リクルートダイレクトスカウトは30代後半・40代・50代などハイクラス転職に特化した転職支援サービスです。
年収やポジションのレベルが高い分、募集業界や職種の関係上、どうしても応募条件が厳しくなってしまう求人が多いです。

そのため、匿名レジュメや登録情報でヘッドハンターの目にとまるような経歴がない場合は、なかなかスカウトされないという現状があるようです。

口コミアイコン
40代男性(年収:550万円台)
求人のレベルはかなり高くて、行きたいと思うところはたくさんありました。
ですがいかんせん求人にスカウトされるために求められる能力が高すぎて、私には到底手が出せる求人ではなかったです。
ハイクラスの転職に特化しているということなので仕方ないかもしれませんが、ここまでハイレベルだったことには正直驚きました。

(出典:独自アンケート)

口コミアイコン
40代女性(年収:500万円台)
登録してからまだ一度もスカウトの連絡を受けたことがない。
正直ハイクラス転職とは言っても、まったく連絡がこないとは思っていなかった。
市場価値が低い人に対してはかなりドライな対応なんだなという印象を持った

(出典:独自アンケート)

>>リクルートダイレクトスカウトと併用におすすめの転職サイト

求人の質を自分で判断しづらい

リクルートダイレクトスカウトは求人探しをヘッドハンターにおこなってもらいます。
これは自分で求人を探す手間が省けるというメリットがありますが、自分で求人を探すことがないため、求人の詳しい情報まで知ることができないことがデメリットとして考えられます。
年収や職種だけで求人の質を判断してしまうと、思わぬミスマッチが起こる要因にもなるので注意しましょう。

口コミアイコン
40代女性(年収:800万円台)
スカウトで紹介してもらった企業はどれも年収は高かったのですが、まったく聞いたこともない企業ばかりで不安な気持ちになりました。
この年齢での転職は失敗したくないという気持ちがあったので、怖くなってしまってエントリーに踏み切ることはできませんでした。
なんとかもう少し情報を与えてくれるようなシステムにはできないのでしょうか。

(出典:独自アンケート)

口コミアイコン
30代男性(年収:900万円台)
ヘッドハンターの方がスカウトで紹介してくださった企業は、どれも自分の希望にはマッチしないものばかりでした。
求人探しにこちらが関わる割合が完全にはなくならない他社の転職エージェントに比べ、リクルートダイレクトスカウトはヘッドハンターに完全に求人探しを任せてしまうことになるので、こうした自分の希望と求人のミスマッチが起こってしまうのは仕方ないかなと思いました。

(出典:独自アンケート)

(出典:独自アンケート)

>>リクルートダイレクトスカウトと併用におすすめの転職サイト

求人紹介メールが大量に来る

「求人紹介のメールが大量に来て、確認するのが困難」「企業からテンプレート的な案件が送られてくる」という口コミがありました。

煩わしく感じる場合は、「設定」からスカウト受信を停止しましょう。「ヘッドハンタースカウトサービス」「企業スカウトサービス」のそれぞれのページに飛び、「利用しない」を選択するとスカウトが届かなくなります。

質の悪いヘッドハンターに当たる場合がある

リクルートダイレクトスカウトには3000名以上のヘッドハンターがいます。

ヘッドハンターが多くいる分、いくらか質の悪いヘッドハンターもいるようです。
リクルートダイレクトスカウトは自分でヘッドハンターを選べますが、もしも相性の悪いヘッドハンターに当たってしまったら、遠慮せずに問い合わせフォームに報告しましょう。

口コミアイコン
Sさん
リクルートダイレクトスカウトという転職支援サービスに登録してみたけど、登録から3日で100件くらいメールが来て、半分は同一会社の担当者からだし、ほとんどのメールは具体的な案件に紐付かないテンプレ的内容で、しかも2日放置するとそれぞれのメールに対してリマインドくるしで、正直しんどい。

出典:Twitter

口コミアイコン
Kさん
やべえ。同じ人材会社の違う人間から何の中身もない定型分が送られてくる。リクルートダイレクトスカウトどんどん質が下がってんなー案件提示ないしょーもない営業が増えた。

出典:Twitter

>>リクルートダイレクトスカウトと併用におすすめの転職サイト

口コミアイコン
Aさん
自分の場合はリクルートダイレクトスカウトに登録してリクルーター介して転職したけど、完全にピンキリよね。結局1社しか受けてないからアレだけど、適当だなーと思うリクルーターが何人もいた

出典:Twitter

希望に合うスカウトが少ない

口コミアイコン
Zさん
とりあえず、リクルートダイレクトスカウトに登録してみたものの
「それじゃない感」の求人オファーが多すぎるなぁ。
※一部抜粋

出典:Twitter

リクルートダイレクトスカウトに登録してスカウトを受けた方の口コミです。
希望に合わない求人が多く来てしまい、希望条件にマッチするスカウトがあまり来ない状態です。

>>リクルートダイレクトスカウトと併用におすすめの転職サイト

リクルートダイレクトスカウトの特徴と仕組みを詳しく解説

リクルートダイレクトスカウトの特徴についてご紹介します。
また、リクルートダイレクトの仕組みについて詳しく解説します。

企業スカウトで面接パスの可能性が高い

リクルートダイレクトスカウトには、様々な種類のスカウトがあります。
スカウトは大きく2種にわけられます。

  • 面接確約の企業スカウト
  • 応募推奨のその他のスカウト

企業スカウトは登録されたあなたの履歴書や職務経歴書をを見た企業側が、直接あなたにメールを送るシステムです。

面接確約の企業スカウトをもらうと、書類選考を飛ばしていきなり面接から受けられます。
書類選考で落とされないため、採用率はかなり高めです。

応募推奨のその他スカウトは、書類選考は免除にならないものの「受けてみて欲しい」とヘッドハンターが判断した人材に送られますよ。

スカウトを待つだけでも十分使える

リクルートダイレクトスカウトは、履歴書・職務経歴書などの「レジュメ」を登録してスカウトを待つだけでも転職活動に役立ちます。
レジュメを登録すると、あなたが希望する職種や業界の企業の採用担当者をはじめ、ヘッドハンターがあなたの経歴をチェックします。

メリットのひとつは、様々な企業やヘッドハンターからのスカウトメールが来るため、あなたのキャリアやスキルを欲しがる業界・職種が見えてくる点です。
あなたの市場価値を高く評価してくれる職種や業界がわかると、チャレンジできる職種の幅も広がりますね。

1通でも多くのスカウトメールをもらって、あなたの可能性を広げましょう。

ハイクラス求人を探すことも可能

リクルートダイレクトスカウトには、ハイクラス求人が揃っています。
ハイクラス転職に特化した転職サイトです。

また、ハイクラスポジションの求人はあまり公にされません。
リクルートダイレクトスカウトには、ハイクラスならではの非公開求人が多数あります。

非公開求人は登録しなければ見られないため、まずは登録がおすすめです。

>>リクルートダイレクトスカウトに登録する

リクルートダイレクトスカウトの利用がおすすめなひと

ここまでの口コミに基づいたリクルートダイレクトスカウトのメリット・デメリットをふまえて、ここではリクルートダイレクトスカウトがどのような人におすすめかをご紹介していきます。         
リクルートダイレクトスカウトは、ヘッドハンターによるスカウトシステムとハイキャリアに特化した質の高いサポートと求人が特徴です。

そのため、ハイクラス転職を狙う30代後半、40代、50代のすべての方におすすめの転職支援サービスです。

ですが、転職エージェントを選ぶ際にはひとつの転職エージェントだけに頼らないことが最も重要です。
なぜなら、あなたの希望する働き方と転職エージェントの得意不得意が合っていなければ本当に希望していた働き方を叶える求人には出会えないからです。

リクルートダイレクトスカウトと併せて複数の転職エージェントを利用し、数名のヘッドハンターと出会うことで、あなたの希望する働き方をきちんと理解してくれるひとに出会えると思います。

まずは、多くの方におすすめしたい総合型転職エージェント業界大手3社をご紹介いたします。

\ オンライン面談実施中 /

サービス 求人数 コメント
doda 約245,000件(2024年6月時点) 待っているだけで
企業からスカウト!

マイペースな転職も
リクルートエージェント 756,098件(2024年6月4日時点) 他では見られない
非公開求人多数
転職支援実績が豊富
マイナビAGENT 非公開 各業界に精通した
アドバイザー在籍

応募書類や面接の
丁寧なサポートあり

幅広い業種・職種・年代に対応している上記の業界大手3社に登録後は、特化型転職エージェントにも登録しましょう。
下記の記事でタイプ別・職種別におすすめの転職エージェントをご紹介しています。

【関連記事】
・年代別・タイプ別・職種別・地域別におすすめの転職支援サービス

特化型転職エージェントは特定の職種・業界・タイプ別に特化したサポートが魅力です。
気になる業界がある方はそこに特化したものをお選びください。担当者が業界出身者であることが多く、専門性の高いアドバイスを得ることができ、転職活動がスムーズに進められる可能性が高くなります。

最終的には総合型と特化型で合計3社ほど利用するのがおすすめです。

各社の求人を確認したり、担当者と面談したり、実際にサービスを利用してみてください。
求人の検索のしやすさや担当者との連絡の方法、担当者の熱意などあなたで合う合わないがはっきりとしてくると思います。

使いやすいサービスについてはそのまま継続利用し、もっと他にも検討してみたいとおもった場合には早めに他の転職エージェントの利用も検討しましょう。
また、転職活動を進めていくと知識もついてきて、希望条件も変化していく方もいらっしゃると思うので、そのタイミングで改めて転職エージェントを選んでみるのもいいですね。
転職エージェントは担当するキャリアコンサルタントの相性や質が最も重要です。まずは利用してみて、一番良いと思ったところを活用するという心構えで選んでみることをおすすめします。

ハイクラスなレベルを目指すひと

リクルートダイレクトスカウトはハイクラス求人専門の転職サイトです。
掲載する求人は、年収約800万円〜約2,000万円、平均900万円台と収入面でもハイレベルです。

ハイクラス求人に特化しており、高いポジションの人材を募集する求人も多く揃っています。

ハイクラス求人や高いポジションの求人は非公開も多いため、求人数も充実しています。
非公開求人は、転職サイトにおいて好条件が多いとされる求人情報です。

リクルートダイレクトスカウトは今働いている企業やポジションよりも、高いレベルを目指すハイクラス転職を狙っている方におすすめです。
また、転職によりキャリアアップや年収アップを図る方にも向いています。

現在の職場では実力が発揮できないと感じている方や、もっと評価される職場で働きたい方は、登録してみてくださいね。

スカウトを受けて自分の市場価値を知りたいひと

リクルートダイレクトスカウトに登録すると、ヘッドハンターや企業の人材採用担当者からスカウトメールが届きます。
スカウトされれば転職の可能性が高まりますが、同時に自身のキャリアやスキルがどんな企業からどれくらい評価されるのか、市場価値もわかります。

多くの転職サイトではあなたの市場価値を分析してもらえますが、リクルートダイレクトスカウトはスカウトの内容から実際の市場価値を分析可能です。
また、ヘッドハンターは市場価値を見抜くプロのため、ヘッドハンターがあなたのどこを評価しているかであなたの市場価値がはっきりします。

できるだけ早く転職してあなたに合った環境下で実力を存分に発揮したい方はもちろん、今すぐに転職を考えていない方も、登録がおすすめです。

履歴書や職務経歴書を自分で準備できるひと

リクルートダイレクトスカウトは、履歴書や職務経歴書をあらかじめ準備しておける方におすすめです。
リクルートダイレクトスカウトを利用する際は、あなたの履歴書や職務経歴書をWebサイトの「レジュメ」に登録します。

レジュメはヘッドハンターや各企業の採用担当者が判断基準とするため、内容はとても重要です。
経歴や資格・スキルをすべて棚卸しして、順を追って整理しておくとすぐに登録できます。

また、リクルートダイレクトスカウトの公式サイト内には職種ごとのレジュメサンプルが掲載されており、参考にすると簡単です。
さらに、初めての転職という方は、履歴書や職務経歴書の添削をしてくれるエージェントサービスと併用すると良いでしょう。

>>リクルートダイレクトスカウトに登録する

リクルートダイレクトスカウトと併用がおすすめな人気転職サイト

リクルートダイレクトスカウトとの併用におすすめの転職サイトをご紹介します。

転職サイトは2〜3社の登録がおすすめ
・より多くの求人を比較
・相性の良い担当者を探す
・使いやすいサイトを探す

登録は1分程度で完了しますので、おすすめの転職サイトからいくつか登録してみてくださいね。

1.doda X(旧:iX転職)

doda X

doda Xの特徴

  • ハイクラス求人に特化
  • 大手企業の案件を多数保有
  • 豊富な業界の求人を保有

doda Xは、希少性の高いハイクラス求人に特化したヘッドハンティングサービスを提供する会社です。

豊富な業種・業界の求人を保有しているため、希望に合った企業を提案してくれます。

また、時間をかけてヘッドハンターと相談することで、自身の強みの発掘や市場価値を向上させられるでしょう。

大手企業とも多数の取引があるため、自身の強みを生かせる大きなフィールドを見つけられます。

>>公式サイトはこちら

求人数 31.748件
※2023年6月時点
求人の質
転職サポート
総合評価
対応エリア 北海道・青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島・東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城・栃木・群馬・山梨・長野・新潟・富山・石川・福井・愛知・静岡・岐阜・三重・大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイト https://doda-x.jp/

dodaXの口コミ・評判

口コミアイコン
Mさん・30代女性
iX転職なるものに登録してみた。
ハイクラス転職らしいから、興味本位だったのですが、登録してすぐにプラチナスカウトと通常スカウトがきた…。

明日、明後日面談なので頑張って職務経歴書書きます。なお、今もう1社書類選考通過連絡が!頑張る!

(出典:Twitter

口コミアイコン
Tさん・30代男性
転職サービス「ix転職」に登録しているんだけど、プラチナスカウトやダイヤモンドスカウトのメッセージが結構来る。

自分の市場価値を確認する意味でも転職サービスを使うのはオススメです。

(出典:Twitter

口コミアイコン
Mさん
dodaXとかいう転職サイトのやり方ってどこかズレてると思う。あえてそれが具体的に何かは言わないが。

(出典:Twitter

▶横にスクロールできます

\ヘッドハンターからスカウトが届く/

関連記事:
doda X(旧:iX転職)の評判・口コミ|特徴や注意点も徹底解説

2.リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウトの特徴

  • リクルートグループが運営
  • 年収800万~2,000万円の求人を多数掲載
  • 国内大手企業の求人に強み

リクルートダイレクトスカウトは、リクルートが運営するハイクラス転職特化のヘッドハンティング会社です。

リクルートグループの豊富なネットワークを生かして、国内大手企業の年収800万~2,000万円の高収入求人を多数保有しています。

豊富な求人の中から一人一人の強みを生かせる転職先を提案してくれるため、登録後安心してスカウトを受けとれるでしょう。

>>公式サイトはこちら

求人数 不明
求人の質
転職サポート
総合評価
対応エリア 北海道・青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島・東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城・栃木・群馬・山梨・長野・新潟・富山・石川・福井・愛知・静岡・岐阜・三重・大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイト https://directscout.recruit.co.jp/

リクルートダイレクトスカウトの口コミ・評判

口コミアイコン
Kさん
47歳で技術を極めて社会貢献したいとの方向性の転職活動を実施したのですが、エージェント経由だとリクルートダイレクトスカウトがいい案件ありました。

結果としてリクルートダイレクトスカウトでお声がけ頂いたエージェント経由で内定となりました。

(出典:Twitter

口コミアイコン
Tさん
おはようございます。転職サイト登録初日はリクルートダイレクトスカウトで50件超エージェントさんから声かかってます。

給与も平気で今の3~400万高い年収を提示されて勘違い甚だしいです。

40代そんなに人気あるの?

※一部抜粋

(出典:Twitter

口コミアイコン
Tさん
【転職実践42日】

昨日から本格始動したリクルートダイレクトスカウトを利用した転職活動ですが、6人の転職エージェントからオファーあり。

リクルートはとりあえず面談しませんか?というオファー多め。

#転職
#転職活動
#リクルートダイレクトスカウト

(出典:Twitter

▶横にスクロールできます

\登録後は待っているだけ/

3.JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントの特徴

  • 外資系企業の求人に強み
  • 海外展開を控える企業の求人も多数保有
  • 専門知識豊富なコンサルタントによるサポート

JACリクルートメントは、東証一部上場企業のJACが運営するヘッドハンティング会社です。

各業界に豊富な知識を持つ専門コンサルタントにより、一人一人の経験を生かせる企業を紹介してもらえます。

JACリクルートメントは国内外に拠点を持っているため、国内企業のみならず外資系企業の求人も多数保有していることも魅力です。

また、海外に進出しようとしている新興企業などの非公開案件も多数保有しています。

>>公式サイトはこちら

求人数 不明
求人の質
転職サポート
総合評価
対応エリア 北海道・青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島・東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城・栃木・群馬・山梨・長野・新潟・富山・石川・福井・愛知・静岡・岐阜・三重・大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイト https://www.jac-recruitment.jp/

JACリクルートメントの口コミ・評判

口コミアイコン
Rさん
複数名からDMいただきましたが、今回利用した転職エージェントはJACリクルートメントです。

面接前は必ず面談で求められる人物像、想定質問、心構えを教えてもらえて、今までで1番良かった。

※一部抜粋

(出典:Twitter

口コミアイコン
Aさん
JACは俺も世話になったがマジで良いよ、ハイクラス専門だからそれなりのキャリア必要だけど。

マジで良かったので知人に勧めて3人転職していった。

ええことしたと思ってる

(出典:Twitter

▶横にスクロールできます

\30代~50代の方におすすめ/

関連記事:
JACリクルートメントの評判・口コミは本当?徹底調査による賢い利用方法を解説

4.ランスタッド

ランスタッド

ランスタッドの特徴

  • グローバル企業の求人に強み
  • 世界39か国に拠点
  • 経営幹部クラスの求人を豊富に掲載

ランスタッドは、世界39か国に拠点を持つヘッドハンティング会社です。

豊富な海外拠点を生かしたネットワークにより、外資系企業や多国籍企業の求人を多数保有しています。

また、経営幹部クラスの求人も多く高収入の案件が豊富にそろっていることも魅力です。

>>公式サイトはこちら

求人数 不明
求人の質
転職サポート
総合評価
対応エリア 北海道・青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島・東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城・栃木・群馬・山梨・長野・新潟・富山・石川・福井・愛知・静岡・岐阜・三重・大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイト https://www.randstad.co.jp/

ランスタッドの口コミ・評判

口コミアイコン
Kさん
たまたますごく気の合う年上女性の担当者にあたってよかったのがランスタッド

ランスタッドはコーディネーター=営業で求人を1人が一元管理してるから話が早いのと食い違いがない

(出典:Twitter

口コミアイコン
Aさん
もう本当に現職無理。本当に辛い。

でも帰りに電話でランスタッドの営業さんと話ししたら気持ち少し楽になった。

やっぱり私はランスタッドがいい。営業担当は本当みんないい人。今月下旬に仕事入るからまた連絡くれるみたい

(出典:Twitter

口コミアイコン
Mさん
今回ランスタッドていう転職エージェント使ったんやけど、担当のひとがめちゃいい人で何か不安あるって言うたらメールでも電話でも話聞いてくれる

(出典:Twitter

▶横にスクロールできます

\全国の拠点から探せる/

関連記事:
ランスタッドの評判・口コミ|メリットやデメリットも徹底解説

5.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントの特徴

  • 転職支援実績が豊富
  • 非公開求人が10万件以上
  • 転職サポートが充実

リクルートエージェントは、リクルートが展開している業界最大級の求人数を誇る転職サイトです。
非公開求人が多く、他の転職サイトでは見ることができない求人を10万件以上取り扱っています。

そのため、あなたの希望条件に合った求人を見つけることができます。

もちろん多数の求人の中に、高収入の求人も多く取り揃えていますので、ハイクラス転職を希望している方にもおすすめの転職サイトです。

コンサルタントがあなたの転職を丁寧にサポートしてくれるので、一人で転職活動を行うよりもスムーズに進めることができます。
>>公式サイトを見る

求人数 求人数:756,098件
※2024年6月4日時点
求人の質
転職サポート
総合評価
対応エリア 全国対応
北海道・青森・岩手・宮城・秋田
山形・福島・東京・神奈川・千葉
埼玉・茨城・栃木・群馬・山梨
長野・新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重・大阪
兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山
広島・岡山・鳥取・島根・山口
香川・愛媛・高知・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎
鹿児島・沖縄・海外
公式サイト https://www.r-agent.com/

\10万件以上の非公開求人が見られる/

関連記事:
リクルートエージェントの評判・口コミ|本当の口コミや活用法も調査

6.ビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチの特徴

  • ハイクラス求人が豊富
  • 年収1,000万円以上の求人が30%以上
  • エージェントを自分で選べる

ビズリーチは、30代〜50代のハイキャリア転職に特化している転職サイトです。

年収1,000万円以上の求人が全体の30%以上※を占めており、ハイキャリアへの転職を希望している方におすすめです。

登録すると経歴や希望条件を見た優良企業から直接スカウトが届くため、自分で求人を探すことなく転職活動を行えます。

ビズリーチはキャリアアップしたい方、収入アップしたい方におすすめの転職サイトです。
ぜひ登録してみてくださいね。

※公式サイトより

>>公式サイトを見る

求人数 約127,000件
求人の質
転職サポート
総合評価
対応エリア 全国対応
北海道・青森・岩手・宮城・秋田
山形・福島・東京・神奈川・千葉
埼玉・茨城・栃木・群馬・山梨
長野・新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重・大阪
兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山
広島・岡山・鳥取・島根・山口
香川・愛媛・高知・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎
鹿児島・沖縄・海外
公式サイト https://www.bizreach.jp/

\年収1000万以上の求人が多数/

関連記事:
ビズリーチの口コミは本当?気になる評判や賢い利用法まで徹底解説

7.リクルートエグゼクティブエージェント

リクルートエグゼクティブエージェント

リクルートエグゼクティブエージェントの特徴

  • 現職取締役や執行役員・部門責任者の方の転職をサポート
  • 一人一人の経験や強みを生かした求人提案が可能
  • 経営幹部とエグゼクティブ層に特化したサービス

リクルートエグゼクティブエージェントは経営幹部とエグゼクティブ層(社長・取締役、CEO・COO・CFO等の経営執行責任者、事業部門責任者)に特化したヘッドハンティング会社です。

特に現職取締役や執行役員・部門責任者としてご活躍中の方をヘッドハンティングすることにより、社内外から経営に携わる新たなフィールドを提供してくれます。

また、経験されてきた業界や職種を生かせる求人をコンサルタントとの面談を通じて探すことができ、条件確認や就業決定まで一貫してサポートしてくれます。

運営会社 株式会社リクルート
求人数 非公開
求人の質
転職サポート
総合評価
対応エリア 北海道・青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島・東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城・栃木・群馬・山梨・長野・新潟・富山・石川・福井・愛知・静岡・岐阜・三重・大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイト https://www.recruit-ex.co.jp/
口コミアイコン
Tさん・男性
リクルート系だとRGFとリクルートエグゼクティブエージェントあたりがアッパー寄りかと思ってましたが、ダイレクトスカウトもそうなんですね!
転職エージェント増え過ぎかつプラットフォームもバラバラでリンクトインがメインになるのさもありなんに思います。

(出典:Twitter

口コミアイコン
Jさん・男性
こんなにあったんですね〜。
今、リクルートエグゼクティブエージェントの方と話を進めていますが、流石に優秀ですね。
(一部抜粋)

(出典:Twitter

口コミアイコン
Mさん・男性
リクルート系なら、リクナビNEXT、その上にリクルートエージェントがあって、さらにキャリアパーカー、リクルートエグゼクティブエージェントと続く。
このあたりだと年収1000万クラスの求人。
(一部抜粋)

(出典:Twitter

▶横にスクロールできます


8.ミドルの転職

ミドルの転職

ミドルの転職の特徴

  • ハイクラス求人が多い
  • キャリアアップできる
  • 30代・40代の求人が多い

ミドルの転職は、エン・ジャパン株式会社が経営しているエグゼクティブ求人が多い転職サイトです。
ハイクラスの求人を豊富な職種から選んで検索できます。

また、年収800万円以上・大手企業の求人も多数取り扱っているため、キャリアアップしたい方におすすめです。
エージェントを利用すれば、会員限定の非公開求人を見ることができます。

ミドルの転職には他の転職サイトにはない求人があるため、あなたの理想の職場で働けるでしょう。

求人数 約130,000件(非公開求人を含まず)
求人の質
転職サポート
総合評価
対応エリア 北海道・青森・岩手・宮城・秋田
山形・福島・東京・神奈川・千葉
埼玉・茨城・栃木・群馬・山梨
長野・新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重・大阪
兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山
広島・岡山・鳥取・島根・山口
香川・愛媛・高知・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎
鹿児島・沖縄
公式サイト https://mid-tenshoku.com/

ミドルの転職の口コミ・評判

口コミアイコン
Dさん
ほんと決定版だなと思いました。
ステップ上げたい時は、リクナビnextよりダイレクトスカウト。
DODAよりDODA X。
en転職よりミドルの転職です。
同じプロフでも来るスカウトが全然違う。

(出典:Twitter

口コミアイコン
Kさん
転職活動を始めて1ヶ月。
前職で使っていたこともあって、最初はdodaだけで活動。大量のお断りもあったが、現在3社一次選考中。
まあまあ良い感じの手応えも感じているが、全滅するかも知れないし、次の一手としてenミドルの転職にml登録。

(出典:Twitter

口コミアイコン
Zさん
enjapanのミドルの転職って意外にいいな。
キャリアカーバー・ix・ビズリーチなんかより、100倍使いやすい。
enはフォーマット化するのはうまいんやよな。
あとは見せ方・売り方の問題。

(出典:Twitter

口コミアイコン
Kさん
防衛省が求人出してたから、自衛官出身の僕は興味津々でen ジャパンの「ミドルの転職」に登録した。
面倒だから会社名は書いたけど履歴書、職務経歴書は「作成中」とだけ書いて。
なのに「あなたの経歴を拝見して、是非推薦したい案件が〜」とかたくさんご連絡いただく。
大丈夫かい、それで。

(出典:Twitter

▶横にスクロールできます

9.AMBI

AMBIの特徴

  • ハイクラス転職に強い
  • サイトが見やすい
  • サービスが充実

AMBIは、エン・ジャパン株式会社が運営するハイクラスに強い転職サイトです。

公式サイトで多様な条件から求人を検索できるため、あなたが求めている職場が見つけやすいです。

また、転職活動に役立つ情報が特設コーナーにまとめられていることで、あなたの悩みを解決できるでしょう。

AMBIは転職が初めてで不安な方も使いやすいサイトのため、安心して利用できます。

さらに外資系の求人も多数取り扱っていますので、外資系企業を探している方にもおすすめです。

求人数 約72,600件
求人の質
転職サポート
総合評価
対応エリア 全国対応
北海道・青森・岩手・宮城・秋田
山形・福島・東京・神奈川・千葉
埼玉・茨城・栃木・群馬・山梨
長野・新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重・大阪
兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山
広島・岡山・鳥取・島根・山口
香川・愛媛・高知・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎
鹿児島・沖縄・中国・韓国・香港
台湾・タイ・シンガポール
インドネシア・フィリピン
インド・北米・中南米
公式サイト https://en-ambi.com/

AMBIの転職の口コミ・評判

口コミアイコン
Tさん
僕が今使就活で使ってるサイトを共有します・登録しすぎも面倒だし、これで十分。
Wantedly:ベンチャー多め
AMBI:大手求人多め
Green:IT就職専門
カモメアジア:中国・東南アジア狙い
Linkedin:海外スカウト狙い
Twitter:直スカウト狙い

(出典:Twitter

口コミアイコン
Tさん
やってみたい仕事がある人
ついてみたい役職がある人
稼いでみたい年収がある人

就活サイトではなく、AMBIやビズリーチのような転職サイトを覗いてみると良いですよ。

自分がやりたい仕事や欲しい年収・肩書を得るために
どんなスキルが必要とされてるのかを知れます。

(出典:Twitter

口コミアイコン
Tさん
昨日、初めてAMBIという転職サイトに登録したが、興味ありボタンを押しても、ヘッドハンターが合格可能性が低いと判断した場合、応募も出来ない仕様で驚いた。

(出典:Twitter

▶横にスクロールできます

関連記事:
ハイクラスにおすすめの転職サイトランキング|転職お役立ち情報も満載

リクルートダイレクトスカウトと他のサービスの違い

リクルートダイレクトスカウトと他のサービスの違いをご紹介します。

転職サイト名 求人数
リクルートダイレクトスカウト 約74,000件
JACリクルートメント 約11,000件
ビズリーチ 約65,000件

リクルートダイレクトスカウトとリクルートエージェントは、ともにリクルートグループの転職サイトです。
両者とも転職希望者は完全無料で利用できます。

リクルートダイレクトスカウトはスカウト中心ですが、リクルートエージェントは専任のキャリアアドバイザーがつき、サポート・求人紹介を行っています。

ビズリーチは株式会社ビズリーチが運営する、ハイクラス転職向けスカウトサービスです。
求職者も料金が発生する点、登録審査がある点もリクルートの転職サイトと大きく違います。

比較1.リクルートダイレクトスカウトには担当のコンサルタントがいない

リクルートダイレクトスカウトには、リクルートエージェントなどであなたを担当する専任のキャリアアドバイザーやコンサルタントがつきません。
リクルートエージェントでは、キャリアアドバイザーがレジュメの添削・面接対策・各種手続きなどを行います。

リクルートダイレクトスカウトではレジュメ類の準備をあなた自身で行う必要がありますが、一度登録すればあとはスカウトを待つだけです。

比較2.ハイクラス向けの求人数・スカウト数に違いがある

リクルートダイレクトスカウトと、スカウトサービスの先駆者であるビズリーチを比較すると、ハイクラス求人数やスカウトの数に違いがあります。
リクルートダイレクトスカウトの方が、開始から年数が浅い点が一因と考えられます。

ただし、リクルートダイレクトスカウトのメリットは、リクルートグループの転職サイトのため、他のサービスとの併用がスムーズで可能性を大きく広げられる点です。

>>リクルートダイレクトスカウトに登録する

比較3.リクルートダイレクトスカウトは複数のヘッドハンターが求人を紹介する

リクルートダイレクトスカウトは、複数のヘッドハンターが求人を紹介してくれます。
複数のヘッドハンターがあなたのレジュメをチェックし、おすすめだと思う求人を紹介するシステムです。

様々なヘッドハンターの目に触れ、琴線に触れるようなレジュメを登録すると、スカウト増加に繋がります

比較4.ビズリーチとの違いは会員料金

ビズリーチとリクルートダイレクトスカウト最大の違いは、会員料金にあります。
ビズリーチは有料で、リクルートダイレクトスカウトは他のリクルートグループの転職サイト同様無料です。

転職サイトで求職者側に料金が発生するシステムは画期的ですね。

比較5.ビズリーチとの違いは登録時の審査が不要

リクルートダイレクトスカウトには登録時審査がなく誰でも利用できますが、ビズリーチは登録審査があります。
審査がない点、リクルートダイレクトスカウトの方が敷居は低いと考えられます。

スカウトサービスを始めて利用する方は、無料のリクルートダイレクトスカウトがおすすめです。

リクルートダイレクトスカウトからのメールは種類がある

リクルートダイレクトスカウトからのメールは5種類に分類されます。
メールの種類により、採用率の高さや見るべき点が異なります。

ポイント1. ヘッドハンタースカウトメール

ヘッドハンタースカウトメールは、もっとも多く届くメールです。
リクルートダイレクトスカウトが契約を交わした外部のヘッドハンターが送っている、おすすめ求人のメールです。

他にも、企業の特色や求人の内容、あなたのレジュメを精査して厳選したおすすめ求人が送られてくるケースもあります。
しかし、ヘッドハンターによっては多少マッチ率が高い求人を「おすすめ」として送ってくるケースもあるようです。

リクルートダイレクトスカウトからのスカウトメールは採用率が高いと評判ですが、種類によって違いがあります。
多く届く分、チェックが甘いヘッドハンタースカウトメールの採用率は、あまり高いとはいえません。

ただし、数が多いゆえの利点もあります。
ヘッドハンタースカウトメールは多少のマッチ率でも送られてくるため、「思いもよらない業種・職種」のスカウトもあります。

良く見てみると、あなたがこれまで考えていなかった可能性を秘めた求人もあり、新たな方向性を示してくれるかもしれません。

ポイント2. 企業スカウトメール

企業スカウトメールは、ヘッドハンターではなく、企業の採用担当者から直接送られてくる特別なスカウトです。
あなたがリクルートダイレクトスカウトに登録したレジュメは、ヘッドハンターにくわえ各企業の採用担当者も読んでいます。

実際にあなたの履歴書や職務経歴書を熟読した採用担当者が「この方に来て欲しい」と感じた際に送られてくるメールが、企業スカウトです。
また、すでに履歴書や職務経歴書を企業側がチェックしているため、企業スカウトメールをもらった時点で書類審査はパスしています。

採用審査が面接からスタートするスペシャルなスカウトで、採用率も他のメールより高い点が特徴です。
ただし、あなただけに送られてくるわけではないため、迅速な対応と行動が要求されます。

ポイント3. 顧問求人スカウトメール

顧問求人スカウトメールは、企業顧問としてのオファーが来るスカウトです。
他のハイクラス求人は幹部役員や経営陣として入社を求める内容が多数ですが、顧問求人スカウトメールは入社を求めるメールではありません。

契約後の立ち位置は企業顧問で、外部企業顧問として契約するケースもあります。
外部顧問であれば、副業・副収入が入ります。

そのまま転職活動継続も可能ですし、双方の企業規定に反さなければ今の職場でキャリアを積みながら外部顧問として報酬も得られます

リクルートダイレクトスカウトからのメールを増やす方法

リクルートダイレクトスカウトからは、様々なスカウトメールが届きます。
もっと多くのスカウトメールを受け取り、よりハイレベルな企業への転職を成功させるために、メールを増やす方法についてご紹介します。

レジュメはスカウトの目が行く言葉を入れる

リクルートダイレクトスカウトで人材を探すヘッドハンターや企業の採用担当者たちは、登録されたレジュメを読んであなたを理解します。
しかし、凡庸な内容ではレジュメに目を通してもらえないかもしれません。

数多くのレジュメの中でヘッドハンターや企業の採用担当者の興味を引くためには、選ぶ側がどのようにレジュメを選んでいるかを知る必要があります。

ヘッドハンターや企業の採用担当者は、求職者が求人を検索フォームで探すように、レジュメを検索してチェックしています。
需要のあるキーワードをレジュメの内容に練り込むと、検索に引っかかりやすいでしょう。

多く検索されるキーワードは「MVP」や「表彰」など、実績に関するものです。
レジュメを作成する際は、これまでの実績を棚卸しして忘れないように入れ込んでおきましょう。

また、「マネジメントスキル」や「リーダーシップ」なども注目されやすい単語です。

キャリアやスキルは明確に書く

これまでのキャリアやスキルは正直に、わかりやすく記載してください。
どのように頑張ってきたか、企業への貢献度は「売上」や「達成率」で表すように工夫しましょう。

  • 働き方改革推進で残業時間を全社平均何時間減らした
  • 電気系統を見直して年間光熱費を何円減らした

以上のような「コストパフォーマンス」や「タイムパフォーマンス」での貢献度は、あなたの能力を一言で表してくれます。
さらに比較検討しやすくするため、前年度の数値を入れて前年比を明確にしたり、スタッフ数を入れて割合がわかるようにしたりする工夫も評価対象です。

一目で企業への貢献度が示せて、他者との比較もしやすい明確な表現で、キャリアやスキルについて述べましょう。

>>リクルートダイレクトスカウトに登録する

希望年収の設定は妥当ラインを超えない

希望年収を設定する際は、妥当なラインを超えないようにしましょう。
あなたの市場価値よりもあまりに高額な年収を設定すると、スカウトが来ない可能性があります。

希望年収の設定がわからない方は、現在の年収に100万円プラスした額が妥当なラインです。
キャリアアップのための転職であっても、希望年収をあまり高く設定しすぎないよう注意が必要です。

希望する勤務地は正確に書く

希望する勤務地は正確に記入してください。
就活などでは勤務地を絞り込みすぎると採用されにくいと言われますが、ハイクラス転職の場合は事情が異なります。

チャンスが広がるように希望勤務地を「全国」としている方は少なくありませんが、逆効果かもしれません。
勤務地はどこでもいい、と書いた場合、こだわりがない人物と判断される可能性があります。

こだわりがない人物は選べる業界・企業がともに多く、条件さえ良ければどんな企業でも働けるため「わざわざわが社を選ばないだろう」と思われがちです。
また、「自主性がない」と捉えられる恐れもあります。

スカウトされやすいひとはソフトスキルを持っている

スカウトされやすい方に共通するスキルである「ソフトスキル」について解説します。
転職活動前から意識すると、どこでも必要とされるスキルが身につきます。

コミュニケーション能力とは

人間の能力は、ハードスキルとソフトスキルと呼ばれるものに区分されています。

ハードスキル 学習や研修で学べる専門知識・スキル
ソフトスキル
  • 個人の資質
  • コミュニケーション能力
  • リーダーシップ
  • 情報収集力
  • 時間管理能力など

転職の際にまずチェックされる部分はハードスキルですが、転職後もどんな職場や立場においても必要不可欠な能力はソフトスキルです。
人事担当者は、一見コミュニケーション能力とは関係ないような職務経歴書の内容から、あなたのコミュニケーション能力を見抜きます。

コミュニケーション能力が高い人材は、他人の立場に立ってものごとを考える想像力に長けています。
第三者の目を持っているため、誰が見てもわかりやすく職務経歴書を作成したり、相手の要求内容を正しく把握して応えたりが可能です。

理想的なレジュメを書くには、「伝えたい結論」「理由・説明」の順序で、数値などを入れ込み、誰もが理解できる内容を心がけましょう。

情報収集力とは

情報収集力も、企業やヘッドハンティングが注目する重要なソフトスキルです。
DX化があらゆる企業で推奨され、すべてがWeb上で管理できるようになっている現在、あふれる情報のなかから正確で信頼のおけるものをよりわける目は重要です。

情報収集力は、転職活動にも活かせます。
スカウトサービスを利用する際は、どのような履歴書や職務経歴書をレジュメとしてアップすべきか、どんなスキルが求められるのかをリサーチしておきましょう。

転職活動をスタートする際、何もわからずどこを目指すかも決まらない状態では心もとないですよね。
ハイクラス転職を目指すなら、スカウトされたり企業からのオファーを受けたりした状態からスタートすると、非常に有利で望ましいです。

他の転職希望者よりも一歩抜きんでた状態から進み始めれば、情報も一足早くゲットできます。
より高みを目指してスカウトサービスを利用する方は、情報収集力を最大限に生かして有益な情報を手に入れてください。

あなたが他の方よりも頭一つ分進んだ状態だとヘッドハンターや企業の採用担当者にもわかります。
その時点で、あなたの情報収集力が優れているとしっかりと伝わるでしょう。

リクルートダイレクトスカウトに登録して失敗しない4つの注意点

ここからはリクルートダイレクトスカウトを利用して失敗しない転職活動を進めるためのコツをお伝えします。
ただお仕事を紹介してもらうだけではなく、しっかり活用して後悔しない転職をしてくださいね。

推薦書も見せてもらう

リクルートダイレクトスカウトから応募した施設には、あなたが作成した書類と主に推薦書が送られます。
書類を送ったのに全然書類選考が通らない場合は、ひどい推薦書になってしまっている可能性も。

書類選考に進む際には、自分の強みが伝わる内容になっているか一度内容を確認させてもらいましょう。

条件を固めすぎない

希望条件を固めすぎると、紹介される求人数が減ってしまいます。
リクルートダイレクトスカウトの担当者に希望条件を伝えるときには、どうしても叶えたい条件とできれば叶えたい条件をわけて伝えると効果的です。

ある程度幅をもって転職先を紹介してもらうと安定して転職活動を進められますよ。

>>リクルートダイレクトスカウトに登録する

急かされても流されない

転職サイトは企業から手数料を受け取ることで求職者に無料でサービスを提供できています。
あなたがリクルートダイレクトスカウト経由で転職を成功させることが売上につながります。

そのためキャリアアドバイザーによっては、できるだけ早く転職活動を進めようと急かしてくる可能性も。
もし急かされたとしてもしっかり自分が行きたい方向性とあっているかを考え、流されないようにしましょう。

断る理由をしっかり伝えておけば、キャリアアドバイザーとどんどん方向性が統一されていきます。

リクルートダイレクトスカウト以外の転職サイトも併用する

転職活動を進める上では、リクルートダイレクトスカウト以外の転職サイトも併用しましょう。

転職サイトは2〜3社の登録がおすすめ
・より多くの求人を比較
・相性の良い担当者を探す
・使いやすいサイトを探す

登録は1分程度で完了しますので、おすすめの転職サイトからいくつか登録してみてくださいね。

転職エージェントを最大限に活用する6つのポイント

ここからは、転職エージェントを最大限活用する6つのポイントを詳しくご紹介します。
ぜひ参考にしてください。

電話やメールでの連絡は素早く・こまめに

担当のキャリアアドバイザーとの連絡はスピーディーに行うことを意識しましょう。
スピーディーな連絡は転職意欲が高いと判断され、優先的に条件の良い非公開求人が紹介される可能性が高まります。

人気のある条件の良い求人はすぐに募集を締め切ってしまう場合も多いです。日頃から素早い連絡を心がけることでチャンスを逃さないようにしましょう。
また、転職活動では書類選考の締め切りや面接日時の設定など、企業との段取りをきちんと進めなければならない場面も多いので、連絡が素早いと計画が立てやすかったり、転職エージェントと企業側の両者に好印象をもってもらえます。
複数の転職エージェントを利用していて、あまり連絡をとっていないエージェントがあれば、2週間に1度程度は連絡して、まだ転職活動をしていることを伝えてみましょう。
あまり連絡がないと転職活動を終えたと判断され、新しい求人の紹介があまりされない可能性があるからです。

転職時期は「良いところがあればすぐにでも」

転職エージェントとの面談では必ず希望の転職時期を聞かれます。その場合には少し時間をかけて転職活動をしたい場合にも「良いところがあればすぐにでも」と伝えることをおすすめします。
理由は良い求人を優先的に紹介してもらうためです。

転職エージェントも早期に売上に繋がりやすい、転職への熱意が強い方を優先して対応しています。
そのため、転職時期はまだ考えていない…などと答えてしまうとすぐに転職したい方と比べると優先順位は低くなってしまいます。

また、人気のある良い求人は非公開で応募が終了してしまうことも多いので、優先的に紹介してもらえるようにアピールしましょう。

>>リクルートダイレクトスカウトに登録する

経歴やスキルは正直に伝える

一般的に登録情報ややり取りの内容は情報が残ります。後から「話が違う‥」などとなってしまうと虚偽報告をする人物として紹介してもらえる求人が限られてくる場合もあります。

入社後にご自身のスキルに合わない仕事を任されてしまった…などといったことがないようにするためにも正直に伝えることをおすすめします。
また、経歴や希望条件をまとめておくと、複数の転職エージェントを利用する場合にもスムーズに共有できますし、中身の濃い面談が受けられます。

希望条件は優先順位をつけたり、理由を伝える

面談の前には希望条件をリストアップしましょう。より自分の希望を叶える転職先を見つけるためには、あなたの考えをしっかり担当のキャリアコンサルタントに共有することが重要です。
なぜならキャリアコンサルタントはその希望条件をもとにあなたに合った求人を探し、紹介してくれるからです。

あなたの考えがきちんと共有できていないと的外れな求人ばかりを紹介されたり、担当者のあなたのサポートに対する意欲が下がってしまうことがあります。
そのため事前にリストアップし、担当者と一緒に希望条件を一つひとつ精査していくことで、あなたにあった求人を紹介してもらえる可能性が高まります。

応募はひとつの案件に対して一度だけにする

同じ案件には複数のサービスから応募しないように注意しましょう。さまざまなサービスから同じ案件に複数応募してしまうと企業側も転職エージェント側も混乱させてしまいます。

また、両者に不信感を与えることにもなりかねませんので、場合によっては選考へ進めなくなったり、その企業に再応募することはもちろん転職エージェントからも良い求人は紹介されなくなってしまうでしょう。

推薦文は確認させてもらう

転職エージェントは企業にあなたのことを紹介するときに履歴書・職務経歴書と一緒に、「推薦文」を書いて送っています。
「推薦文」とは転職エージェントが企業にあなたのことを紹介する書類です。企業側はこの書類も参考にあなたの合否を検討しますので、きちんと確認しておきたいところです。

担当のキャリアアドバイザーによっては職務経歴書をそのまま書いているだけだったりと企業側へのアプローチをしてくれないところもありますので、「お話した内容と相違がないように確認しておきたい」「客観的にみてどのような評価なのか知りたい」などと伝え、どのような推薦文となっているか確認しておきましょう。

リクルートダイレクトスカウトの登録後の流れ

リクルートダイレクトスカウトの利用の流れは、他の転職エージェントとは異なり、ヘッドハンターによって若干の差異があります。
とは言っても根本となる流れは共通しており、他の転職をサポートしているサービスと大きく異なるわけではないので、基本の流れを理解しておきましょう。

大まかな流れとしては次の図のようになります。

ご利用の流れ

それではそれぞれの手順を詳しく見ていきましょう。

登録とログイン

リクルートダイレクトスカウトを利用するには、まずは「会員登録(無料)」フォームから申し込む必要があります。
登録は簡単で、平均して約5分ほどで完了します。リクルートIDやFacebookアカウントを使っての登録も可能なので、これらをお持ちの方は時間短縮のためにもぜひ活用してみてください。

ヘッドハンター選び

リクルートダイレクトスカウトでは自分でヘッドハンターを選ぶことができます。
転職活動をするうえで、自分と相性のいいパートナーと出会うことはかなり重要になってきます。
また、他の転職エージェントの場合ですと求職者にキャリアアドバイザーを指名する権利がないためミスマッチが起こりやすいです。
こうしたほかの求職者に差をつけるチャンスでもあるので、ヘッドハンター選びは慎重に行いましょう。
ホームページにそれぞれのヘッドハンターの詳細が記載されています。

ヘッドハンターと面談

面談では、ヘッドハンターにこれまでの経歴や希望の求人条件を伝えます。面談の場所や日程、服装についてはヘッドハンターによって異なります。
下記に一般的な転職エージェントとの面談時の服装について紹介しているので是非参考にしてください。

面談時の服装
面談時の服装は自由です。
リラックスして話せることを重視するのであれば、着慣れた私服などがいいでしょう。

一方、企業との面接対策も兼ねて身だしなみのアドバイスも受けたいという方はスーツなどでいくのもおすすめです。
身だしなみのアドバイスはどこをどのように注意すると採用担当者からの印象が良くなるのか、より具体的に提案してもらいましょう。

ヘッドハンターによっては遠方の方はお電話にて面談を実施してもらうことも可能です。
株式会社リクルートの拠点での面談の可能性もありますので、下記に株式会社リクルートの拠点を紹介しておきます。

全国の拠点一覧
東京本社
〒100-6640
東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー
JR東京駅八重洲南口から外堀通りを有楽町方面へ徒歩3分
東京メトロ銀座線京橋駅から徒歩5分

北海道支社
〒060-0004
北海道札幌市中央区北四条西5-1 アスティ45ビル 10階
JR線 札幌駅より徒歩3分

東北支社
〒980-0811 宮城県仙台市青葉区一番町1-9-1 仙台トラストタワー 11F
地下鉄南北線仙台駅南2番出口より徒歩6分
JR仙石線あおば通駅2番出口より徒歩約8分
JR仙台駅西口より徒歩約9分

宇都宮支社
〒320-0811
栃木県宇都宮市大通り4-1-18 宇都宮大同生命ビル 1F
JR宇都宮駅より徒歩7分

さいたま支社
〒330-8669
埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-5 大宮ソニックシティビル 25階
JR線 大宮駅 西口より徒歩5分

千葉支社
〒260-0028
千葉県千葉市中央区新町1000番地 センシティタワー 7階
JR線 千葉駅 東口より徒歩1分
京成千葉線 千葉駅より徒歩1分
千葉都市モノレール 千葉駅より徒歩1分

西東京支社
〒190-0012
東京都立川市曙町2-34-7 ファーレイーストビル7F
多摩モノレール 立川北駅 北口より徒歩5分
JR線 立川駅 北口より徒歩6分

横浜支社
〒220-0011
神奈川県横浜市西区高島2-19-12 スカイビル 16階
各線 横浜駅より直結徒歩3分

静岡支社
〒422-8067
静岡県静岡市駿河区南町18-1 サウスポット静岡 5階
JR線 静岡駅 南口より徒歩1分

名古屋支社
〒450-6043
愛知県名古屋市中村区名駅1-1-4
JRセントラルタワーズ42階、43階 
JR各線、名古屋市営地下鉄東山線・桜通線 名古屋駅
名鉄名古屋駅、近鉄名古屋駅  より直結

京都支社
〒600-8009
京都府京都市下京区四条通室町東入函谷鉾町88 K・I四条ビル 4階
阪急京都線 烏丸駅 25番出口より徒歩1分
地下鉄烏丸線 四条駅 2番出口より徒歩1分

大阪支社
〒530-8240
大阪府大阪市北区角田町8-1 梅田阪急ビルオフィスタワー 31F
阪急梅田駅より徒歩約3分
JR大阪駅より徒歩約4分
阪神梅田駅より徒歩約3分
地下鉄御堂筋線梅田駅より徒歩約2分
地下鉄谷町線東梅田駅より徒歩約2分

神戸支社
〒651-0086
兵庫県神戸市中央区磯上通8-3-10 井門三宮ビル 4階
阪急 三宮駅 東改札口より海側徒歩5分
JR線 三ノ宮駅 中央口より海側徒歩5分
阪神 三宮駅 南改札口より海側徒歩5分

岡山オフィス
〒700-0024
岡山県岡山市北区駅元町1-6 岡山フコク生命駅前ビル 4階
JR線 岡山駅 東口より徒歩3分

広島オフィス
〒730-0013
広島県広島市中区八丁堀14-4 JEI広島八丁堀ビル 10階
広島電鉄 八丁堀電停より徒歩1分

福岡支社
〒810-0073
福岡県福岡市中央区舞鶴1-1-3 リクルート天神ビル 6階
地下鉄空港線 天神駅 1番出口より徒歩5分
福岡市地下鉄空港線 赤坂駅 5番出口より徒歩7分
西鉄天神大牟田線 西鉄福岡駅 北口より徒歩7分

面談を通じて今後のキャリアについて考え、強みや弱みを共有することでお互いの信頼関係を構築します。
無理に転職をせかされたりすることはないので安心してくださいね。
面談で行うのは下記のような内容です。

キャリアの棚卸し
ヘッドハンターと共に客観的にみたあなたの強み・弱みを整理します。

転職の目的や希望条件の確認
転職で実現したいことや譲れない条件の確認をします。転職すること自体がゴールではなく、転職してどうなりたいかを考えます。入社後の活躍やキャリアアップ、どのような生活・環境を望むのかしっかり伝えておきましょう。

方向性の明確化
面談後の転職活動の進め方を決めます。希望の転職時期から逆算してスケジュールを立てていきます。

現在の転職市場に関する情報共有
現在の転職市場ではどのような人材が求められているのかなどの情報を得ることができます。客観的にみた、あなたの評価・強みを確認しておきましょう。

当日の面談をスムーズに進めるためには、希望条件や希望職種・業界をある程度具体的に考えておきましょう。
ヘッドハンターとの面談では、最新の転職市場の情報を得られるだけでなく、あなたの現在の状況や今後の方針を整理しながらスケジュールを立てることができますので、やるべきことが明確になってくると思います。

また、他では掲載されていないリクルートダイレクトスカウト独自の非公開求人にも出会うことができます。

非公開求人とは
多くの転職エージェントは非公開求人を紹介してくれます。
企業名や募集の詳細などが一般には公開されていない隠れた企業に出会えることは、転職エージェントを利用する上でのメリットとなります。
なぜ企業は人材を募集しているにもかかわらず求人を非公開にしているのか気になる方が多いと思います。

その理由は主に2つ。
1つ目は事業戦略を踏まえての非公開です。新規事業などで急遽人員を募集する場合や、極秘プロジェクトのための特定の分野で人員を募集している場合は、企業側は人員募集を公にすることを拒む場合があります。
2つ目は採用活動の効率化のためです。求人を掲載して応募が来るのを待っている時間がない場合や、逆に求人を公開すると応募が殺到してしまい対応しきれなくなってしまうことを避けたい場合、企業は転職エージェントを利用した非公開求人として人員を募集します。

こうした背景から、非公開求人は大企業や有名企業の求人や、特定の分野の自分に合った求人を見つけやすいので、積極的に転職エージェントから紹介してもらいましょう。

>>リクルートダイレクトスカウトに登録する

書類添削・面接対策

面談終了後は、応募企業に合わせた提出する書類作成サポート、面接対策を行ってくれます。
このときに提出する応募書類は添削をしながら一緒に作成してくれるので、書類作成に自信のない方でも安心です。

また、応募書類と一緒に推薦状を提出してくれるヘッドハンターが多いので書類通過率が高まります。

企業選考

面接前にはしっかりと面接対策として模擬面接を行ってくれます
応募企業に合わせたあなたのアピールすべきポイントをアドバイスしてくれるので、面接官に伝えるべき内容を忘れずに把握しておくことができます。

面接で緊張してしまうという方でも、こうした面接対策があるので安心です。
面接後には企業からのフィードバックを共有してくれるヘッドハンターもいるので、次回以降の面接に活かすことができます。

内定・入社

面接の合格までサポートすることだけがリクルートダイレクトスカウトの役割ではありません。

自分ではなかなか言いづらい給与などの交渉や、勤務開始日の打ち合わせなどを代わりに行ってくれます。
前職の退職に関する交渉のアドバイスも行ってくれるので、転職の際にありがちな退職困難に陥る心配もありません。

ヘッドハンターによっては転職成功してもそこから数か月はサポートを継続してくれることもあります。
職場での悩みなど何でも気軽に相談してみましょう。

リクルートダイレクトスカウトはここまでのサービスをすべて無料で行ってくれます。

リクルートダイレクトスカウトに関するよくある質問

ここからは、リクルートダイレクトスカウトに関するよくある質問を詳しくご紹介します。
ぜひ参考にしてください。

Q1.レジュメはどのように見られている?

登録されたレジュメの内容は全てのヘッドハンターに公開されます。
しかし「氏名」、「メールアドレス」、「生年月日」、「住所」、「電話番号」の欄の情報はみられることはありません。

スカウトへの変身、ヘッドハンターへの相談、求人情報への応募依頼を行うことで、担当ヘッドハンターに実名が含んだレジュメが公開されます。
レジュメを閲覧できるのはヘッドハンターのみであり、求人企業などに公開されることはないので安心です。

Q2.転職エージェントと人材派遣は何が違うのですか?

人材紹介という単語でも呼ばれる転職エージェントは、しばしば人材派遣と同義にされることがあります。
しかし転職エージェントと人材派遣は異なるサービスなので、その違いをご説明します。

人材派遣は、人材派遣会社が人材を雇用し、一定期間企業に派遣するサービスです。
これに対して転職エージェントは正社員としての雇用を希望される方に、面談、求人紹介、面接対策などの転職サポートを提供するサービスです。

Q3.なぜ無料でサービスを受けられるのですか?

リクルートダイレクトスカウトは求人企業からの紹介手数料で運営されているため、求職者からお金をもらう必要がありません。
そのため全てのサービスを無料で受けることができます。

Q4.ヘッドハンターに話したことは企業にも筒抜けなのでしょうか?

転職エージェントに話したことがそのまま企業に伝わるわけではありません。
職歴が多かったり、退職理由が話しづらいものだったりするとごまかしてしまいたくなるものですが、なるべく正直に伝えることをおすすめします。
嘘をついたり、その場限りのごまかしをしてしまうと、これまでの経験を整理したときにつじつまが合わなくなってしまう上に、二度とその企業の選考を受けられなくなってしまう可能性もあります。

ヘッドハンターは経歴などの少しでも良い見せ方・伝え方も一緒に考えてくれます。
不安なことは気軽に相談してみましょう。

>>リクルートダイレクトスカウトに登録する

Q5.今すぐ転職するつもりはないのですが、登録できますか?

可能です。
具体的な転職時期が定まっていない方の登録も受け付けているので、転職を少しでもお考えの方はお早めに登録しておきましょう。
早めに登録しておくことで、より多くの求人を紹介してもらえます。
さらに、長くかかわることで強い信頼関係をヘッドハンターと構築できるので、よりマッチ度の高い求人を紹介してもらうことができます。

Q6.リクルートダイレクトスカウトは費用がかかる?

無料で使えます。

お仕事と求職者がうまくマッチして採用が決まると企業側から採用手数料を受け取る仕組みのため、求職者は無料で利用できます。

Q7.正社員以外のお仕事もある?

正社員以外にも派遣やパートの求人を扱っています。
ブランクがあっていきなり正社員は不安な方や比較的自由のきく働き方をしたい方は相談してみましょう。

正社員以外の選択肢も含め、総合的にサポートしてくれます。

Q8.どんな会社が運営している?

リクルートダイレクトスカウトは株式会社リクルートが運営している転職サイトです。
株式会社リクルートは、人材派遣や求人広告、ITソリューションなど様々なサービスを展開している持株会社です。

Q9.リクルートダイレクトスカウトの拠点はどこ?

リクルートダイレクトスカウトは以下に拠点を構えています。

全国の拠点一覧
本社
東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー

登記上本社
東京都中央区銀座8-4-17 リクルート銀座8丁目ビル

イヌイビル・カチドキ
東京都中央区勝どき1-13-1

九段坂上KSビル
東京都千代田区九段北1丁目14-6

Q10.リクルートダイレクトスカウトの退会方法は?

リクルートダイレクトスカウトにログインし、メニューから設定を開きます。

一番下にある「退会する」を押して、退会手続きを行います。
退会理由を入力する必要があります。

>>リクルートダイレクトスカウトに登録する

Q11.リクルートダイレクトスカウトの利用は職場にバレる?

リクルートダイレクトスカウトを利用しても、職場にはバレません。
現在の職場に知られずにハイクラス転職を目指せるため安心です。

リクルートダイレクトスカウトには、「企業ブロック設定」という機能があります。
特定の企業にあなたの登録情報を公開しないための設定です。

希望ブロック設定で、あなたが在籍している企業やあなたの転職活動を知られたくない企業をブロックすれば、あなたの活動を見られずにすみます。

あなた自身の行動から、ばれてしまう可能性もあるため注意しましょう。
職場ではたとえ休み時間でもリクルートダイレクトスカウトのアプリや公式サイトは閲覧しないようにしてください。

リクルートのWebサイトを他人に見られると、「転職サイトを見ている、転職を考えている」とバレる可能性があります。
気になるオファーが届いても、他人の目が気になる場所では開かないようにしてくださいね。

Q12.リクルートダイレクトスカウトは20代でも利用できる?

リクルートダイレクトスカウトは、20代の方でも利用可能です。
20代から30代の若い年齢層の方が、多く活用してハイクラス転職を果たしています。

また、比較的高い年齢層の方が多いと思われる顧問求人も、20代からの若い世代に向けて魅力を発信しています。
若い世代においては、顧問求人について副業支援を前面にアピールするなど、20代からのハイクラス転職に積極的です。

リクルートダイレクトスカウトを利用してのハイクラス転職において、年齢の若さは障壁になりません。
チャレンジ精神を発揮して、あなたの能力を十分に活かせるハイレベルな職場を目指しましょう。

Q13.リクルートダイレクトスカウトはスカウトが来ないこともある?

リクルートダイレクトスカウトに登録しても、思うようにスカウトが来ない場合もあります。
スカウトが来ない、来ても思ったような内容ではない場合は、レジュメの内容を見直しましょう。

リクルートダイレクトスカウトは、登録したレジュメからヘッドハンターや企業の採用担当者があなたの採用を検討します。
つまり、レジュメの内容がすべてのカギです。

スカウトが来ないと感じたら、レジュメを再度見直してください。
まずは、内容を充実させて穴がないように心がけます。

ヘッドハンターや企業の採用担当者の目にとまり「来て欲しい」と思わせるレジュメには、特徴があります。

  • 実績に数値が使用されていてわかりやすい
  • スキルは一目でどんな能力かわかる書き方
  • 業務経験の記載内容の濃度が高い
  • 読み応えがあるのにわかりやすい文章

あなたのレジュメが上記の条件に当てはまるように、再度読み返して充実させてみましょう。

Q14.リクルートダイレクトスカウトはスマホアプリから利用できる?

リクルートダイレクトスカウトはスマートフォン向けのアプリをリリースしていません。
スマホアプリでの利用はできませんが、登録するとあなただけのページにログインして使用できます。

アプリからの使用ではなくても、ログインすればスマホからでも十分に使えます。
アプリがないため不便を感じる、といった評判もあまり見当たらないようです。

また、登録する際はFacebookからも登録可能です。

Q15.電話がかかってくるタイミングはどんなとき?

リクルートダイレクトスカウトに登録した方のなかには「電話が多くて困る」という方もいます。
どのようなタイミングでリクルートダイレクトスカウトから多く電話がかかってくるのか、調査しました。

  • 登録したての時期
  • 求人が紹介されるとき
  • 求人に応募したとき
  • 採用結果が出たとき
  • 必要書類の提出期限

登録してから1週間ほどは、聞き取りなどの調査もあるため電話が頻繁にかかってきます。
また、求人紹介や応募など、アクションが取られる際も電話があるようです。

さらに、採用結果がどうなったか、必要書類は提出したかなど、それぞれ理由があってかかってきていますね。
こうしたケースでは電話連絡があると想定できるため、日中かけられると困る方はメールに切り替えるか、電話をしても良い時間帯を伝えましょう。

リクルートダイレクトスカウトの評判・口コミまとめ

この記事ではリクルートダイレクトスカウトの評判・口コミとそれを基にしたリクルートダイレクトスカウトのメリット・デメリットなどをまとめてご紹介いたしました。

リクルートダイレクトスカウトの特徴
ハイクラス転職に特化
ヘッドハンターによるスカウト制度
30代後半・40代・50代におすすめ

リクルートダイレクトスカウトはハイレベルな求人とサポート力の高さが魅力ですが、一方で他社に比べて求人数が少ないことや、担当者によっては希望に沿った求人を紹介してもらえない場合もあるようです。

他の転職エージェントも併用し、あなたの転職の成功確率を高めましょう。

参考文献
厚生労働省
転職活動を始めてから直前の勤め先を離職するまでの期間
職業紹介事業の概要
令和2年転職者実態調査の概況
労働市場における雇用仲介の現状について
今後の労働市場動向について
採用選考に関するアンケート
自己都合による離職の理由別転職者割合
職業生涯を通じたキャリア形成
転職活動の際にキャリア・プランを上手にアピールする方法
しょくばらぼ
キャリア形成リスキリング推進事業
労働法制の動向
仕事に関する意識
世代別にみた意識と就業行動
大都市圏の早期離職者等と地方の中堅・中小企業とのマッチング

内閣府
多様化する職業キャリアの現状と課題
働き方の変化と経済・国民生活への影響
ワーク・ライフ・バランスに関する意識調査」結果速報について
転職が得になる国、ならない国
女性のライフプランニング支援に関する調査結果概要〜30代・40代女性のライフコース選択の希望と現実〜

独立行政法人労働政策研究・研修機構
新型コロナが雇用・就業・失業に与える影響
中高年齢者の転職・再就職調査
入職初期のキャリア形成と世代間コミュニケーションに関する調査
転職市場における人材ビジネスの展開

総務省統計局
雇用者(正規・非正規の職員・従業員の動向など)