「キャリトレの評判や実態ってどうなの?」
「他の転職サイトとの違いは?」

と気になっている方も多いのではないでしょうか。

転職を成功させるために、利用する転職サイト・エージェントの評判や口コミは事前にチェックしておきたいですよね。

そこで、この記事では

  • 実際の利用者からの評判・口コミ
  • キャリトレのメリット・デメリット

などについて詳しくご紹介します。
>>キャリトレの詳細を見る

さらに、他の転職サイトとの比較や退会方法、よくある質問などのお役立ち情報もまとめています。

この記事を参考に、キャリトレを利用するかどうか判断してみて下さい。
>>キャリトレの口コミをみる

記事の目次

キャリトレの特徴や他社との比較

この章では、キャリトレの求人数や拠点などの基本情報や、特徴などをまとめて解説します。

また、他社との比較もしているのでぜひ参考にしてください。

>>先に評判・口コミを確認する

転職サイトは2〜3社の登録がおすすめ

  • より多くの求人から比較検討できる
  • 担当アドバイザーとの相性を探れる
  • 自分にとって使いやすい転職サイトを選べる

キャリトレの基本情報


キャリトレ

公開求人数 約115,000件
拠点 北海道・青森・岩手・
宮城・秋田・山形・福島・
東京・神奈川・千葉・
埼玉・茨城・栃木・群馬・
山梨・長野・新潟・富山・
石川・福井・愛知・静岡・
岐阜・三重・大阪・兵庫・
京都・滋賀・奈良・広島・
和歌山・岡山・鳥取・
島根・山口・香川・愛媛・
高知・徳島・福岡・佐賀・
長崎・熊本・大分・宮崎・
鹿児島・沖縄
主な対応職種 インフラ、IT・インターネット
エンターテインメント、金融
建設・不動産、コンサルティング
商社、マスコミ・メディア
メディカル、メーカー
流通・小売・サービス、その他
料金 無料
運営会社 株式会社ビズリーチ
有料職業紹介事業 許可番号 13-ユ-306019
公式サイト https://www.careertrek.com/

キャリトレの特徴

ここでは、キャリトレの特徴を簡単にご紹介します。

キャリトレの特徴
20代向けの求人を多数掲載
人工知能が志向性に合った求人を紹介
企業からスカウトが届く

キャリトレは、初めての転職に挑戦する20代におすすめの転職サイトです。
キャリトレは、これまで50万人以上の方に会員登録されており、20代の登録会員はそのおよそ70%を占めています。
20代を採用したい優良ベンチャー企業、大手企業などの求人が多数掲載されています。

自動でおすすめされる求人の中から魅力を感じた求人に「興味がある」を選択すると、次第に人工知能があなたの希望にあった求人をレコメンドしてくれるようになります
また、あなたの経歴・希望条件を見て興味を持った企業から、スカウトメッセージが届くこともあります
転職エージェントのようなサポートはありませんが、マイペースに転職活動を進めていきたい方にもおすすめです。
これらの機能を活用することで、効率的かつ気軽に転職活動を進めることができます

キャリトレと他の転職サイトの比較

ここではキャリトレとその他の代表的な転職サイトとの比較を、求人数の観点から解説します。

公開求人数
キャリトレ 約115,000件
doda 約110,000件
リクナビNEXT 約52,000件

キャリトレには、20代向けの求人が多数用意されています。
他の転職サイトと比較しても、豊富な数の求人が掲載されているので希望に合った求人を見つけやすいです。

>>キャリトレに登録する

口コミ調査で分かったキャリトレのメリット

この章では、口コミ調査で分かったキャリトレのメリットをご紹介します。

スカウトメールを受け取れる

スキルや資格、職務経歴などのプロフィール情報を充実させたり、気になる求人に「興味がある」を選択することで、企業やヘッドハンターからスカウトメールが送られてくることがあります。
スカウトメールに返信することで、企業の採用担当者、もしくはヘッドハンターとマッチングし、面接・面談に移行します。

口コミアイコン
Sさん

ITとかベンチャー狙いなら転職サイトはキャリトレがおすすめです。私は2回ともこれで成功してます。

webの履歴書ちゃんと書いておけばこんな感じで自分だけにカスタマイズされたスカウトめっちゃきます。(面接で不合格なのがオチ)

出典:Twitter

アプリの使い勝手が良い

UIがシンプルで使いやすい」「求人情報が見やすい」「チャット機能が便利」など、アプリの利便性に関する口コミが見つかりました。
キャリトレは転職アプリが実装されており、スカウト機能はもちろん、転職ノウハウ記事の閲覧や合格診断など、転職サイトと同じ機能が使えます
転職アプリならば、いつでもどこでも手軽に転職活動を進めることができます。

口コミアイコン
Hさん

20代向け転職サイト所感

ビズリーチ社の #キャリトレ が、一番使いやすいかな。

求人レコメンドの精度も高いしベンチャーでも魅力的な求人多いね。

応募からの流れが、アプリ内チャットでスムーズなのもいいね。

まだ、転職考えてないけど登録してるだけでも市場価値測れるしメリットあるで。

出典:Twitter

幅広い職種に対応

キャリトレは総合の転職サイトのため、ITから建設まで幅広い職種に対応しています
そのため、幅広い選択肢の中から自分の希望に合った求人を探すことができます。
また、若手を求める優良ベンチャー企業、大手企業の求人も豊富に取り揃えられています。

口コミアイコン
Tさん
抜群 幅広い職業があり、自分に合った職場が見つかると思います。ガンガン活用したいです。

出典:Google Play

口コミ調査で分かったキャリトレのデメリット

ここまで、口コミ調査で分かったキャリトレのメリットをご紹介してきました。

ここからは、キャリトレのデメリットについてご紹介します。

アプリの使い勝手が悪い

キャリトレはアプリでも利用できますが、レビュー欄で「アプリの動作が遅い」「操作性が悪く使いにくい」などの声が複数見つかりました。
アプリは定期的に更新されており、その度に新機能の追加や不具合の修正が行われています。
それでも使い勝手が悪いと感じた場合は、Webでの利用をおすすめします。

口コミアイコン
Yさん
動作が信じられないくらい重く、使い物にならない

出典:Google Play

地方の求人は少ない

「スカウトで東京の求人しか送られてこない」「地方の求人がなかなか見つからない」などの口コミが複数見つかりました。
キャリトレは全国に対応していますが、東京・関東圏の求人を多く取り扱っているようです。
そのため、関東圏以外の求人を探している方は、他の転職サイトを利用してみると良いでしょう。

口コミアイコン
Pさん
キャリトレ、東京方面のスカウトしか来ない

出典:Twitter

>>キャリトレ以外に登録すべき転職サイト・エージェント

キャリトレの利用が向いている人の特徴

ここでは、キャリトレの利用がおすすめな方の特徴をご紹介します。

自分に合った求人を見つけたい方

自動でおすすめされる求人に「興味がある」を選択すると、自分の希望に近い求人がレコメンドされるようになります

1日たった5分間その作業をするだけで興味のない求人が提案されることは減り、気軽かつ効率的に転職活動を進めることができます

企業からスカウトを貰いたい方

キャリトレは、これまでの職歴や希望条件を登録することで、あなたのプロフィールを見た企業からスカウトメッセージが届くことがあります
スカウトを介しての応募は、普通に応募するよりも合格する可能性が高くなっています

書類選考に自信のない方

求人に応募する前に、書類選考を通過できる可能性を診断することができます
履歴書や希望条件などの情報を基に診断され、S・A・B・C・Dの5段階で評価されます。
求人に応募しても入社できるか不安な方におすすめです。

キャリトレ以外に登録すべき転職サイト・エージェント

転職活動においては、複数の転職サイトや転職エージェントを同時に利用することで効率的に仕事探しを進められます。

キャリトレの他に複数の転職サイトを併用し、あなたの転職活動を成功させてください。

キャリトレを最大限活用するための4つのポイント

ここからは、キャリトレを利用して転職活動を失敗しないように進めるためのコツをご紹介します。
ただ求人を紹介してもらうだけではなく、しっかり活用して後悔のないように転職をしてください。

推薦書は内容を確認する

キャリトレから応募した企業には、あなたが作成した履歴書や職務経歴書と共に、キャリアアドバイザーが作成する推薦書も送られます。
もし書類選考の通過率が悪い場合は、推薦書に問題がある可能性もあります。

そのため、書類選考に進む際には、あなたの強みがきちんと伝わるような推薦書になっているかどうか、内容を確認させてもらいましょう。

条件を指定しすぎない

希望条件を指定しすぎると、当然紹介される求人数は減ってしまいます。
キャリトレの担当アドバイザーに希望条件を伝える際は、絶対に譲れない条件とそうでない条件を区別して伝えましょう。

ある程度条件に幅をもたせた転職先を紹介してもらうことで、転職活動が安定的に進む可能性が高まります。
希望条件に優先順位を付けることが、希望に合う求人に出会うためのポイントです。

自分の転職活動ペースを乱さない

転職サイトは、求人企業から手数料を受け取ることで、求職者に無料でサービスを提供できています。
すなわち、あなたがキャリトレを利用して転職を成功させることが、転職サイト側の売上につながります。

そのため、担当アドバイザーによっては、できるだけ早く転職活動を進めようと急かしてくる場合もあります

もし急かされたとしても、しっかり自分が行きたい方向性とあっているかを考え、転職活動のペースを乱さないようにしましょう。
断る理由をしっかり伝えておけば、転職の方向性が担当アドバイザーと統一されていきます。

転職サイトは複数登録しておく

転職活動を進める上では、2〜3社の転職サイトへの登録がおすすめです。

複数の転職サイトに登録すると

  • より多くの求人に出会える
  • 担当者の相性を比較できる
  • 選考対策をしっかりできる

などのメリットがあります。

登録は1分程度で完了しますので、おすすめの転職サイトからいくつか登録してみてくださいね。
>>おすすめ転職サイトを見る

キャリトレを利用する流れ

この章では、キャリトレを利用して転職する際の流れを解説します。

登録

基本情報と就業状況・希望条件を入力するだけで、簡単に登録できます。

>>キャリトレに登録してみる

求人探し・応募

「企業からの応募リクエスト」や「求人特集・公募」などから気になる求人を探して応募します。
企業からスカウトが届くこともあります。

書類選考・面接の準備

求人に応募したら、書類選考や面接を通過できるように対策をします。
キャリトレでは、転職に役立つ記事が掲載されています。

キャリトレに関するよくある質問と回答

この章では、キャリトレの利用によくある質問と回答をまとめています。

キャリトレの登録、利用は本当に無料?

キャリトレの登録、利用は無料です。

これは、転職サイトが企業側から報酬を得ていることが理由です。

そのため、求職者は無料で求人紹介や面接対策などのサポートを受けられます。

>>キャリトレに登録

キャリトレの求人は地方にもある?

キャリトレの求人は、地方にもあります。

しかし、地域によって数にはばらつきがあるため、他にも2~3社ほど転職サイトに登録しておきましょう。
>>併用がおすすめの転職サイトを見る

正社員ではなく派遣での利用はできますか?

キャリトレは正社員転職の転職・中途採用のための転職サイトであるため、派遣社員の求人は扱っていません。

派遣社員の選択肢も考えている方は、転職サイトの他にも派遣会社に登録しておくことをおすすめします。

担当アドバイザーとの相性が悪いときは?

転職活動を進めていく中で、キャリアアドバイザーとの相性が良くないと感じることもあるかと思います。

そんなときは、我慢しすぎずに担当の変更をお願いしましょう。

今の担当者に変更を依頼しづらい場合は、問い合わせフォームから連絡してみましょう。

キャリトレの退会方法は?

アプリの場合は、マイページをタップした後、画面右上にある歯車アイコンをタップします。
「このアプリについて」をタップした後、「退会する」を選択すると退会手続きに進みます。
ブラウザーの場合は、その他の内の設定を押し、退会手続きに進みます。

キャリトレの運営会社は?

キャリトレの運営会社は、株式会社ビズリーチという会社です。
株式会社ビズリーチは、インターネットを活用した人材サービス事業などを展開しています。

キャリトレの口コミ・評判まとめ

この記事では、キャリトレの利用者からの評判・口コミを紹介し、それをもとに分かった登録のメリットやデメリットをご紹介しました。

求人数が多く、サポートも手厚いと評判のキャリトレを使うことで、男性女性問わず転職成功率が上がります。

しかし、転職サイトは複数登録が基本です。

希望の条件に合う職場に転職するためにも、ぜひキャリトレを含め2~3社以上登録しましょう。

>>登録がおすすめの転職サイトを見る