教員から転職できる?転職活動のポイントやおすすめ転職先を紹介

当サイトはアフィリエイト広告を掲載しています

Check最初に登録すべき転職サイト
◆「doda」は必ず登録したい転職サイト
待っているだけでスカウトされる
業界最大級の求人数を誇る
サポート力が高いので初めての転職でも安心!
>>公式サイトで詳しく見る

◆迷ったら「リクルートエージェント
各業界に詳しいキャリアアドバイザーがサポート
提出書類の添削・面接対策・企業情報の提供◎

厚生労働省|職業紹介事業報告書によると、国内の有料職業紹介事業者は約29,000社


「教員からほかの仕事に転職できる?」
「教員が転職する際の注意点は?」

そんなお悩みはありませんか?

この記事では教員が転職を成功させるためのポイントを解説します。
ほかにも教員の経験が生かせるおすすめの転職先もご紹介。

転職するか悩んでいる教員の方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

>>教員転職におすすめの転職エージェント6選

EvoWorkは、厚生労働大臣から有料職業紹介事業の許可を受け、職業紹介事業(許可番号:13-ユ-312365)と労働者派遣事業(許可番号:派13-315657)の、人材関連サービスも展開しているビジコネット株式会社が運営しています。

おすすめ転職サイトの総合ランキング

doda

1:
doda

公式サイト→

公開求人数は20万件以上
匿名で転職活動ができる!
プロがあなたの転職を徹底サポート
求人数 約200,000件
(2023年3月時点)
総合評価 5.0/5.0

リクルートエージェント

2:
リクルートエージェント

公式サイト→

国内最大級の求人数を誇る
好条件の非公開求人が豊富!
求人数 634,427件
(2023年3月30日時点)
総合評価 4.8/5.0

マイナビエージェント

3:
マイナビエージェント

公式サイト→

各業界に精通したアドバイザー在籍
応募書類や面接のサポートあり
求人数 非公開
総合評価 4.6/5.0

記事の目次

なぜ教員の転職活動が難しいと言われるか

多忙を極める教員という職業。
教員としての資格や経験を活かして、転職活動を有利にすすめたいものの、教員の転職活動は難しいと考えている方もいます。

おもな理由は、3つあります。

転職活動に十分な時間を確保できないから

教員は教材研究や部活動指導はもちろん、生徒指導や進路指導など、児童や生徒のサポートに多くの時間を費やします。
勤務時間内には仕事が終わらず、ほとんどの教員が勤務時間外にも仕事をしている状況です。

そのため、転職活動に十分な時間を確保できません。
早めに仕事を終わらせて転職活動の予定を立てていたとしても、急な児童や生徒同士のトラブルや保護者対応に追われる日々です。

また、担任を受け持っていると年度の途中で仕事を辞めるということが難しく、転職活動のタイミングを逃してしまう方もいるでしょう。
そうすると、なかなかまとまった時間が取れず、転職活動が後手後手にまわってしまいます。

転職活動には十分な時間が必要です。
教員は児童や生徒、保護者と向き合う時間、教材研究や部活動指導などの仕事で、自分のために使える時間が限られています。

転職活動のタイミングも見計らい、効率良く、転職活動の時間を確保していきましょう。

転職について相談できる相手が少ないから

教員の転職活動が難しい理由の1つに、転職について相談できる相手が少ないことも挙げられます。
教員になると同僚はもちろん、プライベートで付き合う方も、教員であるケースが多いです。

教員になると、ほとんどの方が定年まで教員として働きます。
安定した給料で福利厚生が整い、女性でも伸び伸びと働くことができるため、「転職」というワードが頭に浮かばないことが多いでしょう。

このように「転職」が頭をよぎりにくい教員の同僚や友達に、転職の相談はしにくいですね。
相談できたとしても、転職することに前向きなアドバイスをくれる方も少ないでしょう。

また、転職未経験の教員がほとんどの中、転職について適切なアドバイスができる方も稀です。
転職について相談できる相手が少ない教員は、転職活動のイメージがつきにくく、転職に不利に働くこともあるかもしれません。

公務員経験をビジネスライクに説明しづらいから

公務員(教員)経験は事務的に説明することが難しいです。
教員は人間関係が複雑に絡み合った指導や対応を仕事としています。

また、児童や生徒の学力が向上するように、多角的に教材研究をし、日々の児童・生徒の成長から少しずつ成果が現れるのを待っています。
そのため、企業のようにざっくばらんに経験やスキルを説明しにくい職業です。

さらに、個々の児童・生徒に寄り添った指導を心がけているため、経験が豊富で語り尽くせないということもあるでしょう。

今まで教員として働いてきた経験をビジネスライクに説明するのは、とても困難です。
個性ある児童や生徒と出会い、共に過ごしてきた経験は、教員としてかけがえのない財産です。
ぜひ、ビジネスライクに説明しにくいことをメリットと捉えて考えてみると良いですね。

教員が転職活動を成功させるコツ

転職活動が難しいと言われる教員ですが、転職活動を成功させるコツがあります。
ポイントを押さえた転職活動を行い、転職の成功を導きましょう。

早期の段階から転職活動を始める

早い時期から転職活動を始めることも大切です。
特に担任を任せられている方は、年度の途中に転職しにくいため、段取りの良い転職活動が求められます。

4月入社を狙うなら、12月から1月の間に書類選考や面接を計画します。
その後、2月から3月に内定が決定し、4月に入社するという流れです。

書類選考や面接まで辿り着くまでには、多くの求人情報に触れたり、面接を受けたい企業などの情報収集したりする時間も必要です。

多忙な教員生活を前提に、約1年ほどの転職活動期間を計画すると安心できるでしょう。
また、早い段階から転職活動を始めると、自己分析や業界・企業研究が深まり、視野が広がるのもおすすめの理由です。

民間企業勤めの人にヒアリングする

教員から民間企業へ転職をする方は、即戦力にならないと思われたり、売り上げや数字への意識が低いと考えられたりします。
そこで、民間企業勤めの方に求められる能力や活かせるスキルなどをヒアリングしてみましょう。

実際に民間企業勤めの方にヒアリングをすると、活躍できる範囲や長続きするのはどのような方なのかが理解できます。
また、面接に直接活かせるキャリアプランの棚卸にも役立ちます。

公務員経験のみだと、民間企業勤めの実感が湧きにくいです。
知らない業界へ足を踏み出す前に、ヒアリングをしながら少しでもリアルな情報に耳を傾けましょう

エージェントを利用して現職と転職活動を並行する

転職活動を成功に導くコツは、転職エージェントを利用することです。
転職エージェントを利用すると、教員としての本業が忙しくても転職活動と並行できます

転職に精通しているキャリアアドバイザーが、書類作成や選考対策のサポート、面接の日程調整をしてくれます。
あなただけで転職活動をすすめていくわけではないため、心のゆとりも生まれるでしょう。

また、業界に詳しいキャリアアドバイザーが適切な提案をしてくれるのも嬉しいポイントです。
相談相手が見つからなくても、転職のプロが味方してくれます。

さらに、あなたの真のアピールポイントや本当にあなたに合った職種も見つかる可能性が高まります。
転職活動をする時間がない教員だからこそ、より効率的に転職活動がすすめられるように転職エージェントを使用してみましょう。

>>教員転職におすすめの転職エージェント6選

教員転職に強いおすすめの人気転職エージェント6選

ここでは、教員におすすめの転職エージェントをランキング形式で6選ご紹介します。
ぜひ参考にしてください。

転職エージェントは2〜3社の登録がおすすめ
・より多くの求人を比較
・相性の良い担当者を探す
・使いやすいサイトを探す

1.doda

doda

dodaの特徴

  • 企業から直接スカウトで面接確約も
  • 利用者の満足度が高い
  • 3分でできる年収査定あり

dodaは、幅広い求人情報を豊富に扱っており、転職者満足度で高い評価を得ている大手転職サイトです。
職業紹介優良事業者として認定されている、パーソルキャリア株式会社が運営しています。

企業から直接スカウトを受け取れる機能があり、一般に求人を公開していない企業からのスカウトや面接確約のスカウトなどを受け取れることも。

公開求人だけでなく非公開求人からも紹介してもらえるため、あなたが希望する求人に出会いやすいです。

また、3分の年収査定では、直近の自分の年収予測が見られるだけでなく、今後30年の年収推移や求人提案を受けられます。

まだ転職準備を進めていない方は、ガイドやテンプレートに沿って入力するだけで職務経歴書が簡単に作成できるレジュメビルダーもあるため、スムーズに転職活動が行えるでしょう。

そのほかにも、企業の人事担当者や現場担当者が出席するオンライン転職フェアを開催しており、仕事内容や企業の雰囲気を知ることができます。

>>公式サイトを見る

求人数 約200,000件(非公開求人を含む)
※2023年3月時点
求人の質
サポート
総合評価
対応エリア 全国対応
北海道・青森・岩手・宮城
秋田・山形・福島・東京
神奈川・千葉・埼玉・茨城
栃木・群馬・山梨・長野
新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重
大阪・兵庫・京都・滋賀
奈良・和歌山・広島・岡山
鳥取・島根・山口・香川
愛媛・高知・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分
宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイト https://doda.jp/

dodaの評判・口コミ

口コミアイコン
30代男性
他の転職サイトではあんまり紹介してもらえなかったですが、dodaは10社以上の企業を紹介してくれました。

完全に条件があっている求人以外にも幅広く色々な企業を紹介してくれて、自分に合ってると思った正社員の求人も結構あった印象です。

内定後に年収交渉もしてくれたため、使ってよかったです。
検索機能も比較的充実しており、自分でも探しやすく感じました。

(出典:独自アンケート)

口コミアイコン
Jさん
DODAの面談、70分。
長かった。いちばん親身になってくれた。その上で厳しいこと言われて、あぁですよね、って感じで泣けた。(一部抜粋)

(出典:X 旧:Twitter

口コミアイコン
Nさん
dodaアドバイザーの人話しやすかった〜
転職市場の状況や気になる業界の状況聞けたのはよかったかも

(出典:X 旧:Twitter

口コミアイコン
Sさん
doda昔使ってたけど担当者と合わなくて自然消滅したな

良い方向に向かうことを祈ります

(出典:X 旧:Twitter

▶横にスクロールできます

\待っているだけでスカウトが来る/

(出典:公式サイト

関連記事:
doda(デューダ)の評判・気になる口コミは本当?賢い使い方や注意点も徹底解説

2.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントの特徴

  • 充実した転職サポート
  • 非公開求人約30万件(2024年2月時点)
  • 実績豊富なアドバイザー

リクルートエージェントは、登録人材ビジネス事業者のリクルートが運営している、業界最大級の求人数を誇る転職サイトです。

非公開求人が多く、他の転職サイトには掲載されていない求人を約20万件取り扱っており、リクルートエージェントでしか見つけられない求人が豊富にあります。

また、

  • 第二新卒
  • Uターン・Iターン
  • 外資系・グローバル

など特定の条件に特化したページもあり、各業界専任のコンサルタントが転職をサポートしてくれることも魅力です。

コンサルタントがあなたの転職をフルサポート。
一緒に強みを見つけながら、転職活動を進めることが可能です。

>>公式サイトを見る

求人数 求人数:634,427件
※2023年3月30日時点
求人の質
サポート
総合評価
対応エリア 北海道・青森・岩手・宮城
秋田・山形・福島・東京
神奈川・千葉・埼玉・茨城
栃木・群馬・山梨・長野
新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重
大阪・兵庫・京都・滋賀
奈良・和歌山・広島・岡山
鳥取・島根・山口・香川
愛媛・高知・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分
宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイト https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントの評判・口コミ

口コミアイコン
30代女性
人間関係でトラブルがあって転職を決めました。
リクルートエージェントにお世話になって、職場環境のいい企業を紹介して頂き内定ももらえました。

精神的に楽な職場でちゃんと仕事ができてます。人間関係重視って難しい条件だと思うため非常に感謝してます。

比較的求人も多い印象のため、自分でも探しやすかったです。

(出典:独自アンケート)

口コミアイコン
Jさん
リクルートエージェント、担当コンサルタント以外からのメールはたくさん届くのに担当コンサルタントに送ったメールは返信なくて死んでる??ってなってるんだが笑

アドレスは全部担当コンサルタントから来てるけど自分がシステム、別の人間、担当コンサルタントのうち誰と連絡してるのか分からん

(出典:X 旧:Twitter

口コミアイコン
Nさん
昨日久々にリクルートエージェントで求人見てたら今日電話かかってきた。

(出典:X 旧:Twitter

口コミアイコン
Kさん
やっと就職決まった~
リクルートエージェントはホントだめ。

役に立たない上に足を引っ張ることしかしなかった。調子いいだけ。おすすめはAIみたいだしエージェントいらない。

(出典:X 旧:Twitter

▶横にスクロールできます

\約20万件の非公開求人が見られる/

(出典:公式サイト

関連記事:
リクルートエージェントの評判・口コミ|徹底調査からわかる賢い使い方も

3.マイナビエージェント

※マイナビのプロモーションを含みます
マイナビエージェント

マイナビエージェントの特徴

  • 各業界の転職事情に詳しいアドバイザー在籍
  • 応募書類の作成や面接をサポート
  • 転職に関するコンテンツが充実

マイナビエージェントは、職業紹介優良事業者の人材業界大手のマイナビグループが運営する転職サイトです。

20代・30代・第二新卒向けの優良求人が多く、20代で初めて転職する方や、30代で未経験の業種に転職したい方におすすめです。

また各業界に精通した専任のキャリアアドバイザーが在籍していることも、特徴として挙げられます。
応募書類の添削や面接対策などを行ってくれるため、安心して転職活動を行えるでしょう。

さらに公式サイト上に転職成功ノウハウをはじめ、業界別の転職市場や平均年収ランキングといったコンテンツがまとめられており、目を通しておくことをおすすめします。

>>公式サイトを見る

求人数 非公開
求人の質
サポート
総合評価
対応エリア 北海道・青森・岩手・宮城
秋田・山形・福島・東京
神奈川・千葉・埼玉・茨城
栃木・群馬・山梨・長野
新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重
大阪・兵庫・京都・滋賀
奈良・和歌山・広島・岡山
鳥取・島根・山口・香川
愛媛・高知・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分
宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイト https://mynavi-agent.jp/

マイナビエージェントの口コミ・評判

口コミアイコン
Wさん
マイナビエージェントに登録したんだけど、あなたに紹介できる求人はありません。なので面談もしません。って言われちゃった ヒェッ…

(出典:X 旧:Twitter

口コミアイコン
Hさん
マイナビエージェントと話してみたけど、めっちゃ良かった、、、、

大手の会社でキャリアアップも全然いけると思うって言われてウレピ~~、、、、

(出典:X 旧:Twitter

口コミアイコン
Oさん
マイナビエージェントから一向に連絡ないから希望年収高すぎたか

(出典:X 旧:Twitter

▶横にスクロールできます

\はじめての転職にもおすすめ/

(出典:公式サイト

関連記事:
マイナビエージェントの評判・口コミは本当?賢い利用方法も徹底解説

4.ワークポート

ワークポート

ワークポートの特徴

  • 豊富な求人
  • 充実したサポート体制
  • 転職相談多数

ワークポートは約94,000件の求人数を誇る転職サイトです。

人材紹介専門で20年間の歴史があり、転職相談実績も多数あります。
またプライバシーマークも取得しているため、安心して利用できるでしょう。

オンラインで履歴書や職務経歴書を作れるアプリや選考スケジュールの管理ができるアプリ、未経験から無料でエンジニアを目指せるスクールを提供していることも魅力です。

ITエンジニア、ゲーム、営業、バックオフィスなど幅広い職種に対応しています。

>>公式サイトを見る

求人数 約94,000件(2024年2月時点)
求人の質
サポート
総合評価
対応エリア 北海道・青森・岩手・宮城
秋田・山形・福島・東京
神奈川・千葉・埼玉・茨城
栃木・群馬・山梨・長野
新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重
大阪・兵庫・京都・滋賀
奈良・和歌山・広島・岡山
鳥取・島根・山口・香川
愛媛・高知・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分
宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイト https://www.workport.co.jp/

ワークポートの評判・口コミ

口コミアイコン
20代男性
コンシェルジュさんの返信がめっちゃ早いです。
なかなか在職中で転職活動が進まなかったですが、仕事の合間でワークポートさんに相談したら色々一緒に進めてくれました。
未経験職種でわからないことも支援してくれてありがたかったです。

面談やカウンセリングはオンラインでお願いしましたが、一緒に良い企業へ入社できるよう頑張りましょうと行ってくれて心強かったです。
アプリで簡単に選考状況画見れて、現職が忙しくても簡単に見れました。

(出典:独自アンケート)

口コミアイコン
Hさん
転職エージェントのワークポートさんでキャリア相談してきたけど、メーカー事務系からse未経験転職だと年収下がるし、残業時間増えると聞いて萎縮してしまった

ただし真摯に話聞いてくれたし、僕の甘い考えを指摘してくれたから総合的に行ってよかった!

(出典:X 旧:Twitter

口コミアイコン
Oさん
ワークポートで面接対策してんだけど、今までのどの転職エージェントより職務経歴書ちゃんと書かされてて俺の今までの職務経歴書ってまじでお遊びみたいなもんやんって絶望してる、てか職務経歴書はエージェントが勝手に作ってくれてたし

(出典:X 旧:Twitter

口コミアイコン
Mさん
ワークポートは本当に酷かった。登録している最中、担当者と連絡取れなかったり、そのまま辞められたりしたので2度と登録しない。

(出典:X 旧:Twitter

▶横にスクロールできます

\多くの方に選ばれている転職サイト/

(出典:公式サイト

関連記事:
ワークポートの評判・口コミは本当?利用のメリットや賢い活用法も

5.リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウトの特徴

  • 転職決定年収 平均925万円以上※
  • 年収800万〜2,000万円の求人多数
  • 登録後はスカウトを待つだけ

リクルートダイレクトスカウトは、年収800〜2,000万円の求人を多数扱っているハイクラス向けの転職サイトです。
登録後はスカウトを待つだけ

ヘッドハンターがあなたにあった最適なポストを探してくれるため、忙しい30〜50代の方におすすめです。

2,500人以上のヘッドハンターが在籍しており、信頼できるヘッドハンター選ぶことでミスマッチを防ぐことも可能です。

※2022年度実績:2022年4月~2023年の間にレジュメ登録があった年収750万円以上のサービス登録者
>>公式サイトを見る

公開求人数 約256,000件(2024年2月時点)
求人の質
サポート
総合評価
対応エリア 北海道・青森・岩手・宮城
秋田・山形・福島・東京
神奈川・千葉・埼玉・茨城
栃木・群馬・山梨・長野
新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重
大阪・兵庫・京都・滋賀
奈良・和歌山・広島・岡山
鳥取・島根・山口・香川
愛媛・高知・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分
宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイト https://directscout.recruit.co.jp/

リクルートダイレクトスカウトの評判・口コミ

口コミアイコン
40代男性
以前より条件の良い企業を紹介してくれた印象。
無料登録後1週間くらいで結構条件が良い求人を提案してもらえたため、比較的に楽でした。

ヘッドハンターの方は転職先企業選びの相談にも乗ってくれます。

(出典:独自アンケート)

口コミアイコン
Tさん
とりあえずビズリーチとリクルートダイレクトスカウトに登録してみたぞ
まずは市場価値を把握したいところ。1,000万くらいのところからわらわらスカウトが来ないかしら

(出典:X 旧:Twitter

口コミアイコン
Bさん
リニューアルしたよーって聞いたのでリクルートダイレクトスカウト久々に登録
メッセージ管理できないので使い勝手残念なまま
とっとと退会した

レジュメ何も登録して無いのに、レジュメを見ました!ってメッセージも大量に来てて、エスパーの巣窟かしらね

(出典:X 旧:Twitter

▶横にスクロールできます

\登録後は待っているだけ/

(出典:公式サイト

関連記事:
リクルートダイレクトスカウトの評判・口コミ|おすすめの活用法も

6.パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアの特徴

  • 累計転職支援実績約54万人※
  • 転職後年収アップ率61.7%
  • 女性の転職実績も豊富

※2024年2月時点

パソナキャリアは、人材業界大手のパソナグループが運営している転職サイトです。
28,000社以上の企業との取引実績があり、幅広い業界・職種の求人情報を取り扱っています。

充実したサポートサービスが特徴で、54万人以上の方の転職を成功させた経験から、転職活動について丁寧にアドバイスしてくれます。

これまで転職を成功させた方のうち、67.1%の方が年収アップを実現しているため、キャリアアップしたい方や年収600万円以上を目指している方はぜひ登録してみてくださいね。

>>公式サイトを見る

求人数 34,000件以上(2024年2月時点)
求人の質
サポート
総合評価
対応エリア 北海道・青森・岩手・宮城
秋田・山形・福島・東京
神奈川・千葉・埼玉・茨城
栃木・群馬・山梨・長野
新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重
大阪・兵庫・京都・滋賀
奈良・和歌山・広島・岡山
鳥取・島根・山口・香川
愛媛・高知・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分
宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイト https://www.pasonacareer.jp/

パソナキャリアの口コミ・評判

口コミアイコン
20代女性
比較的に質の高いサポートが受けられる印象です。
私のキャリアアドバイザーの女性も非常に親切でした。
今後のキャリアに悩んでいたんですが、一緒になって悩んでくれて良い企業を選んでくれました。

女性のための求人特集も組まれていて、自分でも求人を探しやすかったです。
サポート体制が整っていて安心でした。

(出典:独自アンケート)

口コミアイコン
Oさん
パソナキャリアで転職したんですけどイライラすることが多々ありましたわね

(出典:X 旧:Twitter

口コミアイコン
Hさん
何がしたいのか、何が向いているのか分からないというのであればエージェントに相談してみましょう。

担当者次第なので一概には言えませんが、パソナキャリアの担当者の印象や資料は良かった気がします。

(出典:X 旧:Twitter

口コミアイコン
Rさん
はじめまして!フォローありがとうございます 私はリクルートエージェントとパソナキャリアを利用していて、転職先が決まったのはパソナキャリアでした。パソナキャリアになったのは現職の求人が出たのが1番早かったからでした。情報が早いように思います。頑張ってくださいね

(出典:X 旧:Twitter

▶横にスクロールできます

\女性の転職にもおすすめ/

(出典:公式サイト

関連記事:
パソナキャリアの評判・気になる口コミは本当?利用者の本音を徹底調査

ここではおすすめの転職サイトを複数社紹介しましたが、さらに多くの転職サイトを見て比較したい方は、以下の記事も参考にしてください。
転職サイトおすすめランキング|転職のプロが徹底比較
転職エージェントおすすめランキング|評判・口コミから比較

教員のリアルな転職理由

教員の転職理由は、主に5つです。
多忙な教員生活な故、家族との時間や自分のための時間が取れないことや激務に見合った給料がもらえていないなどの不満があります。

プライベート時間が確保できない

一人一人の個性に合った教育や支援を心がけるほど、教員のプライベートな時間はなくなっていきます。
教材研究をして個々に応じた学習プリントを作成したり、ノートやプリントにコメントを書き込んだりと仕事にはきりがありません。

また、児童や生徒のちょっとした変化やシグナルに応じて、帰宅してからや休日でも、担任や部活顧問をしている児童や生徒のことが頭から離れないときもしばしばです。
児童や生徒に向き合う真面目な教員ほど、プライベートな時間は削られます。

さらに保護者対応も加わり、心休まる日がない時期もあるでしょう。
教員といえども、一人の人間です。
家族円満のためにも、人生を充実させるためにも、プライベートな時間が欲しいと願う方は多いようです。

職場の人間関係に疲れた

教員が最も力を注ぐところは、人間関係です。
同僚や校長・教頭など上司はもちろん、児童や生徒、保護者との人間関係もあります。

人間関係が複雑な教員は、人間関係に疲れてしまうことも多く、カウンセリングに通う方もいるほどです。

人間関係は、信頼関係で築かれています。
児童や生徒と何気ない会話のやり取りや指導の中でこじれてしまったり、ちょっとした対応のミスでも保護者に不信感を抱かれてしまったりします。

一度崩れた信頼関係を元に戻すのは、至難の技です。
一つ一つの言動にとても神経を遣うため、人間関係に苦労している教員は多いでしょう。

人間関係に疲れ、転職を考えることは大きな理由の1つです。

激務に見合った報酬を得られていない

教員は過労死ラインにあたる、月の残業が80時間以上に達する方もいます。
職場から離れても持ち帰りの仕事に追われ、休日のサービス出勤があることも。

しかし、給料には残業代や休日出勤は含まれない場合もあります。

教員の業界では、サービス残業が当たり前という風習も少なからずあります。
児童や生徒のために、勤務時間外に働くことへの抵抗のない教員も多いです。

しかし、働いた分だけ給料が増えたら嬉しいですね。
教員として評価され、真面目に働ける方は、きっと職種を変えても活躍できるでしょう。

仕事量に見合った報酬がもらえる企業は、教員の憧れの職場です。
(参照:教員勤務実態調査(平成28年度)

スキルアップできる環境で働きたい

教員という職業は、民間企業務めと比べたときに数字として成果が見えにくい傾向にあります。

1つの授業を何十時間、何ヶ月もかけて準備して行ったとしても、成果が見えにいため、すぐ評価に繋がりません。

また、様々な背景を持った児童・生徒、保護者への対応やサポートでも同じです。

1年かけて良い方向に向かっていても、1年単位で担当する学級が代わる場合が多く、大きな成果に繋がりにくいです。

さらに、教員は仕事内容が教材研究や生徒指導などが主となるため、教員特有のスキルしか身に付かないと不満を覚える方もいます。

このように、なかなか成果が見えにくい業界で働いているため、もっとスキルアップできる環境で働きたいと意欲を燃やす方も多いです。

>>教員転職におすすめの転職エージェント6選

公務員の労働環境に疑問を感じている

公務員である教員は、サービス残業が当たり前です。
うまく手を抜ける方は良いですが、児童や生徒、保護者と真剣に向き合うほどサービス残業は増えていきます。

しかも、どれだけサービス残業をしても給料は増えず、早く帰宅してしまう教員と同じです。

サービス残業をしないと、「今日も早く帰宅してしまう」「さぼっている」と先輩からパワハラを受けることもあります。

こうした、教員独特の労働環境に嫌気がさしている教員も多く、転職を考える原因となってしまいます。

教員の転職エージェント活用術|失敗しないために

教員からの転職を失敗しないためには、転職エージェントを利用しましょう。
ここからは、転職エージェントの賢い活用術をご紹介します。

複数のエージェントに登録して比較しながら利用する

転職を成功させるポイントは、複数の転職エージェントに登録することです。複数の転職エージェントに登録すると、求人情報やキャリアアドバイザーを比較しながら利用できます。

転職エージェントによって、公開している求人情報や非公開求人の数が違い、中には独占求人を扱っているところもあります。

多くの求人情報に触れ、求人情報を比較することで、あなたに合った転職先を見つけられるでしょう。

また、複数の転職エージェントを比較すると、あなたに合ったキャリアアドバイザーに出会える可能性も広がります。

あなたの個性や願望に合わせて、的確なアドバイスやサポートをしてくれるキャリアアドバイザーに出会うことで、転職活動をより円滑にすすめられます。

ぜひ、複数の転職エージェントに登録して、比較しながら利用してみましょう。

任せられる部分は転職エージェントに一任する

転職エージェントは、キャリアアドバイザーが企業の情報収集や求人への応募、面接後の対応をしてくれます。
また、面接日程の調整や書類作成のサポートなど、転職活動に関する雑務を代行してくれる場合があります。

そのため、多忙な生活を送る教員の心強い味方です。
転職エージェントに任せられる部分を一任すれば、働きながら転職活動を並行することができます。

さらに、あなたの新たな才能を見出し、考えもしなかったような求人を紹介してくれることもありますよ。

不安な転職活動ですが、転職活動のプロに任せれば安心です。
大船に乗った気持ちで転職活動をすすめましょう。

忙しい時期や曜日をあらかじめ伝えておく

教員は年間を通して、忙しい時期や曜日がだいたい決まっています。

運動会前やテスト期間、通知表作成など多忙期の多い教員だからこそ、あらかじめ忙しい時期や曜日を伝えておくと良いでしょう。

年間予定表を見ながら忙しい時期や曜日を伝えておけば、転職エージェントとのやり取りがスムーズに行えます。

忙しい時期を踏まえて、転職活動の計画を立てれば余裕を持ってすすめることも可能です。

転職理由や希望条件を明確にしておく

転職エージェントでキャリアアドバイザーと面談や相談をしながら、あなたの転職理由や希望条件を明確にしていきましょう。

転職理由や希望条件を明確にすると、あなたの将来像が見えてきます。あなたのなりたい未来が見えてくると、転職先に迷うことがなくなり、転職先でどんなことをしたいのかも明確になってきます。

漠然と転職を希望していたあなたも、キャリアアドバイザーと何度もやり取りすれば、やりたいことが出てくるでしょう。

やりたいことが見つかり始めると、それに向かって意欲や情熱が湧いてきます。すると、企業側にも魅力的な人物として映り始め、転職を成功させられるでしょう。

>>教員転職におすすめの転職エージェント6選

教員経験を発揮できる異業種転職先一覧

転職先に困ったら、教員経験を存分に発揮できる転職先を見つけましょう。
教員経験を活かせる異業種転職先をまとめました。

進学塾・予備校・フリースクール

教員の転職先として最も多いのは、進学塾や予備校の講師・塾長、フリースクールのスタッフです。
子どもに学習を教えたり、心の健康をサポートしたりする経験が活きてきます

ただし、進学塾や予備校は、学校現場とは違います。子どもたちの成績向上が絶対的な目標だからです。

合格率や志望校合格者数、定期テストの順位など明確な目標を持って、仕事をします。

また、フリースクールのように学校に通えなくなってしまった子どもたちのサポートは、今まで以上に大変に感じられるでしょう。

教員は専門性の高い職業です。そのため、学校教育よりも学習面・精神面で子どもたちの喜ぶ顔が見たいという方は、進学塾・予備校・フリースクールがおすすめです。

教育系の一般企業(教材企画・教育コンサル)

教材企画や教育コンサルなどの教育系の一般企業も、教員からの転職が多い職業です。

教材企画の仕事内容は、教科書や教材の出版社、通信教育、塾・予備校、eラーニングなどの会社で教材を企画・作成・編集します。

教育コンサルの仕事内容は、学校や塾に対して集客・広報・ブランディングなどのアドバイスをしたり、教育内容や教材に関する企画提案をしたりします。 また、学習者個人に対しては、学習計画の策定や進捗管理を行いながら目標達成に導くことが主な仕事です。

教材研究で読み込んだ学習指導要領をより深く理解し、より良い教材を生み出せる仕事はやりがいがあります。
学校現場で培ったノウハウを活かせる、素敵な職業です。

営業職

児童や生徒、保護者への対応が丁寧にできる教員は、営業職への転職もおすすめです。

営業職の内容は、個人向けカウンセリングの営業職や人材関連企業のキャリアアドバイザーなどです。

教員は相手の気持ちを考えて提案したり、相手の話を聴く姿勢に長けていたりするので営業職で大活躍できるでしょう。

また、学校向けの業務支援ツールなどを扱っている営業の場合、学校現場のことを良く知っている教員にぴったりです。

学校現場で経験したことを基にして、具体的な提案をしたり顧客理解がしやすかったりします。

教員はコミュニケーション能力が高い方が多いため、営業職に向いています。

事務職

コツコツと事務的な仕事が得意な教員は、事務職に向いています。

特に、小学校・中学校・高校・大学などの教育機関の学校事務(教務事務)は、教員経験が活きる職業として転職先に選ぶ方も多いです。

学校事務は、学生の学校生活を送るうえでの手続き支援や、予算・決算といった経理の仕事、入学式・卒業式などの行事の準備などの仕事をします。

学校の年間予定を良く知っている教員ならば、仕事の段取りもしやすく、すぐに仕事内容にも慣れるでしょう。

ベンチャー企業

教員はビジネス経験の少なさが弱点です。
しかし、ベンチャー企業では実務経験の有無よりも、人間としての伸びしろを評価して採用するケースが多くあります。

そのため、教員でも活躍しやすい環境です。

特に、児童や生徒のために自主的に教材研究できる姿勢や人間関係への対応力の高さ、プレゼンテーション力は、ベンチャー企業に適しています。

また、長時間のサービス残業を苦とせず、そして、教員試験を突破している真面目さなどは、ベンチャーで活躍する下地ができています

>>教員転職におすすめの転職エージェント6選

条件・年代別|教員転職のポイント

教員の転職ポイントをご紹介します。条件や年齢別で、転職する際のポイントをまとめました。

ぜひ、参考にしてください。

女性教員が転職する際のポイント

結婚や出産などにより、より良いワークライフバランスを求めて転職を希望する教員は大勢います。

そこで、転職する際は教員よりもワークライフバランスが良い求人を選びましょう。

特に子どもが小さい場合は、急な発熱などで仕事を急に休まなくてはならないときもあるでしょう。

転職先は急な休みにも対応してくれる、子育て世代に優しい企業を選びたいですよね。

また、男女平等に評価される企業を選ぶこともポイントです。教員時代と同じように、男性と肩を並べて働ける職場なら、違和感なく職場に溶け込めるでしょう。

20代の教員が転職する際のポイント

教員からの転職は、ビジネススキルが弱点の方も多いようです。

しかし、20代の転職であれば、ビジネススキルよりもポテンシャルが重要視されるため、転職が有利です。

企業の情報をしっかりと集め、将来の展望やあなたがやりたいことを具体的にまとめましょう。

また、教員生活で得た経験や専門性の高い知識、伝えるというプレゼンテーション力、コミュニケーション能力は、あなたの武器になります。

アピールできる強みを整理して、転職に活かしましょう。

30代の教員が転職する際のポイント

30代の転職になると、ポテンシャルよりも職務内容や実績が重視されます

学年主任などの主任職、研究員などの実績や経験が、どれだけ企業で活かせるかをアピールしましょう。

ただし、教員生活で養った実績や経験は言語化しにくいという難点があります。難しい場合は、転職エージェントを頼り、転職に有利な言葉であなたの強みを表現してもらいましょう。

また、30代になると結婚や子育てなどを経て、付き合う人脈が変化します。
チャンスと捉え、転職先の企業や興味のある業界の方と人脈を築いておくのもポイントです。

40代の教員が転職する際のポイント

40代の転職は、求人情報が少なく、給与も下がることから難しいです。しかし、転職条件の視点を変えると転職しやすくなります。

「給与よりも自分の時間を大切にしたい」「家族とゆったりとした時間を持ちたい」など労働環境の変化を転職の目的としましょう。目的の着目点を変えることで、転職先も見つかりやすいでしょう。

また、40代教員という豊富な経験とスキルを活かして、転職先を探すという方法もあります。

専門性がより高いため、英語や音楽、スポーツなどあなた独自の強みをアピールできます

教員転職に役立つサービス一覧|後悔しないために

転職しようと思い立ったら、後悔しないためにも、手軽に使えるサービスを活用しましょう。
教員転職に役立つサービスを4つ、ご紹介します。

転職エージェント

まずは、気軽に登録できる転職エージェントがおすすめです。
転職エージェントは、転職活動を専任の担当者がサポートしてくれるサービスです。特に、初めて転職活動する方や仕事をしながら転職する方におすすめします。

下記のようにあなただけでは不安に感じられることを無料で行ってくれますよ。

  • キャリア面談
  • 企業の紹介
  • 書類や面接のアドバイス
  • 面接日程の調整
  • 給与交渉
  • 退職交渉のサポート
  • 入社準備のサポート

また、あなたの新たな能力を引き出し、意外な求人へと導いてくれることもあるでしょう。
転職のプロがあなたをサポートしてくれるため、とても心強いです。

>>教員転職におすすめの転職エージェント6選

元教員の方が書いている転職ブログ

転職活動をするときに、元教員の方が書いている転職ブログも役立ちます。転職した理由や転職先に向いている業種の紹介、成功体験がリアルに綴られています。

また、転職活動の計画の立て方や退職の仕方など、元教員だからこそ参考にしたい情報が満載です。

同僚や上司には話せない悩み事も、元教員の方が書いている転職ブログを閲覧すると解決することもあるでしょう。

ハローワーク

転職先を探すために、ハローワークを利用する方法もあります。ハローワークは、厚生労働省が行う職業紹介・就職支援サービスです。

転職エージェントと同様、下記も無料で受けられます。

  • 仕事紹介
  • 職業相談
  • 履歴書や職務経歴書の添削
  • 面接対策

また、職業訓練や就職支援につながる各種セミナーも受講できます。

転職エージェントとの違いは、全国に拠点を持っているため求人数が多く、地元就職がしやすいところです。

しかし、ハローワーク窓口へ足を運ばないと登録や求人探しができません。多忙な生活を送る教員には、ハローワークも取り入れると転職活動に効果的です。

資格講座やビジネススクール

ビジネス経験の乏しさは教員の転職活動においてネックになりがちです。

そこで、転職活動をすすめながら、資格講座を受講したりビジネススクールに通ったりするのもおすすめです。地域によっては条件付きで、低価格な資格講座やビジネススクールが受講できます。

また、空いている時間を利用して、コツコツと自宅で資格講座を勉強するのも良いでしょう。

教員の経験やスキルにプラスして、転職に有利になる資格やビジネスの知識や理解が身に付けば、転職も怖くありません。

教員と転職活動を両立するコツ|体験談から学ぶ

教員は忙しく転職活動に費やせる時間が限られていますよね。忙しい状況でも、仕事と転職活動を両立させるコツをご紹介します。

スキマ時間を活用する

仕事の合間のスキマ時間をうまく活用して転職活動に取り組みましょう。たとえば、移動時間や昼休み休憩などが挙げられます。

連絡の返信や応募書類の作成など、少しずつでも転職活動を進めていくことが可能です。

スキマ時間を有効活用するには、やるべきことをTODOリストにしておきましょう。

やるべきことを明確にしておくと何をするか考える時間を省けるため、すぐに作業に取り組めます。

転職サイトによっては応募書類作成ツールや自己分析に役立つ診断ツールが利用できます。

便利ツールを利用すると短い時間でも作業に取り組みやすいため、積極的に活用しましょう。

とにかく転職エージェントを頼る

仕事量が多くて忙しい教員が転職活動をスムーズに進めるためには、転職エージェントを頼りましょう。

転職エージェントに登録すると、求人紹介から選考対策、応募先との日程調整まで支援してもらえます。
本来なら多くの時間と手間のかかる以下の作業を大幅カットできます。

  • 求人検索
  • 選考対策
  • 面接や入職の日程調整

たとえば、本来であれば求人を1つずつ確認して気になる求人を選んでいかなければなりません。

しかし、転職エージェントであれば初めに希望を伝えておくだけで、あなたにぴったりの求人を紹介してもらえます。

もちろん、対面である必要はなく、電話やメールで紹介してもらえるため多くの時間を取らずに済みます。

また、希望業種の転職動向に関する情報や応募先企業の情報なども教えてもらえるため、情報収集のために多くの時間を割く必要もありません。
転職エージェントのサポートを上手に活用して、効率良く転職活動を行いましょう。

>>教員転職におすすめの転職エージェント6選

時短テクを活用し残業時間を減らす

転職活動に充てる時間を増やすために、時短テクを活用して残業時間を減らす意識が大切です。

具体的には、以下のテクニックを使いましょう。

  • 提出物はその場でチェック
  • 教材研究や学級通信はスマホで広報
  • 採点しやすい解答用紙作り
  • 子どもに任せる

また、教員は仕事量が多いため、業務の棚卸をして必要でない業務を減らすこともおすすめです。

教室の掲示物作成や生徒の提出物へのコメントなどは多くの作業時間が必要です。簡素化したり、不要な作業はなくしたり、業務の見直しをしてみましょう。

教員から民間企業に転職する際のQ&A

教員から民間企業への転職を考えている方も多いのではないでしょうか。

民間企業への転職に関するQ&Aをご紹介します。

転職すると教員時代以上に年収アップする?

教員が民間企業に転職する場合、年収アップは難しいでしょう。なぜなら、教員の年収はほかの業種と比べて高水準だからです。

賃金構造統計調査を参考に「きまって支給する現金給与額」12ヶ月分と「年間賞与その他特別給与額」から、全国の小・中学校教員と高等学校教員の平均年収を算出しました。

きまって支給する
現金給与額
年間賞与
その他特別給与額
年収
小・中学校教員 44万8,500円 175万7,600円 713万9,600円
高等学校教員 43万1,800円 163万1,000円 681万2,600円

平均年収は小・中学校教員が約714万円、高等学校教員が約681万円です。

日本の平均年収は433万円であり、教員の年収は他の業種に比べて高水準であることがわかります。

そのため、民間企業への転職で年収アップは難しいでしょう。

(参照:政府統計ポータルサイト

転職サイトと転職エージェントの違いは?

転職サイトは希望条件を設定して求人検索をし、気になった求人に応募して転職活動を進めます。

一方、転職エージェントは担当者からあなたのスキル・経験や希望条件に合った求人を紹介してもらえます。

また、転職エージェントは応募書類の添削や選考対策などの親身なサポートを受けることが可能です。一般的に出回っていない非公開求人を紹介してもらえることもあります。

>>教員転職におすすめの転職エージェント6選

>>【転職サイト】おすすめランキング
(参照:e-gov
(参照:厚生労働省職業安定局

教師から転職できない業界や求人はある?

教師だからという理由で転職できない業界はありません。しかし、教員としての経験やスキルが活かせない仕事への転職は難しいです。

なぜなら、ビジネススキルが乏しいと見られることが多いからです。

今までの経験が活かせるような教育商材を扱う仕事や教員資格を活かせる職種への転職をおすすめします。

しかし、20代の方はポテンシャル採用をしてもらえる可能性があります。そのため、未経験業界への転職にも挑戦しやすいですよ。

転職エージェントを利用する流れは?

転職エージェントを利用するには、最初に会員登録をします。

会員登録をすると、担当者との面談が行われ、転職活動のサポートを受けることが可能です。

面談でのヒアリングをもとに、あなたに合った求人を紹介してもらえます。

応募したい求人が決まると、応募書類作成のサポートや面接対策、応募先との日程調整などの手厚いフォローが受けられますよ

無事に応募先企業への内定が決まると条件交渉や入社日の調整をしてもらい、就業開始に至るという流れです。
>>教員転職におすすめの転職エージェント6選

教員から転職できる?転職活動のポイントやおすすめ転職先を紹介のまとめ

この記事では、教員の転職に強い転職エージェントを6選ご紹介しました。

サポートも手厚いと評判の転職エージェントを使うことで、男性女性問わず転職成功率が上がります。

しかし、転職エージェントは複数登録が基本です。

希望の条件に合う職場に転職するためにも、ぜひ2~3社以上登録しましょう。
>>教員転職におすすめの転職エージェント

参考文献
厚生労働省
転職活動を始めてから直前の勤め先を離職するまでの期間
職業紹介事業の概要
平成27年転職者実態調査の概況
労働市場における雇用仲介の現状について
今後の労働市場動向について
採用選考に関するアンケート
自己都合による離職の理由別転職者割合
職業生涯を通じたキャリア形成
転職活動の際にキャリア・プランを上手にアピールする方法
しょくばらぼ
おしごとアドバイザー
労働法制の動向

内閣府
多様化する職業キャリアの現状と課題
働き方の変化と経済・国民生活への影響
ワーク・ライフ・バランスに関する意識調査」結果速報について
就職生活に関する意識
転職が特になる国、ならない国
女性のライフプランニング支援に関する調査結果概要〜30代・40代女性のライフコース選択の希望と現実〜

独立行政法人労働政策研究・研修機構
新型コロナが雇用・就業・失業に与える影響
中高年齢者の転職・再就職調査
就労等に関する若者の意識
入職初期のキャリア形成と世代間コミュニケーションに関する調査
転職市場における人材ビジネスの展開

経済産業省
大都市圏の早期離職者等と地方の中堅・中小企業とのマッチングを促進するための新たな取組と政府等による関連支援策等について

総務省統計局
雇用者(正規・非正規の職員・従業員の動向など)