【公認会計士におすすめの転職サイト13選】条件別に転職成功のコツもご紹介

当サイトはアフィリエイト広告を掲載しています

Check最初に登録すべき転職サイト
◆「MS-Japan
経理・人事・法務・会計士・税理士・弁護士に特化
職種ごとに精通したアドバイザーが支援
>>公式サイトで詳しく見る

◆「doda
公開求人数は20万件以上※
匿名で転職活動ができる!
>>公式サイトで詳しく見る
※2023年10月時点

「会計士の転職をしたい」
「自分に合う会計士転職サイトの選び方を知りたい」

このように考えている方はいらっしゃいませんか。
1人で求人検索をしたり、転職に必要な情報を集めることは大変ですよね。

そこで、この記事では会計士転職を目指す方に向けておすすめの転職サイトや転職成功のポイントをご紹介します。

>>おすすめの会計士転職サイトはこちら

EvoWorkは、厚生労働大臣から有料職業紹介事業の許可を受け、職業紹介事業(許可番号:13-ユ-312365)と労働者派遣事業(許可番号:派13-315657)の、人材関連サービスも展開しているビジコネット株式会社が運営しています。

おすすめの転職サイト

MS-Japan

1.MS-Japan

公式サイト→

経理・人事・法務・
会計士・税理士・弁護士
に特化
各職種に精通したアドバイザー
求人数 約8,000件
総合評価 5.0/5.0

doda

2.doda

公式サイト→

公開求人数は20万件以上
匿名で転職活動ができる!
プロがあなたの転職を徹底サポート
求人数 約200,000件
総合評価 4.8/5.0

リクルートエージェント

3.リクルートエージェント

公式サイト→

国内最大級の求人数を誇る
好条件の非公開求人が豊富!
求人数 約400,000件
総合評価 4.8/5.0

※2023年3月時点

記事の目次

公認会計士におすすめしたい転職サイト

公認会計士におすすめの転職サイトを13サイトご紹介しています。

ぜひ、あなたに合う転職サイトを見つけてみましょう。
また、転職サイトは複数利用することがおすすめであるため記事を参考に登録してみてください。

転職サイトは2〜3社の登録がおすすめ
・より多くの求人を比較
・相性の良い担当者を探す
・使いやすいサイトを探す

1.MS-JAPAN(エムエスジャパン)

MS-JAPAN(エムエスジャパン)

MS-JAPAN(エムエスジャパン)の特徴

  • 会計士の分野に特化した求人から選べる
  • 20代から40代以上の転職に対応している
  • 会計や経理に特化したスタッフが揃っている

MS-JAPANは経理や財務などの管理部門と、会計士や税理士などの士業の分野に特化した転職サイトです。
それぞれの業界に精通したアドバイザーが揃っており、会計士や税理士の資格を実際に持つスタッフもいます。

また、30年以上の転職支援実績から得たノウハウを持っているため、会計士転職を考えているあなたに的確なアドバイスをくれるでしょう。

そして、保有求人のほとんどが非公開求人で、中にはMS-JAPANのみが保有する限定非公開求人もあり、サイトに登録することで紹介してもらえます。

MS-JAPANは大手上場企業や会計事務所、ベンチャー企業まで幅広い企業規模に対応しており、対応職種も会計事務所や監査法人、金融企業まで扱っていることも特徴です。

第二新卒を含む20代から40代以上の転職をサポートしている実績があるため、会計士の転職を考えているすべての方におすすめです。

他にも職種別セミナーや個別相談会が常時実施されているため、転職に不安を抱えている方や転職が初めての方などは活用してみると良いでしょう。

>>公式サイトを見る

求人数 約9,800件 ※2023年2月時点
対応職種 経理・財務、人事・総務、法務、外資・グローバル企業、IPO、公認会計士、弁護士、税理士、会計事務所・税務スタッフ
対応雇用形態 不明
求人の評判
サポート充実度
おすすめ度
対応地域 北海道・青森・岩手・宮城
秋田・山形・福島・東京
神奈川・千葉・埼玉・茨城
栃木・群馬・山梨・長野
新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重
大阪・兵庫・京都・滋賀
奈良・和歌山・広島・岡山
鳥取・島根・山口・香川
愛媛・高知・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分
宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイト https://www.jmsc.co.jp/

関連記事:
MS-Japanの評判|口コミや体験談を徹底解説

2.doda(デューダ)

doda(デューダ)

doda(デューダ)の特徴

  • 業界最大級の求人が揃っている
  • 転職が初めての方でも使いやすい
  • 丁寧なサポートが受けられる

doda(デューダ)は、大手人材派遣会社が運営する総合型転職サイトです。
業界内最大規模の求人数を誇っており、会計や経理分野の求人も多数扱っています。

サイトに登録すると、専任のアドバイザーがあなたの転職をサポートしてくれます。

また、アドバイザーは、経理や財務についての専門知識を持っているため、仕事内容や転職先などについて不安なことを解決してくれそうですね。

dodaは、転職後に仕事内容や職場環境などの悩みが生じた際にも、アドバイザーが相談に乗ってくれます。

他にも、長年の転職実績を活かした転職ノウハウをまとめたコンテンツが揃っていることが特徴です。
例えば、転職準備に必要なことをマンガでわかりやすくまとめた記事や、履歴書のテンプレートなどがあります。

多くの求人を保有していたり、各分野専門のアドバイザーのサポートが受けられたりすることから、初めて転職する方や未経験で転職を考えている方に特におすすめです。

>>公式サイトを見る

求人数 約200,000件(非公開求人を含む)
※2023年3月時点
対応職種 経理・財務・会計・内部統制、監査法人・法律・労務、総務・法務・知財・内部監査、ビジネスコンサルタント
対応雇用形態 正社員、契約社員、その他
求人の評判
サポート充実度
おすすめ度
対応地域 北海道・青森・岩手・宮城
秋田・山形・福島・東京
神奈川・千葉・埼玉・茨城
栃木・群馬・山梨・長野
新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重
大阪・兵庫・京都・滋賀
奈良・和歌山・広島・岡山
鳥取・島根・山口・香川
愛媛・高知・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分
宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイト https://doda.jp/

関連記事:
doda(デューダ)の評判・気になる口コミは本当?賢い使い方や注意点も徹底解説

3.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントの特徴

  • 転職支援実績が豊富
  • 書類・面接対策が充実している
  • 非公開求人が豊富

リクルートエージェントは、高い転職支援実績を誇る総合型転職サイトです。
転職業界では最大級の求人数を誇り、34万件以上の中からあなたに合う求人を検索できます。

また、求人検索サイトでは見られない非公開求人を多く取り扱っていることが特徴です。
非公開求人とは、高給与や好条件であり応募が集中する可能性があるため、普段は非公開にされている求人のことです。

非公開求人は、サイトに登録することでアドバイザーの方から紹介してもらえるため、気になる方はサイトに登録して希望の求人に出会える可能性を広げましょう。

登録は、公式サイト上であなたの職歴や転職希望時期などを記入するだけで完了します。

登録後は、あなた専任のアドバイザーがあなたの転職活動を丁寧にサポートしてくれるため、キャリアについての不安や悩みを解消しながら転職を進められそうですね。

また、サポート面では、書類や面接対策が充実しており、利用者からの満足度が高いです。
面接で伝えるべきアピールポイントやスキルなど、あなたの魅力を引き出してくれるでしょう。

>>公式サイトを見る

求人数 求人数:634,427件
※2023年3月30日時点
対応職種 財務、経理、会計、法務・総務・広報、人事、コンサルタント
対応雇用形態 正社員、業務委託
求人の評判
サポート充実度
おすすめ度
対応地域 北海道・青森・岩手・宮城
秋田・山形・福島・東京
神奈川・千葉・埼玉・茨城
栃木・群馬・山梨・長野
新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重
大阪・兵庫・京都・滋賀
奈良・和歌山・広島・岡山
鳥取・島根・山口・香川
愛媛・高知・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分
宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイト https://www.r-agent.com/

関連記事:
リクルートエージェントの評判・口コミ|徹底調査からわかる賢い使い方も

4.パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアの特徴

  • 年収を上げたい方におすすめ
  • スカウト制度が利用できる
  • 利用者満足度が高い

パソナキャリアは、年収が800万円以上での転職を目指せるハイクラス転職サイトです。
総合的な職種の求人を取り扱っており、経理や財務分野の求人も豊富にそろっています。

また、利用者満足度が高く、丁寧なヒアリングにより、あなたによりマッチする企業を紹介してもらえることが評価されています。

そのため、スキルを活かした転職がしたい方や、年収アップを目指したい方など、あなたの状況に応じた転職サポートを行ってくれるでしょう。

さらに、パソナキャリアの特徴の1つにスカウト制度があります。
スカウト制度とは、あなたの職歴やスキルに応じた企業をアドバイザーに紹介してもらえる制度です。

スカウト制度を利用すると自分で求人を探す手間が省けたり、スカウトを受けた企業情報からあなた自身のスキルのレベルを図ったりできるため、転職をするか迷っている方にもおすすめです。

転職によってスキルアップしたい方や、スカウト制度や丁寧なサポートを受けながら転職したい方は、ぜひ登録してみましょう。

>>公式サイトを見る

求人数 約34,000件 ※2023年12月時点
対応職種 経理・財務・会計、内部監査・統制、法務・知財、特許、税理士、公認会計士
対応雇用形態 正社員
求人の評判
サポート充実度
おすすめ度
対応地域 北海道・青森・岩手・宮城
秋田・山形・福島・東京
神奈川・千葉・埼玉・茨城
栃木・群馬・山梨・長野
新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重
大阪・兵庫・京都・滋賀
奈良・和歌山・広島・岡山
鳥取・島根・山口・香川
愛媛・高知・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分
宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイト https://www.pasonacareer.jp/

関連記事:
パソナキャリアの評判・気になる口コミは本当?利用者の本音を徹底調査

5.JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントの特徴

  • スキルアップを目指す方におすすめ
  • 外資系の転職にも対応している
  • 専門的な知識があるアドバイザーが揃っている

JACリクルートメントは、総合的な職種を取り扱っている、ハイクラス転職サイトです。
ハイクラス転職とは、一般的に高給与や好待遇になる可能性が高い転職のことで、キャリアに応じてスキルアップを目指したい方におすすめです。

管理や専門職の転職に強く、ロンドン発祥の日系転職エージェントであることから外資系の企業にも対応しています。

そのため、外資系企業や英語力を活かせる企業に転職をしたい方は、サイトに登録し、他にはない求人に出会える可能性を広げましょう。

また、JACリクルートメントに在籍するアドバイザーは、業界ごとの専門知識を持っていたり、企業に対するより詳しい情報を持っていたりします。

あなたのスキルや経験に適した企業を紹介してくれ、その企業の内情や雰囲気などを教えてくれそうですね。

>>公式サイトを見る

求人数 約12,000件 ※2023年12月時点
対応職種 法務・知財、内部統制・監査、経理・財務、経営・事業企画
対応雇用形態 不明
求人の評判
サポート充実度
おすすめ度
対応地域 北海道・青森・岩手・宮城
秋田・山形・福島・東京
神奈川・千葉・埼玉・茨城
栃木・群馬・山梨・長野
新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重
大阪・兵庫・京都・滋賀
奈良・和歌山・広島・岡山
鳥取・島根・山口・香川
愛媛・高知・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分
宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイト https://www.jac-recruitment.jp/

関連記事:
JACリクルートメントの評判・口コミは本当?徹底調査による賢い利用方法を紹介

6.ビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチの特徴

  • 30代から50代の転職におすすめ
  • キャリアアップを目指せる
  • スカウト制度を利用できる

ビズリーチは、主にハイクラス転職をしたい方向けの総合型転職サイトです。
また、ビズリーチのハイクラス転職は、年収アップや管理職や経営職での転職が期待できます。

そのため、30代から50代で実務経験やスキルを活かした転職をしたい方に特におすすめです。

また、8万件以上の求人検索ができるため、希望に合う求人に出会う可能性が広がるでしょう。
さらに、サイトに登録するとビズリーチ独自の基準で選び抜かれた好待遇や良い役職などが期待できる優良企業からのスカウトを受け取れます。

スカウトを受けた企業とは、直接やり取りが可能なため効率的に転職活動を進めることができます。

他のサイトにはない求人にも出会える可能性があるため、効率的に転職を進めたい方やハイクラス転職を目指す方はぜひ登録して利用してみましょう。

>>公式サイトを見る

求人数 約109,000件 ※2023年12月時点
対応職種 公認会計士、税理士、知財管理・行政書士、経理、財務、管理会計、税務、IR、内部監査・内部統制、法務
対応雇用形態 不明
求人の評判
サポート充実度
おすすめ度
対応地域 北海道・青森・岩手・宮城
秋田・山形・福島・東京
神奈川・千葉・埼玉・茨城
栃木・群馬・山梨・長野
新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重
大阪・兵庫・京都・滋賀
奈良・和歌山・広島・岡山
鳥取・島根・山口・香川
愛媛・高知・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分
宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイト https://www.bizreach.jp/

関連記事:
ビズリーチの評判・気になる口コミは本当?賢い利用方法も徹底調査で判明

7.エンワールド

エンワールド

エンワールドの特徴

  • スキルアップを目指す方におすすめ
  • 外資系の転職にも対応している
  • 専門的な知識のあるアドバイザーが揃っている

エンワールドは、外資系企業の転職に強いハイクラス転職サイトです。幅広い業種の求人を総合的に取り扱っています。
会計士や税理士の転職では、英語スキルもアピールできるため、見逃せない転職サイトですね。

また、派遣や契約社員など雇用形態の選択肢が幅広く、ブランクやUターン転職にも対応しています。

そして、サイトに登録するとエンワールドに在籍する各地域や業界の専門的な知識と転職ノウハウを持ったアドバイザーが、あなたの転職を丁寧にサポートしてくれます。

特に、転職が成功し会社に入職したあとでも1年間サポートを受けられることが特徴です。
入職後にお仕事に対する悩みが生じた場合にも相談できる人がいることは安心ですね。

>>公式サイトを見る

求人数 約850件 ※2023年2月時点
対応職種 管理会計、経理・財務、内部監査・内部統制、税務
対応雇用形態 正社員、派遣、契約
求人の評判
サポート充実度
おすすめ度
対応地域 北海道・青森・岩手・宮城
秋田・山形・福島・東京
神奈川・千葉・埼玉・茨城
栃木・群馬・山梨・長野
新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重
大阪・兵庫・京都・滋賀
奈良・和歌山・広島・岡山
鳥取・島根・山口・香川
愛媛・高知・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分
宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイト https://www.enworld.com/

8.ハイスタ会計士

ハイスタ会計士

ハイスタ会計士の特徴

  • ミスマッチの少ない求人紹介が強み
  • 面接対策が充実している
  • 会計士転職に特化している

ハイスタ会計士は、公認会計士・税理士などの士業に特化した転職サイトです。
公認会計士や税理士など資格を持ちキャリアアップをしたい方におすすめで、会計事務所や監査法人企業の経理財務などへの転職が可能です。

求人は応募殺到の事態を避け効率的に活動を行うため、すべてが非公開求人でサイトに登録をするとアドバイザーから求人を紹介してもらえます。

アドバイザーは、会計士転職の知識が豊富で、業界特化の転職アドバイザーならではのキャリアアドバイスをしてくれるでしょう。

また、面接対策が充実しており転職成功率を高めるため、あなたの強みが引き出せるような指導を丁寧に行ってくれます。

ハイスタ会計士で扱っている求人は、大手有名企業から中堅規模、ベンチャー企業まで幅広くあります。

そして、ハイスタ会計士に在籍しているアドバイザーは求人先の企業について調査をしっかりと行っているため、企業の情報とあなたのスキルを総合的にに判断して求人を紹介してくれるでしょう。
そのため、ヒアリングを通じたミスマッチの少ない求人紹介が強みです。

求人紹介や面接対策などはすべて無料で利用できるため、サイトに登録して気になる求人を見つけてみてはいかがですか。

>>公式サイトを見る

求人数 すべて非公開求人 ※2023年2月時点
対応職種 公認会計士、監査法人、会計事務所、税理士、財務・経理、コンサルティング
対応雇用形態 不明
求人の評判
サポート充実度
おすすめ度
対応地域 北海道・青森・岩手・宮城
秋田・山形・福島・東京
神奈川・千葉・埼玉・茨城
栃木・群馬・山梨・長野
新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重
大阪・兵庫・京都・滋賀
奈良・和歌山・広島・岡山
鳥取・島根・山口・香川
愛媛・高知・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分
宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイト https://hi-standard.pro/

9.BEET-AGENT(ビートエージェント)

BEET-AGENT(ビートエージェント)

BEET-AGENT(ビートエージェント)の特徴

  • 管理部門に特化した転職サイト
  • 専門知識を持ったアドバイザーがいる
  • スキルや経験を活かしたハイクラス転職が可能

BEET-AGENT(ビートエージェント)は、経理や総務などの管理部門に特化した転職サイトです。
年収600万以上の求人や、上場企業の経理や財務の役職につけたりするハイクラス転職を支援しています。

また、これから上場する意欲を持ったIPO準備中の希少性が高い企業にも応募できる可能性があり、経験やスキルを活かしてやりがいのある仕事に携わりたい方におすすめです。

さらに、求人は非公開でありサイト登録をすることで、これらの求人を紹介してもらえます。

他にも、登録後は転職にかかわる面接や書類対策に加え、管理部門の転職市場について詳しいアドバイザーのサポートを受けられるため、効率的な転職活動が期待できそうですね。

BEET-AGENT(ビートエージェント)のアドバイザーは、あなたが転職したその先のキャリアまで考えたサポートを行ってくれるでしょう。

求人検索をして自分で気になる求人を見つける自己応募型の転職サイトではないため、年収や役職の上がる転職がしたいと考える方は、サイト登録してみましょう。

>>公式サイトを見る

求人数 すべて非公開求人 ※2023年2月時点
対応職種 経理、人事、総務、経営企画、法務、税務、管理会計、知財、内部監査、広報・PR、新規事業企画、IR
対応雇用形態 不明
求人の評判
サポート充実度
おすすめ度
対応地域 北海道・青森・岩手・宮城
秋田・山形・福島・東京
神奈川・千葉・埼玉・茨城
栃木・群馬・山梨・長野
新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重
大阪・兵庫・京都・滋賀
奈良・和歌山・広島・岡山
鳥取・島根・山口・香川
愛媛・高知・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分
宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイト https://beet-agent.com/

10.マイナビ会計士

※マイナビのプロモーションを含みます。
マイナビ会計士

マイナビ会計士の特徴

  • 転職実績が豊富
  • 会計士業界専門のアドバイザーが揃っている
  • サポートの質が高い

マイナビ会計士は公認会計士の転職に特化したエージェント型の転職サイトです。

サイトに登録すると、求職者と求人を出している企業の仲介者であるアドバイザーが、あなたのキャリアや希望の働き方について相談に乗りながらおすすめの求人を紹介してくれます。

主な転職先は、監査法人やコンサルティングファーム、会計事務所などで、公開求人数は約980件です。
また、公開求人のほかに多くの求職者から応募が集中することが予想される非公開求人があり、サイトに登録することで紹介してもらえます。

さらに、マイナビ会計士は大手人材派遣会社のマイナビが運営しており、有名企業とのつながりが強いです。

それらの求人について、会計士業界の専門知識を持つアドバイザーが詳しい調査を行っているため、あなたがより活躍できる会社や仕事内容を紹介してもらえる可能性があり、高い転職実績を誇っています。

他にも初めて転職をする方向けに、転職の手順や失敗しないポイントをまとめた記事や、会計士未経験でも挑戦できる職種を紹介するコンテンツなどが充実しているため、会計士転職を考えるすべての方におすすめです。

>>公式サイトを見る

求人数 約980件 ※2023年2月時点
対応職種 監査法人、会計事務所・税理士法人、戦略・事務・コンサルタント、経営企画、経理・財務・管理会計、総務・法務・理財・内部監査、マネジメント、投資事業
対応雇用形態 不明
求人の評判
サポート充実度
おすすめ度
対応地域 北海道・青森・岩手・宮城
秋田・山形・福島・東京
神奈川・千葉・埼玉・茨城
栃木・群馬・山梨・長野
新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重
大阪・兵庫・京都・滋賀
奈良・和歌山・広島・岡山
鳥取・島根・山口・香川
愛媛・高知・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分
宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイト https://cpa.mynavi.jp/

11.REXアドバイザーズ

REXアドバイザーズ

REXアドバイザーズの特徴

  • 手厚いサポートが受けられる
  • 50代以上の転職も対応している
  • 会計士業界に特化している

REXアドバイザーズは、公認会計士や税理士専門のエージェント型転職サイトで、各会計事務所から大手企業まで幅広い領域で転職実績があります。

特に、シニアやマネージャークラスの転職に強く、転職希望者のキャリアアップを叶えるため一人一人に寄り添ったサポートをしてます。

具体的には、ヒアリングのなかであなたのキャリアや性格、今後のプランなどを詳しく理解し、あなたの能力が活かせる企業を厳選して紹介してくれます。

あなたの能力を客観的に判断し、今後のプランまで考えて企業紹介をしてもらえると今後のキャリアに役立つ転職ができそうですね。

これらの手厚いサポートは、サイトに登録することで受けられます。
登録は、あなたの職歴や保有資格などを入力するだけで簡単に完了するため、気になる方は登録してみましょう。

>>公式サイトを見る

求人数 約4,000件 ※2023年2月時点
対応職種 税務・会計・監査、資産税・相続税業務、国際税務・海外進出支援、経理・財務、経営企画・内部監査、コンサルティング、FAS・財務コンサルティング、経営・戦略コンサルティング、金融系業務、法務・知財
対応雇用形態 正社員、契約社員、業務委託
求人の評判
サポート充実度
おすすめ度
対応地域 北海道・青森・岩手・宮城
秋田・山形・福島・東京
神奈川・千葉・埼玉・茨城
栃木・群馬・山梨・長野
新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重
大阪・兵庫・京都・滋賀
奈良・和歌山・広島・岡山
鳥取・島根・山口・香川
愛媛・高知・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分
宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイト https://www.career-adv.jp/

12.人材ドラフト

人材ドラフト

人材ドラフトの特徴

  • 転職業界最大級の求人数を誇る
  • 働き方の選択肢が豊富
  • オファー制度が利用できる

人材ドラフトは、転職業界最大級の求人数を誇る会計業界に特化した転職サイトです。
1,400件以上の求人の中から、働き方や勤務地域を選択しあなたに合う求人を選べます。

また、詳細条件の選択肢が豊富で、未経験OKやテレワークが可能な求人などを検索できることが特徴です。
気になる求人を見つけた場合は「気になる機能」を使うと一覧に保存されるため、時間がなく詳細な求人情報まで調べられないときに嬉しい機能です。

人材ドラフトでは、サイトに登録すると企業からのオファーを受け取れます。
サイト上にあなたの職歴や転職の希望条件などを入力しておくと、あなたのスキルに魅力を感じた企業から連絡が届きます。

そのため、経験やスキルが浅く転職に不安を抱えている方も、あなたのレベルに応じた企業からのオファーが届くため安心ですね。

人材ドラフトでは自分のペースで転職活動を進められるため、じっくりと転職活動を進めたい方におすすめです。

>>公式サイトを見る

求人数 約1,400件 ※2023年2月時点
対応職種 監査、コンサルティング、税務・会計、経理・財務、総務・経理、人事・労務、経営企画、法務、IR、その他
対応雇用形態 正社員、契約社員、パート・アルバイト、その他
求人の評判
サポート充実度
おすすめ度
対応地域 北海道・青森・岩手・宮城
秋田・山形・福島・東京
神奈川・千葉・埼玉・茨城
栃木・群馬・山梨・長野
新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重
大阪・兵庫・京都・滋賀
奈良・和歌山・広島・岡山
鳥取・島根・山口・香川
愛媛・高知・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分
宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイト https://www.jinzai-draft.com/

13.ジャスネットキャリア

ジャスネットキャリア

ジャスネットキャリアの特徴

  • 業界最大級の求人数を誇っている
  • サポートの質が高い
  • 利用者満足度が高い

ジャスネットキャリアは、会計や税務、経理や財務分野に特化した転職サイトです。

会計士業界に絞ったサービスを27年継続し、その経験から得た会計士のお仕事や転職事情について専門的な知識を集めています。

また、転職業界内で最大規模の求人を取り扱っていますが、企業の事情や応募殺到を避けるため非公開である求人も多いです。

非公開求人は、サイトに登録することで紹介してもらえ、面接対策やキャリアプランの相談などのサポートなども受けられます。

ジャスネットキャリアの保有求人は、非公開求人を含め国内企業や税理士法人に加え外資系やベンチャー企業まで幅広く対応しているため、転職の幅が広がるでしょう。

さらに、20代から40代以上の幅広い年齢の転職にも対応しており、利用者からは年齢やスキルに合わせた的確なアドバイスについて高い評価を得ています。
そのため、会計士の転職を考えるすべての方におすすめです。

>>公式サイトを見る

求人数 約3,400件 ※2023年2月時点
対応職種 経理、役員・管理部門責任者、監査・会計・税務・コンサルティング、経営企画・管理、人事・総務、法務・特許、秘書・事務・翻訳、金融・不動産関連、購買・貿易・商品管理・企画、その他
対応雇用形態 正社員、パート・アルバイト
求人の評判
サポート充実度
おすすめ度
対応地域 北海道・青森・岩手・宮城
秋田・山形・福島・東京
神奈川・千葉・埼玉・茨城
栃木・群馬・山梨・長野
新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重
大阪・兵庫・京都・滋賀
奈良・和歌山・広島・岡山
鳥取・島根・山口・香川
愛媛・高知・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分
宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイト https://career.jusnet.co.jp/

【比較】公認会計士におすすめの転職サイト13社一覧

ランキングで紹介した転職サイトを一覧表にしてご紹介します。

MS-JAPAN(エムエスジャパン) 経理や財務などの管理部門と、会計士や税理士などの士業に特化した転職サイト。20代から40代以上の転職実績を誇る。
doda(デューダ) 転職業界で最大級の求人数を誇る総合型転職サイト。転職が初めての方にもおすすめ。
リクルートエージェント 幅広い職種の求人を取り扱う総合型転職サイト。転職支援実績が豊富
パソナキャリア 年収800万円以上の求人を多く取り扱う総合型転職サイト。丁寧なヒアリング力が高評価を得ている。
JACリクルートメント 高年収を目指せるハイクラス転職に強みを持った総合型転職サイト。外資系企業の求人も多数保有している。
ビズリーチ 30代から50代のハイクラス転職におすすめの総合型転職サイト。スカウト制度を利用でき、効率的に転職活動を進められる。
エンワールド 外資系企業に強い総合型転職サイト。雇用形態の種類が豊富で様々な働き方が選べる。
ハイスタ会計士 会計士転職に特化した転職サイト。紹介してもらえる求人の高いマッチング力が好評。
BEET-AGENT(ビートエージェント) 経理や総務などに特化した転職サイト。年収が600万以上の求人を多く保有しておりハイクラス転職に強い。
マイナビ会計士 公認会計士の転職に特化した転職サイト。監査法人やコンサルティングファーム、会計事務所などへの転職が可能。
REXアドバイザーズ 会計士分野に特化した転職サイト。50代以上の転職にも対応している。
人材ドラフト 転職業界最大規模の求人を保有する会計士分野に特化した転職サイト。オファー制度が利用できる。
ジャスネットキャリア 会計士分野に特化した転職サイト。大手企業からベンチャー企業、外資系企業まで幅広い求人を取り扱っている。

>>おすすめの会計士転職サイトランキングに戻る

【転職先別】公認会計士におすすめの転職サイト

ここでは、転職先別にそれぞれの転職サイトの特徴をご紹介します。

あなたの目指す分野におすすめの転職サイトを見つけましょう。

経理

経理への転職におすすめの転職サイトは表のとおりです。

1位 MS-JAPAN(エムエスジャパン)
2位 BEET-AGENT(ビートエージェント)
3位 doda(デューダ)

MS-JAPAN(エムエスジャパン)では経理に特化したスタッフが在籍しており、BEET-AGENT(ビートエージェント)では経理や総務などの分野に強くおすすめです。

特にMS-JAPAN(エムエスジャパン)で扱っている経理に関する求人は4,000件以上あるため、豊富な求人数の中からあなたの希望条件に合う転職先が見つけられるでしょう。

また、doda(デューダ)は会計士以外の職業の求人も取り扱っており、保有している求人数が多いです。
経理の転職も多く取り扱っているため、これらのサイトと複数登録し、希望の転職サイトを見つけてみましょう。

監査法人

監査法人への転職におすすめの転職サイトは表のとおりです。

1位 MS-JAPAN(エムエスジャパン)
2位 ハイスタ会計士
3位 マイナビ会計士

ご紹介した3つはすべて会計士の分野に特化した転職サイトで、監査法人向けの求人も多く取り扱っています。

特にMS-JAPAN(エムエスジャパン)では1,300件以上の監査法人分野への求人を掲載しています。

また、3つの転職サイトでは、非公開求人も多数保有しており、サイトに登録することで紹介してもらえます。

どのサイトも、会計士分野に特化したアドバイザーが揃っているため、年収を上げたい方や大手監査法人へ転職したい方などあなたの立場に寄り添ったサポートをしてもらえるでしょう。

会計事務所・税理士法人

会計事務所・税理士法人への転職におすすめの転職サイトは表のとおりです。

1位 REXアドバイザーズ
2位 ジャスネットキャリア
3位 ビズリーチ

REXアドバイザーズでは、会計や税理事務所の求人を1,700件以上扱っています。

ジャスネットキャリアは会計や税務転職に特化しており、転職実績やノウハウを多く持っているため、初めての転職を考えている方にもおすすめです。

また、ビズリーチは年収や役職が上がるハイクラス転職を考える方におすすめです。会計士分野の求人数も250件以上取り扱っています。

サイト登録するとスカウト制度が利用でき、あなたの経験やスキルに応じて企業から連絡が来ることも特徴です。

あなたの立場や転職の目的に応じて、これらの転職サイトに登録してみてはいかがでしょうか。

FAS・コンサル

FASやコンサルタントにおすすめの転職サイトは表のとおりです。

1位 リクルートエージェント
2位 doda(デューダ)
3位 マイナビ会計士

リクルートエージェントやdoda(デューダ)は転職業界では最大規模の求人を扱っていたり、転職実勢が高かったりするため、転職が初めての方に特におすすめです。

マイナビ会計士は会計士分野に特化した転職サイトで、コンサルティングファームへの転職ノウハウを持っています。
そのため、職種未経験でも挑戦できる求人が見つかる可能性が高いです。

それぞれの転職サイトの特徴を理解し、複数利用することであなたに合う転職サイトを見つけましょう。

公認会計士が転職サイトを選ぶポイント

ここまで、あなたの気になる転職サイトは見つかりましたか。
ここからは、転職サイトの選び方をご紹介します。

転職サイトの相性が良ければ転職成功の可能性が高まります。

転職サイトの選び方を知り、気になるサイトから自分に合うサイトを厳選していきましょう。

会計士特化型の転職サイトを選ぶ

会計士分野への転職を考えている方は、会計士に特化した転職サイトを選ぶことをおすすめします。

特化型の転職サイトは1つの分野に特化しているからこそ、専門的な知識を持っていたり、転職動向を知っていたりするためです。

そのため、あなたが転職について仕事内容やキャリアプランについて悩みがある場合にも、会計士転職のアドバイスがもらえるでしょう。
あなたもより具体的な相談ができ、転職活動を効率的に進めることが期待できそうですね。

また、会計士特化型の転職サイトが保有している求人は、会社の雰囲気や内情まで詳しい情報まで調査をしている場合が多いです。

さらに、保有している求人がすべて会計士分野に関する求人であるため比較がしやすく、それぞれの求人の特徴をより理解できるでしょう。

会計士特化型の転職サイトを選ぶことで、より密なキャリア相談や転職情報を知る機会が増えます。

エージェント型の転職サイトを選ぶ

会計士におすすめの転職選びのポイントは、会計士特化型であることに加え、エージェント型のサイトを選ぶことです。

エージェント型とは、それぞれの転職サイトに在籍するアドバイザーの支援を受けながら転職活動ができるという特徴があります。

また、転職アドバイザーは転職に関する知識はもちろん、職種に対する知識も豊富に持っています。
そのようなアドバイザーと共に転職活動を進めることで、転職成功率を大幅に上げられるでしょう。

アドバイザーは、あなたの優先する働き方の条件や、今後のキャリアプランなどをヒアリングし、あなたにマッチする求人を紹介してくれます。

そのため、転職に多くの時間をかけられない方や働きながら転職をしている方でも効率的に転職活動ができるでしょう。

エージェント型のサイトを利用する際には、サイトへの登録が必要であなたの職歴や希望条件などを入力することで完了します。
登録から転職サポートまで無料で利用できるサイトがほとんどです。

>>おすすめの会計士転職サイトランキングを見る

求人数や転職実績の多い転職サイトかどうか

転職サイトを選ぶ際、求人数転職実績に注目しましょう。

求人数は、転職サイトの求人検索欄から確認できます。
また、転職実績はホームページや口コミサイトなどから調べられます。

求人数が多ければ、それだけあなたの希望条件に合う求人でに出会える可能性が高まるでしょう。

また、多くの求人を見ることで勤務条件や仕事内容などの面で新たな選択肢が見つかり、転職の幅を広げるきっかけになるかもしれません。

様々な働き方を知ることで、転職後に悩みを抱えるリスクを軽減したり、今後のキャリアに役立ったりする可能性があります。

さらに、転職実績が高い転職サイトであれば、転職成功率を上げられたり、良い好条件での転職が叶ったりするため、転職サイトに登録する前に確認しましょう。

希望条件や目的に合う求人が豊富かどうか

求人数の多い転職サイトの中でも、あなたの希望条件転職目的に合う求人が多いかどうかにも注目しましょう。

転職サイトにはそれぞれ保有する求人に特徴があったり、転職に強い分野があったりします。
それらの情報を求人検索をする中で確認し、それらの条件があなたに合う転職サイトを選びましょう。

そうすることで多くの求人から比較して、あなたの希望条件によりあっている求人を選ぶことができ、転職後に生じる後悔や転職先とのミスマッチを避けることにつながります。

口コミや転職ブログから転職サイトの評判を調べる

転職サイトの実際の評判を調べるために、口コミサイト転職ブログを活用しましょう。

口コミは、インターネット検索やSNSからも検索し調べられます。

実際に転職サイトを使用した人が感じたことを知り、転職サイト選びの参考にしましょう。

また、転職ブログとは会計士の転職に関するノウハウや、おすすめの転職サイトが条件別に紹介されていたりします。

さらに、転職成功者が記事を書いているサイトもあるため、転職サイトの特徴やサポートについて知ることができるでしょう。

これらを活用し、転職サイトの評判を実際に自分の目で確かめてから利用するようにしましょう。
自分に合う転職選びをすることで、転職活動に集中でき、成功率も上げられる可能性が高いです。

>>おすすめの会計士転職サイトランキングを見る

公認会計士が転職サイトを使うメリット

公認会計士が転職サイトを利用すると得られるメリットをご紹介します。

メリットを最大限に生かして転職活動ができると良いですね。

経理や財務への転職成功率を上げられる

転職サイトを利用すると、あなた専任のアドバイザーが転職活動に関するすべてをサポートしてくれます。

例えば、あなたの希望条件や職歴をヒアリングしそれらの情報を基にあなたに合う求人を紹介してくれたり、選考書類の添削や面接対策を行ってくれたりします。

自分1人で転職活動を進めることが不安な方にとってはうれしいメリットの1つでしょう。

また、アドバイザーはそれぞれの職種に関する専門的な知識や転職ノウハウをもっているため、転職成功率が上がる可能性が高いです。

会計事務所や監査法人の内情を知れる

転職サイトは管理事務所や監査法人などの内情を詳細に知れる場合があります。

転職サイトは保有する求人に関する調査を定期的に行うため、企業に実際に足を運んでいる場合が多いです。

あなたとアドバイザーが面談をする際、アドバイザーが感じたことや実際に社員とコミュニケーションをとり得た会社の内部事情を教えてもらえます。

これらの情報は求人検索をしても調べることができない情報の1つです。
担当者から学んだことを活用し、企業選びの参考になると良いですね。

会計士ならではの悩み相談ができる

会計士の転職に多い悩み相談ができることもメリットです。
転職サイトの在籍しているアドバイザーは、職種ごとに専門的な知識を持っています。

会計士転職の場合でも、アドバイザー自身が転職経験者であったり、会計士の資格を保有していたりします。

そのため、面談の際にあなたの悩みに対する的確なアドバイスがもらえたり、会話がスムーズに進む可能性が高いです。

さらに、会計士の転職についておすすめの時期やあなたが活かせるスキルなどを教えてくれるため、転職活動を有利に進められそうですね。

会計士分野の知識と転職ノウハウを持つアドバイザーと共に転職活動ができることは心強く、転職サイト利用の大きなメリットです。

>>会計士におすすめの転職サイト

企業や事務所への条件交渉を行ってもらえる

企業や事務所への条件交渉を行ってもらえることもメリットです。

転職をして年収や役職を上げたい方は、特に嬉しいメリットでしょう。

転職サイトを利用すると、求人紹介や面接対策など転職に関するすべての工程をサポートしてもらえますが、内定が出たあとの条件交渉についても同様にサポートしてもらえます。

年収や勤務条件を自分で採用担当の方と交渉することはなかなか言い出しづらいこともあるでしょう。

このようなときにあなたに代わって条件交渉をしてもらえることはとても嬉しいですね。

非公開求人に応募できる

転職サイトには、多くの求職者から応募が殺到することを避けて効率的に採用活動を行うために一部の求人を非公開にしています。

また、会計士分野に特化した転職サイトでは、そのサイトのみ取り扱う独占非公開求人もあります。

転職サイトに登録すると、それらの非公開求人を紹介してもらえることがメリットです。

さらに、紹介された非公開求人は、アドバイザーがあなたのスキルや性格などを総合的に判断し、あなたにマッチするような求人を選んでいます。

そのため、自分で求人を選んで応募するよりも、企業が求める人材とあなたの転職希望がマッチするため、転職成功率が上がる可能性が高いといえるでしょう。

>>おすすめの会計士転職サイトはこちら

公認会計士が転職サイトを使うデメリット

公認会計士の転職をする中で生じてしまうデメリットをご紹介します。

デメリットをあらかじめ知っておくことで、リスクを避ける対策ができるでしょう。

また、これからご紹介するデメリットに対応する方法もご紹介しているため、参考にしてみてください。

担当者との相性が合わない場合がある

転職サイトを利用する際、あなた専任のアドバイザーが転職活動をサポートしてくれます。
具体的には、希望条件のヒアリングや面接対策などです。

また、転職に関して求人の詳細やキャリアへの悩み相談など、アドバイザーと連絡を取ることも可能です。

その中で、連絡の頻度やアドバイザーの対応などがあなたのペースや性格に合わない場合があるかもしれません。

その場合は、アドバイザーに対応改善を依頼したり、直接言いづらい場合はお問い合わせフォームから担当者を変更してもらったりしましょう。

転職活動を進める中で、アドバイザーとの相性の良さが転職成功につながる一つのポイントでもあります。
アドバイザーとの信頼関係を気づき転職活動ができると良いですね。

転職期間が長いと求人紹介を後回しにされる場合がある

転職サイトを利用する目的は、人それぞれ違いますよね。

中には、すぐに転職する予定がない方でも転職の情報収集や求人に出会う機会を増やすために、転職サイトを利用している方もいらっしゃるでしょう。

しかし、転職期間が長いとすぐに転職をしたい人と比べて優先度が下がる可能性もあります。

すると、求人紹介を後回しにされてしまい、あなたが転職をしたいタイミングに良い求人に出会う機会を逃してしまうかもしれません。

転職期間はなるべく早めに見積もって伝えることをおすすめします。

応募できる求人が限られる

転職サイトを利用すると、一般には公開されていない非公開求人を紹介してもらえることがメリットですが、一方で紹介された求人の中で応募する会社を選ぶことになり、応募できる選択肢が限られてしまう場合があります。

もちろん、アドバイザーはあなたのスキルや希望条件を丁寧にヒアリングし、あなたに合う求人を紹介してくれるでしょう。

また、紹介された求人が魅力的に感じない場合は、他の求人を紹介してもらうことも可能です。

応募する求人の選択肢を多く確保したい方は、アドバイザーが紹介してくれる求人の他に、自分で求人検索をして気になる企業を見つける方法もあります。

そうすれば、応募できる求人が制限されるデメリットを回避し、さらに転職サイトが多数保有する求人の中から気になる求人を選べるというメリットを得られるでしょう。

>>おすすめの会計士転職サイトはこちら

会計士転職の基本情報

ここでは、会計士の求人倍率や、平均年収などの基本情報をご紹介します。

会計士の有効求人倍率

厚生労働省によると、令和4年10月の会計事務の有効求人倍率は0.68※1です。

有効求人倍率とは、求職者1人あたりに何件の求人があるのかを示した数字です。
数字が1より多ければ求職者よりも求人数が多く、1を下回ると求人数が求職者よりも少ないという見方をします。

会計事務の有効求人倍率は、1を下回っていますが令和4年9月の調査では0.66※2、令和4年7月の調査では0.63※3と年々数値が上がっています。

また、会計士の転職先は経理や監査法人などの会計事務所から、一般企業の経理部門など選択肢が幅広いため、数字に左右されずに転職活動が進められるようです。

※1一般職業紹介状況(令和4年10月)|厚生労働省
※2一般職業紹介状況(令和4年9月)|厚生労働省
※3一般職業紹介状況(令和4年7月)|厚生労働省

会計士の平均年収

厚生労働省の調査によると、令和3年度の公認会計士の平均年収は658.6万円※1です。

また全国の平均年収は443万円※2であるため、会計士の年収は高いことがわかります。

※1公認会計士の平均年収|厚生労働省
※2全国の平均年収|国税庁

企業形態別の求人職種の特徴

企業形態別の求人職種の特徴をご紹介します。

上場企業 監査、税務、コンサル、M&A、経理、財務、企画など
中小企業 経理、企画、財務、コンサル、監査、税理士など
ベンチャー企業 税務、会計、コンサル、FAS、IPOコンサルなど
外資系企業 財務、経理、監査など

【状況別】会計士に求められるスキル

会計士転職をする際に、求められるスキルをご紹介します。

すでに会計士分野での経験がある方は、これからご紹介するスキルをさらに活かせると良いですね。

また、未経験の方は以下の記事を参考に、必要なスキルを身に着けていきましょう。

30代の転職|コミュニケーションスキル

30代の転職で求められるスキルは、コミュニケーションスキルです。

30代は、会計士転職において適齢期と言われており、転職しやすい年齢です。
また、公認会計士の資格取得者の9割が監査法人からキャリアをスタートし、30代になると3~5年ほどの実務経験を積んでいる方がほとんどでしょう。

そのため、即戦力として採用される場合が多く、キャリアや年収アップを目指して転職する方が多いようです。

さらに、30代後半では基礎的な業務を任される立場からチームをまとめる立場に変化する時期でもあります。
様々な人とコミュニケーションをとり、チームを管理するという経験をしておくと転職活動の幅がさらに広がるでしょう。

40代の転職|マネジメントスキル

40代の会計士転職で求められるスキルは、マネジメントスキルです。

40代は30代に比べて転職難易度は少し下がりますが、実務経験を十分に積んでおり転職活動でアピールできるスキルは持っているため、転職の可能性は十分にあります。

そこで、40代の転職で求められることは、シニアスタッフやパートナーなどのより責任を伴う能力です。

シニアスタッフとは、一般企業で例えると主任のような立場で、またパートナーとは共同経営者のことで、会社から雇われる立場から経営していく立場へと変化します。

40代までに培った経験やスキルを十分に生かして、定年までのキャリアプランを充実させられると良いですね。

会計士未経験での転職|パソコンスキルや会計の基礎知識

会計士の転職を未経験で挑戦したい方に求められるスキルは、パソコンの基礎的な操作スキルと会計士の基礎知識です。

具体的には、ワードやエクセルの操作ができ、さらに会計ソフトが使えるとよりアピールできるでしょう。

また、会計士の基礎知識を身に着けるために資格を取得する方法があります。

例えば、簿記を取得すると経理や税務について知識が身につくでしょう。

さらに、FASS検定という経済産業省が整理した「経理、財務サービス、スキルスタンダード」を基に実務能力の測定を目指した資格があり、経理の基礎知識を身に着けることができます。

他にも、会計士業務に対して積極的に学ぶ姿勢をアピールできると良いでしょう。

会計士全員に求められるスキル|ビジネスレベルの英語力

最後に年代や経験に関わらず、会計士転職でアピールできるスキルをご紹介します。

それは、ビジネスレベルの英語力です。

具体的には、ビジネスレベルの英文の財務諸表や公式文書が読めるレベルとされているTOEIC800以上を取得していると安心です。

ビジネスレベルの英語力を持っていると外資系企業や海外企業はもちろん、国内企業でも海外との取引を行う際にスムーズに業務を遂行できます。

また、FAS(フィナンシャルアドバイザリーサービス)の海外案件やIFRS基準の財務諸表作成など、活躍できる分野が広がりキャリアアップが目指せるでしょう。

IFRSとは国際財務報告基準のことで海外のクライアントと取引するときに、会計の基準を統一し業務をしやすくした仕組みのことです。

英語スキルは、会計士転職を目指すすべての方に役立つスキルであり、日常的に勉強できる分野であるためぜひ資格取得を目指しましょう。

>>おすすめの会計士転職サイト

会計士転職を成功に近づけるポイント

ここまで、会計士の基礎情報や求められるスキルについてご紹介しました。

ここでは、それらの知識を活かし、会計士転職を成功に近づけるポイントを3つご紹介します。

転職後のキャリアプランを明確にする

1つ目は、転職後のキャリアプランを明確に考えることです。

会計士は比較的転職がしやすい傾向ですが、年収や役職アップなど目先の目的のみで転職してしまうと後悔する方も多いです。

そのため、あなたのスキルをどのように生かし、転職によってどのようなキャリアステップを積んでいくのかを明確に考えられると良いでしょう。

もちろん、キャリアプランは場合によって途中で変化したり、1人で考えることが難しかったりしますよね。

そのようなときに、転職サイトを利用すると会計士分野に詳しいアドバイザーが相談に乗ってくれたり、一緒に考えてくれたりするため活用しましょう。

転職後に後悔しないために、しっかりとあなた自身と向き合い長い目でキャリアを考えられると良いですね。

やりたい仕事についての知識を増やす

会計士の転職先は経理や監査事業、税理士やコンサルなど幅広い選択肢があります。

そのため、会計士転職後にやりたい仕事についての知識を増やすことで転職成功に近づけるでしょう。

例えば、コンサルティング業務に携わりたいと考える場合でも以下のような種類があります。

  • 戦略系コンサルティング
  • 金融系コンサルティング
  • 経営系コンサルティング
  • 財務系コンサルティング
  • 再生系コンサルティング

また、それぞれで携わる事業や身に着けられるスキルなどは異なります。

転職をする際になんとなく職種を決めてしまうと、本来あなたがやりたい仕事と異なる業務を任されてしまうかもしません。

このような事態を避けるために、やりたい仕事についてしっかりを知識をつけましょう。

希望条件に順位をつける

会計士転職を成功に近づけるポイントの3つ目は、希望条件の順位付けをすることです。

そうすることで、応募する求人を効率的に選択できたり、求人を見つける際の参考になったりします。

応募する求人を効率的に選択できると、人気が殺到しすぐに応募が締め切られてしまう求人を見逃す事態を避けられるでしょう。

また、転職サイトを利用するとあなた専任のアドバイザーが求人を紹介してくれますが、その際にも希望条件をわかりやすく伝えることで、あなたの理想の求人に出会える可能性を高められそうですよね。

>>おすすめの会計士転職サイト

公認会計士向け転職サイト利用の注意点

転職サイトを利用すると、アドバイザーに転職をサポートしてもらえて、転職の成功率を上げられることがわかりましたね。

しかし、転職サイトを利用するうえで注意すべきポイントが3つあります。

注意点を正しく理解し、上手に転職サイトを活用しましょう。

求人検索や条件交渉などを転職サイトに任せすぎない

まず、求人検索や条件交渉などを転職サイトに任せすぎないように注意しましょう。

転職サイトを使用するとあなたの専任アドバイザーが転職活動をサポートしてくれますが、実際に転職するのはあなたです。

自分である程度の意思や目的を持っていないと、アドバイザーの言葉に振り回されると感じてしまうかもしてません。

そのため、あなたの優先する働き方や転職先でどのような条件があれば働きやすい環境を作れるのかなどを考える必要があります。

また、わからないことや悩みなどはアドバイザーに相談して解消しましょう。

そうすることで、あなたの転職をあなた主体で進めることができ、目的を見失わずに転職が進められますよ。

転職サイトを比較し複数登録する

転職サイトは複数登録して利用することをおすすめします。
転職サイトはそれぞれに扱っている求人や転職実績に特徴や強みがあります。

例えば、求人数が多いサイトであれば、希望の条件に合う求人に出会える可能性が高められるでしょう。

また、会計士の分野に特化したサイトであれば、お仕事内容や転職事情について詳しいアドバイザーのサポートが期待できます。

さらに、中にはその転職サイトのみが扱っている求人もあります。
そのため、転職サイトを2、3社利用しそれぞれのサイトの強みを得ながら転職活動ができると良いでしょう。

求人の良いところばかりに注目しない

求人サイトに記載されている求人について、良い点とそうではない点両方に目を向けましょう。

転職サイトに登録して利用すると、在籍しているアドバイザーがあなたに合う求人を紹介してくれます。

その際、あなたの希望条件に合う部分と、合わない部分を確認しましょう。

希望条件に合わない部分が多かったり、許容できない場合は応募を断り、再度求人紹介をしてもらってくださいね。

さらに、アドバイザーによっては求人の良い条件のみをあなたに伝える場合がありますが、偏りなくすべての条件を質問することが重要です。

そうすることで、転職後のミスマッチを防ぐことにつながります。

転職を後悔しないために、求人情報に自分でも目を通し、疑問や心配な点はアドバイザーに確認することが大切です。

>>会計士におすすめの転職サイト

会計士の転職成功例

ここでは、会計士の実際の転職成功例をご紹介します。

これを読んで、転職活動のモチベーションアップやキャリアプランの参考にしてみてくださいね。

事例1 未経験から会計士転職に成功

口コミアイコン
Rさん
財務会計未経験、かつ異業種転職でしたが、今まで5年間頑張ってきた経験と簿記1級パワーで採用してもらえました。(しかも今より待遇UP)

日商簿記1級はやはり強力で書類選考ならほとんど通ったので有利に進められました。

(出典:Twitter

業種未経験で転職に成功した例です。
簿記やこれまでの経験を活かした転職ができています。

また、転職後に待遇も上がったようで満足する転職活動ができていますね。

事例2 資格を活かした転職で待遇が上がった

口コミアイコン
Rさん
転職する度に待遇良くなってるので、運良かったなぁと思う。
会計系は簿記とかUSCPAとか取ると学習意欲とか努力を面接で評価してもらえるので、取ってよかったなあと。

(出典:Twitter

会計士転職で役立つ簿記やUSCPAの資格を取得し、転職後に実際に待遇が上がったようです。

簿記は2級レベル以上を取得していると、会計業務に役立つ知識を身に着けることができますが、難易度は高く、資格取得までに約350時間ほどかかるといわれています。

また、USCPAとは、米国公認会計士のことで、会計士としてグローバルに活躍したい方は取得したい資格の1つです。

受験には大学を卒業した学位の条件や会計やビジネス分野の単位が必要で、資格取得までに約1,300時間ほどかかります。

どちらも取得までに時間を要しますが、働きながらコツコツと勉強を進めることも可能です。

さらに、これら以外にも会計士に役立つ資格はあるため、転職でアピールできる資格を増やせると良いですね。

事例3 自分のやりたい仕事にやりがいを感じられた

口コミアイコン
Sさん
転職して1ヶ月。勇気を出して飛び込んで本当によかった。税務会計の仕事は奥が深くて面白い。

真面目な性格もフィットし、まる1日数字とにらめっこしてても苦にならない。興味のある分野で、好きな作業を仕事にできれば最強なはず。大変なことも多いけど、やりがいの方が大きければ継続する動機になる

(出典:Twitter

転職して、会計のお仕事にやりがいを感じられた転職成功例です。

1ヶ月経って会社とのミスマッチを感じることなく、お仕事を楽しめていますね。

自分の興味のある分野で活躍できている理想的な成功例の1つでしょう。

>>転職サイト会計士ランキングをみる

会計士転職でよくあるQ&A

最後に、会計士転職についてよくある質問をまとめました。

会計士は転職で最強と言われるのはなぜ?

会計士転職は最強と言われることがありますが、その理由は大きく3つあります。

1つ目は、転職先の種類が多いことです。
会計士の転職先は、監査法人や税理士法人、事業会社やコンサルティング会社など10種類ほどあります。

また、それぞれの転職先で携われる業務にも種類があるため、転職の選択肢が広く転職しやすいといわれています。

2つ目は、転職後に年収が上がる可能性が高いことです。
特に30代の転職ではスキルや経験を活かした転職ができ、それに応じて年収が上がる可能性があります。

3つ目は、ワークライフバランスを実現させやすいためです。
会計士転職の求人には、パートや契約社員などの募集も多いため、育児や介護など私生活とのバランスを取りながら働く選択肢があります。

以上のことから、自分に合った転職がしやすいことから最強と言われているようです。

会計士と税理士の違いは?

会計士と税理士には、それぞれの資格を使うことでのみ携われる業務がありますがその内容に違いがあります。

会計士のお仕事は会計や経理で、特に公認会計士の資格を持っていると財務諸表監査を行うことができます。

財務諸表監査とは、会社が作成した財務諸表が正しいかを監査するお仕事で公認会計士のみが行える独占業務です。

一方税理士のお仕事は税務書類作成と税務相談、税務代理でこれら3つの業務は独占業務であり、税理士の資格を持つ人のみができるお仕事です。

税務相談とは税金の計算方法や節税対策などの相談に乗ることで、税務代理は納税申告を代理で行うことです。

会計士と税理士はどちらが稼げる?

会計士と税理士の年収は、会計士のほうがやや高いです。

公認会計士の平均年収は645万円※1、税理士の平均年収は558万円※2です。

※1Indeed|日本での公認会計士の平均給与
※2Indeed|日本での税理士の平均給与

会計士未経験だと最初にどんな仕事ができる?

まず、会計士未経験での転職は可能性は十分あります。
それは、公認会計士の受験合格者が年々減っており、会計事務所や税理士法人は人手不足であるためです。

会計士未経験でできる業務は、税理士補助や各業務のアシスタントです。

税理士補助は仕分けや伝票入力などの税務代理や税務書類作成や税務相談の補助を行います。
また、監査法人の業務内容は、会計や経理のアシスタントです。

しかし、未経験でも公認会計士の資格や簿記2級レベル以上の知識がないと、転職が難しくなる場合があります。

実際の求人をみてもこれらの資格が必須条件に挙げられているため、会計士転職を未経験で目指す方は資格を取得しましょう。
作業をスムーズに進めるためにも、資格や知識の習得をしておくことが大切です。

公認会計士が転職しやすい時期や年齢はある?

公認会計士が転職しやすい時期は、業態により異なります。

まず、一般企業の求人が多いのは1~3月です。この時期に転職活動をすると新卒採用の時期と重なるため、同期が多くいる環境で入社できます。

次に、会計事務所の求人は9~11月ごろが多いです。
また、会計事務所の繁忙期は1~3月で、この時期は求人数が少なかったり研修制度が整っていなかったりするため、避けた方が良いでしょう。

最後に監査法人の求人は6月ごろから徐々に増加傾向にあります。
また、繁忙期は4、5月であるため、この時期は避けましょう。

さらに、転職しやすい年齢は実務経験を3~5年積んだ30代と言われています。

30代は基本的な会計士業務を一通り経験していることが考えられるため、即戦力として採用される可能性が高いです。
会計士の転職動向を理解して、有利に転職を進めましょう。

将来独立したいけど転職サイトに伝えるべき?

将来独立を考えた会計士転職をしたい方は、その意思を転職サイトのアドバイザーに伝えることをおすすめします。

独立をすると、税務申告や決済業務などの税務や経営コンサルやM&Aコンサルなどのサービスを提供することが多いです。

そのため、必要なスキルや知識を身に着けるため業務に携われるような転職をする必要があります。

転職サイトのアドバイザーにキャリアプランを伝えることで、将来のプランにつながるような求人を紹介してもらえるでしょう。

会計士転職におすすめの転職サイトまとめ

ここまで、会計士転職におすすめの転職サイトをご紹介してきましたが、気になるサイトは見つかりましたか。
会計士のお仕事は資格を取得した会計士や税理士の方しかできないお仕事がたくさんあり、やりがいのある職業ですよね。

また、未経験でも挑戦できるお仕事もあり、転職によってキャリアアップを目指す方も多くいます。

ぜひ、あなたの目的に合う転職をするために、転職サイトを利用し理想のキャリアを描いてくださいね。

>>会計士転職サイトランキングに戻る

参考文献
厚生労働省
転職活動を始めてから直前の勤め先を離職するまでの期間
職業紹介事業の概要
平成27年転職者実態調査の概況
労働市場における雇用仲介の現状について
今後の労働市場動向について
採用選考に関するアンケート
自己都合による離職の理由別転職者割合
職業生涯を通じたキャリア形成
転職活動の際にキャリア・プランを上手にアピールする方法
しょくばらぼ
おしごとアドバイザー
労働法制の動向

内閣府
多様化する職業キャリアの現状と課題
働き方の変化と経済・国民生活への影響
ワーク・ライフ・バランスに関する意識調査」結果速報について
就職生活に関する意識
転職が特になる国、ならない国
女性のライフプランニング支援に関する調査結果概要〜30代・40代女性のライフコース選択の希望と現実〜

独立行政法人労働政策研究・研修機構
新型コロナが雇用・就業・失業に与える影響
中高年齢者の転職・再就職調査
就労等に関する若者の意識
入職初期のキャリア形成と世代間コミュニケーションに関する調査
転職市場における人材ビジネスの展開

経済産業省
大都市圏の早期離職者等と地方の中堅・中小企業とのマッチングを促進するための新たな取組と政府等による関連支援策等について

総務省統計局
雇用者(正規・非正規の職員・従業員の動向など)