ビズリーチの評判は本当に悪い?口コミから実態を徹底調査

当サイトはアフィリエイト広告を掲載しています

Check最初に登録すべき転職サイト
◆「doda X
年収800~2,000万円の求人が多数
登録したら企業から直接スカウトがくることも!
大手企業の求人が豊富でハイクラス転職しやすい!
>>公式サイトで詳しく見る

◆「リクルートダイレクトスカウト
・転職決定年収 平均925万円以上
登録後はスカウトを待つだけ!
※2022年度実績:2022年4月~2023年の間にレジュメ登録があった年収750万円以上のサービス登録者

厚生労働省|職業紹介事業報告書によると、国内の有料職業紹介事業者は約29,000社

「ビズリーチって悪い評判も聞いたことがあるけど、大丈夫だろうか」

そんな不安を抱いている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

この記事では実際に利用した方からの口コミや評判を基に、ビズリーチのメリット・デメリット、注意点、利用の流れなどを徹底的に調査した内容をまとめました。

求職者の方々からのご質問をまとめた、よくある質問の解説もあります。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

>>ビズリーチに登録する

EvoWorkは、厚生労働大臣から有料職業紹介事業の許可を受け、職業紹介事業(許可番号:13-ユ-312365)と労働者派遣事業(許可番号:派13-315657)の、人材関連サービスも展開しているビジコネット株式会社が運営しています。

おすすめ転職サイトの総合ランキング

doda

1:
doda

公式サイト→

公開求人数は20万件以上
匿名で転職活動ができる!
プロがあなたの転職を徹底サポート
求人数 約200,000件
(2023年3月時点)
総合評価 5.0/5.0

リクルートエージェント

2:
リクルートエージェント

公式サイト→

国内最大級の求人数を誇る
好条件の非公開求人が豊富!
求人数 634,427件
(2023年3月30日時点)
総合評価 4.8/5.0

マイナビエージェント

3:
マイナビエージェント

公式サイト→

各業界に精通したアドバイザー在籍
応募書類や面接のサポートあり
求人数 非公開
総合評価 4.6/5.0
転職エージェントは2〜3社の登録がおすすめ
・より多くの求人を比較
・相性の良い担当者を探す
・使いやすい転職エージェントを探す

記事の目次

ビズリーチの評判・口コミ調査まとめ

ビズリーチ
ビズリーチはハイクラス転職に特化!
特に30代後半・40代・50代のハイキャリア転職に特化した転職サイトです。

ビズリーチの特徴
選ばれた人だけのハイクラス転職サイト
ヘッドハンター・企業によるスカウト制度
30代後半・40代・50代におすすめ

ビズリーチの良い評判
  • 年収1,000万円以上の求人が30%以上
  • 登録したらあとは待つだけでOK
  • ヘッドハンターを自分で選ぶことができる
ビズリーチの悪い評判
  • 無料で利用できる範囲が少ない
  • 登録をお断りされる場合がある
  • 悪質な求人がある

▶︎横にスクロールできます▶︎

ビズリーチは国内最大のハイクラス転職サイトであり、多くの方に利用されているので、自分とは合わなかったという方もいらっしゃるでしょう。
ビズリーチの悪い評判はそんな方たちからの意見でした。

また、ビズリーチは転職エージェントのような支援サービスが有料であるのが、特徴です。
求職者からも料金をいただくことで、より求職者に寄り添った質の高い支援が実現されています。

また、無料でも下記のようなサービスがご利用いただけます。

無料で利用できるサービス

  • 企業名を除く求人情報の検索・閲覧
  • 一部の求人への応募
  • プラチナスカウトの閲覧・返信
    ※プラチナスカウトとは、通常のスカウトに比べてかなり貴重なスカウトのことです。

ビズリーチでは全ての求人やスカウトの情報を閲覧したり、ヘッドハンターへの相談をするためには有料登録をする必要があります。

これらの有料サービスは1週間の無料体験も実施しているので、試しに有料サービスを体験してみて、使い勝手が良ければそのまま登録するという使い方もおすすめです。

運営会社 株式会社ビズリーチ
本社所在地 〒150-0002
東京都渋谷区渋谷2-15-1 渋谷クロスタワー12F
設立 2007年3月
対応地域 首都圏に7拠点
求人は全国・一部海外のお仕事も有り
対応年代 30代40代50代※制限は無し
求人数 公開求人数:約128,000件
職種 経営、管理、マーケティング、営業、コンサルタント、ITコンサルタント、専門職、IT技術職、
ゲーム、電気・電子、半導体、機械、化学、金融、研究・臨床開発・治験、建築・土木、人事、サービス、プロジェクト管理、Webサービス・制作、
デジタルマーケティング、広告、新聞・出版、テレビ・放送・映像・音響、デザイン、素材、食品、化粧品、
日用品、不動産、施工管理、医療営業、生産管理・品質管理・品質保証、学術・PMS・薬事、医療・看護・薬剤
利用料金 スタンダード:無料
プラチナスカウトのみ閲覧・返信が可能。また応募については、公募・特集求人などの特別な求人のみ可能。
※プラチナスカウトとは、通常のスカウトに比べてかなり貴重なスカウトのことです。

タレント:3,278円(税込み)/30日間
ハイクラス:5,478円(税込み)/30日間
タレント・ハイクラス共に全てのスカウトの閲覧・返信、求人の閲覧・応募、ヘッドハンターへの相談が可能。ビズリーチを最大限活用して、転職活動を進められます。
※タレント・ハイクラスに分けられる会員クラスは、新規会員登録時に現在の年収などをもとに審査によって決定されます。

公式サイト https://www.bizreach.jp/

▶︎横にスクロールできます▶

自分に合ったサービスを見つけられるように下記の内容も参考にしてください。

40代・50代と年齢が上がると異業種への転職が難しくなります。
今までのスキルや経験を活かせる業界・職種特化型転職エージェントやハイクラス向けの「JACリクルートメント」などを併用することがおすすめです。

お急ぎの方のために、まずビズリーチの調査結果をまとめました。

記事の後半には悪い評判も含めた実際に利用した方々からの口コミやビズリーチのメリット・デメリット、特徴などの解説をいたします。

この記事を最後まで読めば、ビズリーチに登録すべきかどうかをご自身で判断できるようになります。

良い評判・口コミから分析|ビズリーチを利用するメリット

良い評判・口コミを集めて分析したことで分かった、ビズリーチを利用するメリットを3つにまとめたので、解説と裏付けとなる情報もご紹介いたします。

ビズリーチを利用するメリット

  • 年収1,000万円以上の求人が30%以上
  • 登録したらあとは待つだけでOK
  • ヘッドハンターを自分で選ぶことができる

年収1,000万円以上の求人が30%以上

ビズリーチは、「選ばれた人だけのハイクラス転職」というキャッチフレーズの通り、ハイクラスの転職に特化した転職サイトです。
年収800万~2,000万円クラスの求人が多数揃っており、年収アップやさらなる高みを目指す転職をご希望の方にはうってつけです。

求人数も業界トップクラスで、公開求人約128,000件、非公開求人23,000件以上です。
この求人数は、さすが国内トップクラスのハイキャリア転職サイトといったところでしょう。

ビズリーチの求人例
ビズリーチで公開されている求人情報の一部をご紹介します。
下の画像のように、経営者層や高年収の求人が多数揃っています。

求人情報

会員登録をすることで企業名など詳細な求人情報を知れます。
このようなハイクラスの求人ほど一般には公開されないものなので、ビズリーチを利用することで非公開求人にも出会うことができるのは大きなメリットです。

また、オンライン×エンタメ求人や英語力を活かせる求人など、いま流行りの求人を特集で紹介しているのもビズリーチの面白いところです。

おすすめ求人

ビズリーチを利用すれば、経営幹部などのプロフェッショナル向け求人珍しい職種など、一人で転職活動をしているだけでは出会えなかった企業に出会えます。

口コミアイコン
40代男性(年収:1,000万円台)
求人のレベルがとても高かったことが印象に残っています。
登録が完了してそこまで時間がたたずに連絡が来て、転職成功までもとても丁寧に対応してくれました。
求人内容に関しては少し疑ってしまうほどのレベルで驚きました(笑)
スカウトを待つのもいいですが、自分で求人を探すのも楽しかったです。

(出典:独自アンケート)

口コミアイコン
Kさん
ビズリーチ経由で給与レンジが1000-2500万円の求人情報が届いて、おおよそ自分の資格や経験と合致しそう。
ちょっと話だけ聞いてみようか。

(出典:X(旧:Twitter)

口コミアイコン
30代男性(年収:800万円台)
求人情報についてですが、年収に関しては完全に自分の想像を超えていて驚きました。
予想していたよりも質の高い求人に出会うことができて、一定層からのキャリアアップのために活用しやすいサービスだったと思います。
ただ転職が決まるまでに割と時間がかかってしまったので、なにかと不安な時期が続いたことについては少し残念でした。

(出典:独自アンケート)

登録したらあとは待つだけでOK

ビズリーチは、求職者が自分で求人を検索する転職サイトとしての機能に加え、スカウト制度を採用しています。

転職活動をするうえで、「時間がなくて自分で求人情報や転職情報を集めることができない」というのは誰もが悩む課題の1つだと思います。

スカウト機能があることによって、求職者は登録したあとに待っているだけでも求人に出会うことが可能です。

スカウトサービスとは
スカウトサービスとはあなたが企業を探すのではなく、企業側からあなたを探してくれるサービスです。
希望条件や職務経歴などを登録しておくと、その情報を基にあなたに興味をもった企業からあなたへのアプローチが届きます。なお、氏名など個人を特定する情報は公開されません。

ビズリーチの場合は、求人企業からの直接スカウトに加え、ヘッドハンターによるスカウトがくることもあります。
企業と直接やり取りする方法に加え、担当のヘッドハンターのサポートによって効率的かつ高い成功率の転職活動を行えます。

ヘッドハンターとは
ヘッドハンターとは、役員クラスや経営に関する即戦力になる方などを対象として、人材と企業のマッチングをサポートするお仕事です。

マッチングサポートの手段はヘッドハンターによって異なり、専門企業に所属している方や個人で独立している方など様々です。

自分はスカウトしてもらえるのか心配という方もいらっしゃるかもしれませんが、ビズリーチには約4,000名のヘッドハンターが登録しており、ビズリーチ利用者の80%以上がスカウトで転職を成功しているという実績があります。

しかし良い求人のスカウトをもらうためには、それ相応の実績や経歴が必要となる場合があるので注意が必要です。
ご自身の経歴に自信がある方は、是非ビズリーチに会員登録して優良求人からのスカウトをもらってください。

口コミアイコン
Jさん(30代男性)
転職活動でビズリーチは本当にオススメです。
1日約10時間働きながら、自分の余暇時間を使い、経験と目的に合う会社と、それに伴う空いたポジションを探すのは至難の業。
最初に、職務経歴書を登録しておけば、後はエージェントから声がかかります。
待つだけ。選ぶだけ。
使わない手ないです#転職

(出典:X(旧:Twitter)

口コミアイコン
Sさん
ビズリーチの審査通って使い始めたけど楽でいいな

(出典:X(旧:Twitter)

口コミアイコン
40代女性(年収:700万円台)
忙しかったこともあって転職活動になかなか時間をさけずにいました。
そのような状況でスカウトサービスはとても便利でした。
なにもしていなくてもどんどんスカウトの連絡や求人案内の連絡が来るので、とても濃密な時間の使い方ができたと思います。
求人の質もいいので選ぶのが大変だったこと以外は文句の付け所がありません。

(出典:独自アンケート)

ヘッドハンターを自分で選べる

ビズリーチでは、ヘッドハンターを、求職者側から自由に選べます。

転職エージェントの場合、基本的にコンサルタントを指名してサービスを利用することができず、人柄や意思疎通の面でミスマッチが起こるということが頻繁にあります。
しかし、自由にヘッドハンターを選ぶことができるビズリーチの場合はこのようなミスマッチが起こり得ないので安心です。

会員登録をすることで、ビズリーチに登録している約4,000名のヘッドハンターの情報を詳しく見ることができます。
担当業種や経験年数、そして英語力や独自のヘッドハンタースコアなどで詳細検索できるので、あなたの要望にマッチしたヘッドハンターを探せます。

ヘッドハンター検索画面

ヘッドハンターは、自分の人生を左右する転職活動のパートナーとなる存在です。
特にハイキャリアの転職となると失敗が許されないため、あなたに最適なヘッドハンターに担当してもらうことが非常に大切です。

こうした点において、求職者の意思でヘッドハンターを選べるシステムを採用していることは、ビズリーチの大きなメリットの1つと言えます。

口コミアイコン
Kさん
ビズリーチのエクスクルーシブスカウトが届いたので、ヘッドハンターの方と面談してみたんだけどまあクオリティ高くて驚いたな
話し方、話す内容、市場動向のリサーチとそこに対する洞察等が今まできてたプラチナスカウトとは全くレベル違った
今回に限らず転職考える時は頼りにしたいと思える方だった

(出典:X(旧:Twitter)

口コミアイコン
Pさん
ビズリーチのヘッドハンターやばいな
めっちゃ私の望み通りの求人票送ってくれるし、内容もきめ細かい

(出典:X(旧:Twitter)

口コミアイコン
50代男性(年収:1,000万円台)
転職なんて人生でそう何度もしたくなかったので、担当してもらう人は自分が心から信頼できる人にお願いしたいと思っていました。
ヘッドハンター選びにはかなり時間をかけ慎重に行いました。
その結果、自分の希望にマッチしたヘッドハンターと出会うことができ、個人的にとても満足度の高い求人をたくさん紹介してもらうことができました。

(出典:独自アンケート)

悪い評判・口コミから分析|ビズリーチは最悪?利用するデメリット

ビズリーチの悪い評判を聞いたことはありませんか?
ここでは、悪い評判・口コミもご紹介いたします。

ビズリーチは国内最大級のハイクラス転職サイトであることもあり、100万人以上の登録者がサービスを利用しています。ここまで多くの登録者がいれば、いい評価ばかりだけではなく悪い評価が出てくるのも当然であると言えます。

ですから、あなたもビズリーチの悪い評判を聞いたことがあるのではないでしょうか。

またヘッドハンターのスカウトを利用する場合、ヘッドハンターによってサポート体制が異なるようです。
転職サービスを利用するときには実際に使ってみての使い勝手や自分との相性が大切になりますので、実際に利用してみて合わないようであれば他の転職サービスの利用を検討してみてください。

デメリットに対する対策もご紹介いたしますので、是非参考になさってください。

ビズリーチを利用するデメリット

  • 無料で利用できる範囲が少ない
  • 登録をお断りされる・審査に落ちる場合がある
  • 悪質な求人がある

無料で利用できる範囲が少ない

ビズリーチの口コミ・評判の中には、無料で利用できるコンテンツの範囲の狭さに対する悪い評価が多かったです。

ビズリーチは会員登録などは無料で行えますが、積極的に転職活動したい場合や秘匿性の高い求人情報を得たい場合には、有料会員登録が必要です。

他の転職サービスの場合は基本的にすべてのサービスを無料で利用できるため、このような評価になってしまうのは当然かもしれません。
しかしビズリーチが利用を有料としている理由は、お客様を真のお客様だと考えているためです。

ビズリーチが有料の理由

求人企業やヘッドハンターからのみお金をもらって求職者からお金をもらわないでいると、結果的に求人企業やヘッドハンターが得をするようなサービスになっていってしまいます。

ビズリーチがなぜ有料会員制を採用しているかを考えてみると、評価も変わるかもしれませんね。

口コミアイコン
40代女性(年収:600万円台)
利用者満足度が高いということで登録してみた。
登録して2日程度しかプレミアムステージと同じ恩恵を受けることができなかった。
本気で転職するために利用するとなると無料会員のサービスの範囲では不可能なので、有料会員になるしかない。
にもかかわらず登録に関しては無料であることを強調しているところがいやらしいと思った。

(出典:独自アンケート)

口コミアイコン
Nさん
ビズリーチで面談確約スカウトが来ているのにスタンダードプランだから見れない!
ビズリーチめ、俺をプレミアム会員にして会費を稼ごうという魂胆だな!

(出典:X(旧:Twitter)

口コミアイコン
30代男性(年収:700万円台)
転職支援サービスの醍醐味である非公開求人の閲覧が、無料会員ではできないことに驚いた。
スカウトを見ていても突然無料会員では閲覧不可能になる部分もあり、ビズリーチを利用していくうえで無料会員はかなり肩身が狭いと思った。
無料会員で無理やり転職成功まで頑張るくらいなら別のサービスを使ったほうがいいのではないかと思う。

(出典:独自アンケート)

登録をお断りされる・審査に落ちる場合がある

ビズリーチは30代後半・40代・50代などハイクラス転職に特化した転職サイトです。

年収やポジションのレベルが高い分、募集業界や職種の関係上、どうしても応募条件が厳しくなってしまう求人が多いです。

そのため、職務経歴などの登録情報で企業やヘッドハンターの目にとまるような経歴がない場合は、審査に通らない場合もあります。

口コミアイコン
40代男性(年収:550万円台)
求人情報を見て、行きたいところはたくさんあったにもかかわらず、スカウトがこないどころかこちらから応募しようとしてもなかなか対応してもらえませんでした。
おそらく私の経歴を見て応募不可と判断されたんだと思います。
また、しっかりした経歴がなければ丁寧なサポートは受けられないようです。
書類の添削をお願いしたのにずっと後回しにされました。

(出典:独自アンケート)

口コミアイコン
Mさん
ビズリーチに登録したけど、審査落ちた。まあ職務経歴書ガッツリ書かないといけないのが面倒で、手抜きしたから…だと思いたい。特に今すぐ転職を考えているわけじゃないけど、自分の市場価値を知りたいので、とりあえず審査受かるくらいにはしっかり書こうか…時間があるときに。

(出典:X(旧:Twitter)

口コミアイコン
40代女性(年収:500万円台)
登録してもなかなか良いスカウトの連絡がこない。
また、自分で探してもほとんどの求人の応募要件を満たすことができない。
職務経歴や希望の職種などは登録してあるはずなのにまったく関係のない求人ばかりを紹介してきてもはや不思議だった。
しかも有料会員になればもっと良い求人を紹介するといった宣伝が定期的にメールで送られてくるので、人を馬鹿にしているのかと思った。

(出典:独自アンケート)

悪質な求人がある

ビズリーチを利用していて悪質な求人に出会ったという口コミも多くありました。
おそらくこのような評価をする方は自分で求人を探さず、スカウト機能やメールでの求人紹介のみを利用していると考えられます。

これらの機能は自分で求人を探す手間が省けるというメリットがありますが、自分で求人を探すことがないため、求人の詳しい情報まで知ることができないことがデメリットとして考えられます。
求人とのミスマッチをさけるため、ビズリーチの求人検索機能や口コミサイトを活用して、詳しい求人情報を調べるようにするとよいでしょう。

年収や職種だけで求人の質を判断してしまうと、思わぬミスマッチが起こる要因にもなるので注意しましょう。

口コミアイコン
Gさん(30代男性)
ビズリーチでSランクとかAランクのヘッドハンターから連絡くるやん?
お!って期待して返信するやん?
普通の人が出てくるのなんなん?

(出典:X(旧:Twitter)

口コミアイコン
30代男性(年収:900万円台)
自分の希望にはマッチしない求人ばかりからスカウトがきたので残念だった。
また、メールで求人を紹介されてもそれがどのような仕事なのかよくわからないということが多かった。
もう少し詳しく教えてくれても良いのではないかと思う。

(出典:独自アンケート)

ビズリーチの特徴|リクルートダイレクトスカウトとの違いを徹底比較

ビズリーチと同じくハイクラス向けのスカウト型転職サービスとして、リクルートダイレクトスカウトの利用を検討される方が多いのではないでしょうか。

ここからは両サービスの違いを比較しながら、ビズリーチの特徴について紹介していきます。

両者は異なる強みとメリットを持っており、自分の目的に合ったサービスを選ぶことが重要です。

求人数・取り扱っている求人の種類

以下にビズリーチとリクルートダイレクトスカウト両メディアの職種別求人数を比較してまとめました。

職種 ビズリーチ リクルートダイレクトスカウト
営業・サービス 約11,300件 約22,000件
経営・経理・管理・人事 約21,235件 約41,800件
IT・ゲーム・デザイン 約8,300件 約54,600件
機械・電気・電子・半導体 約8,147件 約20,600件
建設・不動産 約5,600件 約20,100件
コンサルタント・専門職 約25,200件 約3,3700件
マーケティング・広告 約5,700件 約12,800件
メディカル 約3,700件 約6,000件
金融 約4,000件 約9,900件

※2023年7月時点

ビズリーチは、中堅・ミドルクラス以上のポジションに特化しており、高いキャリアや専門知識を持つ人材を求める企業の求人を豊富に取り扱っています。

ビズリーチの公式サイト上で確認できる求人数は約84,000件※です。

対して、リクルートダイレクトスカウトは約180,000件の求人を保有しています。

一般的な職種や業界の求人情報なども豊富であり、ビズリーチと比べるとより幅広く求人を扱っていることが特徴です。

ビズリーチはハイクラス層の転職支援に特化した転職サイトのため、求人の数では劣ります。

しかし、審査制があるように求人の質が保証されているため、キャリアアップを念頭に置いている求職者の方におすすめの転職サイトです。

スカウトの種類

ビズリーチは、優良企業や一流ヘッドハンターから直接スカウトが届くことが特徴です。

求職者が自己プロフィールを作成し、希望条件を登録すると、企業から直接スカウトメールを受け取れます。

このスカウトメールには、求人情報や企業の情報が詳細に記載されており、自分に合った求人を選べます。

一方、リクルートダイレクトスカウトでは、サービス側のヘッドハンターと呼ばれる担当者からスカウトを受けることが一般的です。

企業からの直接スカウトは採用担当者が個人の経験やスキルを見たうえで送られるため、ヘッドハンター経由よりもマッチ度が高くなります

>>ビズリーチに登録する

利用料金

ビズリーチは、ハイキャリア向けで審査制度があり、無料でもスカウトを受けられることが特徴です。

しかし無料会員では一部のプラチナスカウトのみ返信可能であり、求人検索も企業名は公開されないなど一部機能が制限されます。

有料会員になることで全ての企業からのスカウト返信・求人検索・ヘッドハンターの選択が可能に

また有料会員の中でも2つのプランが用意されており、審査時に振り分けられそれぞれのプランに応じた機能や特典が提供されます。

以下に表でまとめました。

プラン スカウト 求人検索 ヘッドハンター
無料 プラチナスカウトのみ返信可能 公募や特集求人への応募・一般求人への検索や閲覧可能(企業名非公開) 相談不可
有料(タレント会員)Web決済
30日間コース
5,478円
全てのスカウトに返信可能 年収1000万円以上の求人に応募できない ハイクラス専門ヘッドハンター相談不可
有料(ハイクラス会員)Web決済
30日間コース
5,478円
全てのスカウトに返信可能 ・全ての一般求人に応募可能・ 全てのヘッドハンターに相談可能

▶︎横にスクロールできます▶︎

一方リクルートダイレクトスカウトは、求人検索やスカウトの返信など全機能が無料で利用できます。

以上のように、ビズリーチとリクルートダイレクトスカウトは求人数、スカウトの種類、利用料金という面で異なる特徴を持っています。

自身のキャリアや転職の目的に合わせて、比較検討し併用して活用するのもおすすめです。

ビズリーチの利用をおすすめしたい方

ここまでの口コミに基づいたビズリーチのメリット・デメリットをふまえて、ここではビズリーチがどのような方におすすめかをご紹介していきます。

ビズリーチは、転職サイトとしての機能とスカウトシステムを兼ね備えていることと、ハイキャリアに特化した質の高い求人が特徴です。

そのため、ハイクラス転職を狙う30代後半、40代、50代のすべての方におすすめの転職サービスです。

ですが、転職サービスを選ぶ際にはひとつの転職サービスだけに頼らないことが最も重要です。
なぜなら、あなたの希望する働き方と転職サービスの得意不得意が合っていなければ本当に希望していた働き方を叶える求人には出会えないからです。

ビズリーチと併せて複数の転職サービスを利用し、転職サポートを希望する場合は数名のキャリアアドバイザーと出会うことで、あなたの希望する働き方をきちんと理解してくれるひとに出会えると思います。

まずは、多くの方におすすめしたい総合型転職エージェント業界大手3社をご紹介いたします。

サービス 求人数 コメント
doda 約200,000件(2023年3月時点) 待っているだけで
企業からスカウト!

マイペースな転職も
リクルートエージェント 634,427件(2023年3月30日時点) 他では見られない
非公開求人10万件〜
転職支援実績No.1
マイナビエージェント 非公開 各業界に精通した
アドバイザー在籍

応募書類や面接の
丁寧なサポートあり

幅広い業種・職種・年代に対応している上記の業界大手3社に登録後は、特化型転職エージェントにも登録しましょう。
下記の記事でタイプ別・職種別におすすめの転職エージェントをご紹介しています。

【関連記事】
・年代別・タイプ別・職種別・地域別におすすめの転職支援サービス

特化型転職エージェントは特定の職種・業界・タイプ別に特化したサポートが魅力です。
気になる業界がある方はそこに特化したものをお選びください。担当者が業界出身者であることが多く、専門性の高いアドバイスを得ることができ、転職活動がスムーズに進められる可能性が高くなります。

最終的には総合型と特化型で合計3社ほど利用するのがおすすめです。

各社の求人を確認したり、担当者と面談したり、実際にサービスを利用してみてください。
求人の検索のしやすさや担当者との連絡の方法、担当者の熱意などあなたで合う合わないがはっきりとしてくると思います。

使いやすいサービスについてはそのまま継続利用し、もっと他にも検討してみたいとおもった場合には早めに他の転職エージェントの利用も検討しましょう。

また、転職活動を進めていくと知識もついてきて、希望条件も変化していく方もいらっしゃると思うので、そのタイミングで改めて転職エージェントを選んでみるのもいいですね。
転職エージェントは担当するキャリアコンサルタントの相性や質が最も重要です。まずは利用してみて、一番良いと思ったところを活用するという心構えで選んでみることをおすすめします。

ビズリーチは有料じゃないと役に立たない?無料会員との違い

転職サイト「ビズリーチ」には、無料会員と有料プランの2つの選択肢が存在します。

そのため、多くの方が「無料のままで十分なのか?」「有料プランにする価値はあるのか?」と疑問を持っていることでしょう。

この章では、その違いや有料プランの評価について深掘りしてみましょう。

有料プランは高い?加入後できるようになることを調査

ビズリーチには無料プランと有料プランがあり受けられるサービス内容が異なります。
ビズリーチの有料プランは一見高額に感じるかもしれませんが、加入後に利用できるサービスの幅が大きく広がります。

例えば、専任のキャリアアドバイザーとの面談が可能になり、転職活動のサポートを受けることができます。
また、非公開求人へのアクセス権や、プレミアムコンテンツへのアクセスなど、無料会員では利用できない機能が数多く追加されます。

これらの機能は転職成功率を高める要因となり、有料プランの価格以上の価値があると考えられます。

ビズリーチの有料プランに対する利用者の評判

多くの利用者からの評判によれば、ビズリーチの有料プランは非常に価値があるとの声が挙がっています。

特に、非公開求人へのアクセスが評価されており、高待遇な求人や希少な職種への応募が可能となる点がユーザーに評価されています。

また、専任のキャリアアドバイザーのサポートも非常に評価が高く、転職活動を効率的に進めるためのアドバイスやサポートを受けられる点が好評です。

ビズリーチで求人が豊富な業界一覧

ビズリーチでは、ハイクラスの人材を対象にしているため、年収が高い業界とのマッチングを得意としIT人材のニーズに強い関心を持っています。

逆に教育、官公庁といった公務員の求人は少ない傾向にあります。

以下、ビズリーチが得意とする業種を求人数の多いものから順に3つ表にまとめました。

業種別データ

業種 件数
IT・インターネット 35,115件
コンサルティング 17,257件
メーカー 14,706件

※2023年5月時点

IT・インターネット業界

ビズリーチは、IT・通信業界の求人を3万件以上保有しています。

求人内容は主にITコンサルタント・プロジェクトマネージャー・システムエンジニアなど技術や開発の専門知識を要するポジションや、人材開発や制度の企画・運営から関わる集約ポストが多く掲載されています。

>>ビズリーチに登録する

コンサルティング業界

ビズリーチのコンサルティング業界では営業企画・運営や新規事業開発、データサイエンティストなど様々なポジションの求人が17,000件以上掲載されています。

年収1,000万円以上の高収入求人や管理職・ハイクラス・グローバル人材向けの非公開求人情報が充実しています。

>>ビズリーチに登録する

メーカー業界

ビズリーチでは、メーカー業界におけるポジションも豊富に扱っています。

メーカー業界は、製品開発や生産活動において高度な専門知識と技術が求められる分野のため、年収が比較的高いことが特徴です。

ビズリーチは、メーカー業界における優れた人材を見つけるためのネットワークを構築しています。

自動車や電子機器、医療機器など、さまざまなメーカー業界における品質管理、生産管理、製品設計などの専門的なスキルを要するポジションが掲載されています。
>>ビズリーチに登録する

ビズリーチで実際に掲載している求人例|職種別

この章では、ビズリーチの実際に掲載されている求人を紹介します。

コンサルタントの求人例|ビズリーチ

コンサルタント職で2023年5月時点で13,000件以上の求人が掲載されています。

全体としてコンサルタントの求人は800万~1200万です。
以下は求人の一例です。

年収 800~1200万
職種 戦略コンサルタント・財務コンサルタント・M&A・合併・提携
業種 コンサルティング・その他
勤務地 東京都
仕事内容 M&A仲介業務

>>公式サイトで求人を見る

営業の求人例|ビズリーチ

営業職で2023年5月時点で13,000件以上の求人が掲載されています。

全体としてコンサルタントの求人は800万~1200万です。
以下は求人の一例です。

年収 800~1200万
職種 法人営業・営業企画
業種 SIer・ソフトウェア
勤務地 東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県
仕事内容 プロジェクト品質管理・リソース計画・管理、OSサポート、マーケティング検討と実行

>>公式サイトで求人を見る

経営の求人例|ビズリーチ

経営職で2023年5月時点で13,000件以上の求人が掲載されています。

全体として経営職の求人は800万~1200万です。
以下は求人の一例です。

年収 800~1000万
職種 経営企画・経営戦略・管理会計
業種 インターネットサービス・人材紹介・人材派遣
勤務地 東京都
仕事内容 経営管理

>>公式サイトで求人を見る

ビズリーチ登録は会社にばれる? 利用時の注意点

現職の勤め先にばれない設定をする

職務経歴書を非公開にする

複数のサービスから同じ求人に応募しない

ビズリーチのヘッドハンターの見極め方

ヘッドハンタースコアを確認する

業界に精通しているかを見る

スカウトの質を見る

ビズリーチと併用をおすすめする転職サービス5選

ここでは、ビズリーチと併用すべき転職サービスを5つご紹介します。

ぜひ、参考にしてみてください。

転職エージェントは2〜3社の登録がおすすめ
・より多くの求人を比較
・相性の良い担当者を探す
・使いやすい転職エージェントを探す

1.doda X

doda X

doda Xの特徴

  • ハイクラス転職に特化
  • 大手企業の案件を多数保有
  • 幅広い業界の求人を保有

doda Xは希少性の高いハイクラス求人に特化したヘッドハンティングサービスを提供する会社です。

豊富な業種・業界の求人を保有しているため、希望に合った企業を提案してくれます。

また、時間をかけてヘッドハンターと相談することで、自身の強みの発掘や転職に関する不安を解消することも可能です。

さらに、大手企業とも多数の取引があるため、自身の強みを生かせる大きなフィールドを見つけられます。

>>公式サイトはこちら

求人数 31.748件
※2023年6月時点
求人の質
転職サポート
総合評価
対応エリア 北海道・青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島・東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城・栃木・群馬・山梨・長野・新潟・富山・石川・福井・愛知・静岡・岐阜・三重・大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイト https://doda-x.jp/


関連記事:
doda Xの評判・口コミ|徹底調査による賢い利用方法も解説

2.リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウトの特徴

  • リクルートグループが運営
  • 年収800万円以上の求人を多数保有
  • 国内大手企業の転職に強み

リクルートダイレクトスカウトはリクルートが運営するハイクラス転職特化のヘッドハンティング会社です。

リクルートグループの豊富なネットワークを生かして、国内大手企業の年収800万円以上の高収入求人を多数保有しています。

豊富な求人の中から、ひとりひとりの強みを生かせる転職先を提案してくれるため、登録するだけで安心してスカウトを受けられます。

企業のヘッドハンターからのスカウトと求人検索を並行できるため効率良く転職先を探せます。
公式サイトはこちら

求人数 非公開
求人の質
転職サポート
総合評価
対応エリア 北海道・青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島・東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城・栃木・群馬・山梨・長野・新潟・富山・石川・福井・愛知・静岡・岐阜・三重・大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイト https://directscout.recruit.co.jp/


関連記事:
リクルートダイレクトスカウトの評判・口コミ|徹底調査による賢い利用方法も解説

3.JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントの特徴

  • 外資系企業の転職に強み
  • 海外展開を控える企業の求人も多数保有
  • 専門知識豊富なコンサルタントによるサポート

JACリクルートメントは東証一部上場企業のJACが運営するヘッドハンティング会社です。

各業界に豊富な知識を持つ専門コンサルタントにより、ひとりひとりの経験を生かせる企業を紹介することが可能です。

国内外に拠点を持っているので、国内企業のみならず外資系企業の求人も多数保有しています。

また、海外に進出しようとしている新興企業などの非公開案件も多数保有しています。

>>公式サイトはこちら

求人数 非公開
求人の質
転職サポート
総合評価
対応エリア 北海道・青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島・東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城・栃木・群馬・山梨・長野・新潟・富山・石川・福井・愛知・静岡・岐阜・三重・大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイト https://www.jac-recruitment.jp/


関連記事:
JACリクルートメントの評判・口コミ|徹底調査による賢い利用方法も解説

4.ランスタッド

ランスタッド

ランスタッドの特徴

  • グローバル企業の求人に強み
  • 世界39か国に拠点
  • 経営幹部クラスの求人を豊富に掲載

ランスタッドは世界39か国に拠点を持つヘッドハンティング会社です。

豊富な海外拠点を生かしたネットワークにより、外資系企業や多国籍企業の求人を多数保有しています。

また、経営幹部クラスの求人も多く高収入の案件が豊富にそろっています。

>>公式サイトはこちら

求人数 非公開
求人の質
転職サポート
総合評価
対応エリア 北海道・青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島・東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城・栃木・群馬・山梨・長野・新潟・富山・石川・福井・愛知・静岡・岐阜・三重・大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイト https://www.randstad.co.jp/


関連記事:
ランスタッドの評判・口コミ|徹底調査による賢い利用方法も解説

5.リクルートエグゼクティブエージェント

リクルートエグゼクティブエージェント

リクルートエグゼクティブエージェントの特徴

  • 現職取締役や執行役員・部門責任者の方の転職をサポート
  • 一人一人の経験や強みを生かした求人提案が可能
  • 経営幹部とエグゼクティブ層に特化したサービス

リクルートエグゼクティブエージェントは経営幹部とエグゼクティブ層(社長・取締役、CEO・COO・CFO等の経営執行責任者、事業部門責任者)に特化したヘッドハンティング会社です。

特に現職取締役や執行役員・部門責任者としてご活躍中の方をヘッドハンティングすることにより、社内外から経営に携わる新たなフィールドを提供してくれます。

あなたが経験してきた業界や職種を生かせる求人をコンサルタントとの面談を通じて探すことができ、条件確認や就業決定まで一貫してサポートしてくれます。

求人数 非公開
求人の質
転職サポート
総合評価
対応エリア 北海道・青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島・東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城・栃木・群馬・山梨・長野・新潟・富山・石川・福井・愛知・静岡・岐阜・三重・大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイト https://www.recruit-ex.co.jp/


ここではハイクラスにおすすめの転職サイトやヘッドハンティング会社を紹介しました。

さらに多くの転職サイトを比較したい方は以下の記事も参考にしてください。
ヘッドハンティング会社おすすめランキング|評判・口コミを比較
転職サイトおすすめランキング|口コミや評判を徹底比較

ビズリーチの登録後の流れ

ビズリーチの利用の流れは他の転職サイトや転職エージェントとは異なり、採用企業と直接やりとりするのか、ヘッドハンターのサポートを受けるのかによって変化します。

さらにヘッドハンターによっても利用する流れに若干の差異があります。

とは言っても根本となる流れは共通しており、他の転職サービスと大きく異なるわけではないので、基本の流れを理解しておきましょう。

1.登録

ビズリーチを利用するには、まずは「会員登録(無料)」フォームから申し込む必要があります。
登録は簡単で、平均して約5分ほどで完了します。

2.スカウトをもらう・求人に応募する

企業と直接やり取りする場合とヘッドハンターのサポートを受ける場合の2つご紹介します。

企業と直接やり取りする場合

・企業から届いたスカウトに返信
・企業が掲載している求人を自分で検索して応募
・メールで送られてくる職務経歴とマッチした求人に応募

これらの方法で応募することで、企業と直接やり取りできます。

ヘッドハンターのサポートを受ける場合

・ヘッドハンターからのスカウトに返信
・ヘッドハンターが掲載している求人を自分で検索して応募
・ヘッドハンターを検索

これらの方法でヘッドハンターからのサポートを受けながら転職活動を進められます。

>>ビズリーチに登録する

3.ヘッドハンターと面談(ヘッドハンターのサポートを受ける場合)

ヘッドハンターのサポートを受ける場合、求人応募の後に面談が行われます。
面談では、ヘッドハンターにより詳細な希望を伝えることによって、より希望にマッチした求人を紹介してもらうことが可能です。

面談の場所や日程、服装についてはヘッドハンターによって異なります。
下記に基本的な転職エージェントとの面談時の服装について紹介しているので是非参考にしてください。

面談時の服装
面談時の服装は自由です。
リラックスして話せることを重視するのであれば、着慣れた私服などがいいでしょう。

一方、企業との面接対策も兼ねて身だしなみのアドバイスも受けたいという方はスーツなどでいくのもおすすめです。
身だしなみのアドバイスはどこをどのように注意すると採用担当者からの印象が良くなるのか、より具体的に提案してもらいましょう。

ヘッドハンターによってはお電話にて面談を実施してもらうことも可能です。
株式会社ビズリーチの拠点での面談の可能性もありますので、下記にビズリーチの拠点を紹介しておきます。

全国の拠点一覧
東京本社
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷2-15-1
各線渋谷駅より徒歩4分

渋谷363清水ビル
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3-6-3 渋谷363清水ビル7F
各線渋谷駅より徒歩4分

渋谷新南口ビル
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3-28-13 渋谷新南口ビル6F
JR渋谷駅より徒歩1分

ネクストサイト渋谷ビル
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷2-12-4 ネクストサイト渋谷ビル5F
各線渋谷駅より徒歩10分

関西オフィス
〒530-0001
大阪府大阪市北区梅田2-1-3 桜橋御幸ビル9F
大阪市営地下鉄西梅田駅より徒歩1分、JR北新地駅より徒歩2分、JR大阪駅より徒歩5分

名古屋オフィス
〒450-6322
愛知県名古屋市中村区名駅1-1-1 JPタワー名古屋22F
各線名古屋駅より徒歩5分

福岡オフィス
〒810-0002
福岡県福岡市中央区西中洲12-33 福岡大同生命ビル12F
地下鉄空港線天神駅より徒歩5分

面談を通じて今後のキャリアについて考え、強みや弱みを共有することでお互いの信頼関係を構築します。
無理に転職をせかされたりすることはないので安心してくださいね。
面談で行うのは下記のような内容です。

キャリアの棚卸し

ヘッドハンターと共に客観的にみたあなたの強み・弱みを整理します。

転職の目的や希望条件の確認
転職で実現したいことや譲れない条件の確認をします。転職すること自体がゴールではなく、転職してどうなりたいかを考えます。入社後の活躍やキャリアアップ、どのような生活・環境を望むのかしっかり伝えておきましょう。

方向性の明確化
面談後の転職活動の進め方を決めます。希望の転職時期から逆算してスケジュールを立てていきます。

現在の転職市場に関する情報共有
現在の転職市場ではどのような人材が求められているのかなどの情報を得ることができます。客観的にみた、あなたの評価・強みを確認しておきましょう。

当日の面談をスムーズに進めるためには、希望条件や希望職種・業界をある程度具体的に考えておきましょう。
ヘッドハンターとの面談では、最新の転職市場の情報を得られるだけでなく、あなたの現在の状況や今後の方針を整理しながらスケジュールを立てられるので、やるべきことが明確になってくると思います。

また、ヘッドハンターに希望の条件を詳細に話せば話すほど、その条件にマッチした、スカウトにも載らないほど秘匿性の高い非公開求人を紹介してもらうことも可能です。

非公開求人とは
多くの転職サービスは非公開求人を紹介してくれます。

企業名や募集の詳細などが一般には公開されていない隠れた企業に出会えることは、転職サービスを利用する上でのメリットとなります。
なぜ企業は人材を募集しているにもかかわらず求人を非公開にしているのか気になる方が多いと思います。

その理由は主に2つ。
1つ目は事業戦略を踏まえての非公開です。新規事業などで急遽人員を募集する場合や、極秘プロジェクトのための特定の分野で人員を募集している場合は、企業側は人員募集を公にすることを拒む場合があります。
2つ目は採用活動の効率化のためです。求人を掲載して応募が来るのを待っている時間がない場合や、逆に求人を公開すると応募が殺到してしまい対応しきれなくなってしまうことを避けたい場合、企業は転職エージェントを利用した非公開求人として人員を募集します。

こうした背景から、非公開求人は大企業や有名企業の求人や、特定の分野の自分に合った求人を見つけやすいので、積極的に転職サービスから紹介してもらいましょう。

4.面接

面接は企業とあなたのお互いの理解を深める場です。

ヘッドハンターを経由する場合、面接前にしっかりと面接対策として模擬面接を行ってくれています。

応募企業に合わせたあなたのアピールすべきポイントをアドバイスしてくれるので、面接官に伝えるべき内容を忘れずに把握しておけます。

面接で緊張してしまうという方でも、こうした面接対策があるので安心です。
面接後には企業からのフィードバックを共有してくれるヘッドハンターもいるので、次回以降の面接に活かすことができます。

>>ビズリーチに登録する

5.内定・入社

ヘッドハンターを経由した場合、自分ではなかなか言いづらい給与などの交渉や、勤務開始日の打ち合わせなどをヘッドハンターが代わりに行ってくれます。
前職の退職に関する交渉のアドバイスも行ってくれるので、転職の際にありがちな退職困難に陥る心配もありません。

ヘッドハンターによっては転職成功してもそこから数か月はサポートを継続してくれることもあります。
職場での悩みなど何でも相談してみるとよいでしょう。

また、ビズリーチは無事入社が決まった方にお祝いを用意しています。
受け取り忘れが無いようににしましょう。

>>ビズリーチに登録する

ビズリーチの入会審査に落ちる可能性がある人の特徴

管理職の経験が浅い

ビズリーチの審査において、管理職の経験が浅いことは、審査落ちの要因の一つです。

ビズリーチはハイクラス向けの転職サイトであり、高年収の求人が中心です。

そのため、管理職としての豊富な経験や実績が求められます。特に、ビズリーチがターゲットとする20代から40代の層では、管理職としての経験が浅いと、審査を通過するのが難しくなります。

管理職経験が浅い場合、ビズリーチではなく、第二新卒向けや一般向けの転職エージェントを利用することが推奨されます。

転職を繰り返している

転職を頻繁に繰り返している履歴も、ビズリーチの審査においてマイナスとなる可能性があります。

企業側の採用目線では、転職回数が多いことは、安定性や長期的なコミットメントに疑問を持たせる要因となります。

特に、特段の事情もなく空白期間が長い場合、企業側から敬遠される傾向があり、ビズリーチの審査にも影響を及ぼす可能性が高いです。

転職回数が多い方は、自身の経歴を見直し、転職の理由や経験を明確に伝えることが重要です。

ビズリーチの入会・退会方法について

ここからはビズリーチの入会と退会方法について解説します。どちらも手順を踏めば簡単なので、不安な方はぜひ確認してみてください。

ビズリーチの入会方法

ここからビズリーチの具体的な入会の手順について説明します。

★ウェブサイトにアクセス
★必要情報の入力
★プロフィールの完成
★利用規約の同意

ビズリーチの入会手順は4つのステップに分かれます。

公式ウェブサイトへアクセス: ビズリーチの公式ウェブサイトにアクセスし、「会員登録」をクリックします。

必要情報の入力: 氏名、メールアドレス、パスワードなどの基本情報を入力します。

職務経歴の登録: 職務経歴を詳細に記入します。これには、過去の職歴、職務内容、達成した成果などが含まれます。ビズリーチはキャリア志向の高いプロフェッショナル向けのサービスであるため、職務経歴は入会の際の重要な要素です。

プロフィールの完成: プロフィールを充実させることで、より適切な求人やスカウトが期待できます。学歴、資格、スキルなどを詳細に記入しましょう。

利用規約の同意: 最後に、ビズリーチの利用規約を読み、同意する必要があります。規約には、プライバシーポリシーなどの重要な情報が含まれているため、注意深く読むことが推奨されます。

ビズリーチの退会方法

ビズリーチから退会するには、以下の手順を踏みます。

★アカウント設定へのアクセス
★退会手続きの選択
★退会理由の入力
★退会の確認
★退会の完了

アカウント設定へのアクセス: ログイン後、アカウント設定ページにアクセスします。

退会手続きの選択: アカウント設定ページの中から「退会手続き」のオプションを選択します。

退会理由の入力: 退会する理由を選択または入力します。ビズリーチでは、ユーザーのフィードバックをサービス改善のために活用しています。

退会の確認: 最後に、退会を確定する前に、すべてのデータが削除されることを理解し、確認します。退会後は、プロフィールや職務経歴などの情報が復元できなくなるため、注意が必要です。

退会の完了: すべての手続きを終えた後、退会が完了します。これにより、ビズリーチのアカウントは無効となり、サービスの利用ができなくなります。

以上の手順に従うことで、ビズリーチの入会と退会がスムーズに行えます。キャリアアップを目指す際の強力なサポートツールとして、ビズリーチを最大限に活用しましょう。

ハイクラス層(40代・50代)の転職を成功させるための3つの方法

40代および50代の経験豊富なプロフェッショナルが転職を成功させるためには、独自の課題や機会に対応する特定の戦略とアプローチが必要です。

そこで、この記事ではビズリーチを利用する40・50代の転職を希望する方が成功を収めるために役立つ3つの方法についてご紹介します。

転職エージェントを活用する

まず、転職エージェントを活用することの最大の利点は、求人情報を一括で検索できることによる、時間と手間の省略です。

また、自分のスキルや経験に合った求人情報をピンポイントで提案してもらえるため、効率的に転職活動を進められます。

さらに、転職エージェントは求人情報だけでなく、転職活動のアドバイスや面接対策などのサポートもしてくれます。

転職エージェントの担当者と密なコミュニケーションを取りながら、自己PRの方法や転職市場のトレンドについて学ぶことで、自分の強みを最大限にアピールすることができ、転職成功への道を切り開くことができるでしょう。

>>ビズリーチに登録する

専門性をアピールする

ハイクラス層の求職者の中で競争力を高めるには、自分の専門性をアピールすることが重要です。

スキルや経験を整理し、具体的な実績や成果を示すことで専門性を証明しましょう。

職務経歴書や自己PR文書では専門的な知識やスキルを具体的に記載し、最新の業界トレンドや動向も把握することで面接で活用できます。

専門性を高めるために、関連セミナーや研修に参加することで最新の知識とスキルを身につけ、自己成長を積み重ねることが転職成功につながるでしょう。

>>ビズリーチに登録する

市場・企業の研究をする

最後にハイクラス層の転職成功には、市場や企業の研究が必要不可欠です。

自分が興味を持つ業界のトレンドや成長性を把握し、市場の動向や将来性を分析することで、ご自身のキャリアを展望できます。

この研究は面接時の対話にも役立ちます。徹底的な企業研究を通じて自己分析し、自身のスキルや経験、興味や価値観を整理し、転職活動に活かすことが重要です。

>>ビズリーチを利用してみる

転職エージェントを最大限に活用する6つのポイント

この章では、転職エージェントを最大限に活用する6つのポイントを紹介します。

連絡は素早く・こまめに

担当のキャリアアドバイザーとの連絡はスピーディーに行うことを意識しましょう。
スピーディーな連絡は転職意欲が高いと判断され、優先的に条件の良い非公開求人が紹介される可能性が高まります。

人気のある条件の良い求人はすぐに募集を締め切ってしまう場合も多いです。日頃から素早い連絡を心がけることでチャンスを逃さないようにしましょう。
また、転職活動では書類選考の締め切りや面接日時の設定など、企業との段取りをきちんと進めなければならない場面も多いので、連絡は素早く返しましょう。

計画が立てやすかったり、転職エージェントと企業側の両者に好印象をもってもらえます。

複数の転職エージェントを利用していて、あまり連絡をとっていないエージェントがあれば、2週間に1度程度は連絡して、まだ転職活動をしていることを伝えてみましょう。

あまり連絡がないと転職活動を終えたと判断され、新しい求人の紹介があまりされない可能性があるからです。

>>ビズリーチに登録する

転職時期は「良いところがあればすぐにでも」

転職エージェントとの面談では必ず希望の転職時期を聞かれます。その場合には少し時間をかけて転職活動をしたい場合にも「良いところがあればすぐにでも」と伝えることをおすすめします。

理由は良い求人を優先的に紹介してもらうためです。
転職エージェントも早期に売上に繋がりやすい、転職への熱意が強い方を優先して対応しています。

そのため、転職時期はまだ考えていない…などと答えてしまうとすぐに転職したい方と比べると優先順位は低くなってしまいます。
また、人気のある良い求人は非公開で応募が終了してしまうことも多いので、優先的に紹介してもらえるようにアピールしましょう。

>>ビズリーチに登録する

経歴やスキルは正直に伝える

一般的に登録情報ややり取りの内容は情報が残ります。後から「話が違う‥」などとなってしまうと虚偽報告をする人物として紹介してもらえる求人が限られてくる場合もあります。

入社後にご自身のスキルに合わない仕事を任されてしまった…などといったことがないようにするためにも正直に伝えることをおすすめします。
また、経歴や希望条件をまとめておくと、複数の転職エージェントを利用する場合にもスムーズに共有できますし、中身の濃い面談が受けられます。

>>ビズリーチに登録する

希望条件は優先順位をつけたり、理由を伝える

面談の前には希望条件をリストアップしましょう。より自分の希望を叶える転職先を見つけるためには、あなたの考えをしっかり担当のキャリアコンサルタントに共有することが重要です。

なぜならキャリアコンサルタントはその希望条件をもとにあなたに合った求人を探し、紹介してくれるからです。
あなたの考えがきちんと共有できていないと的外れな求人ばかりを紹介されたり、担当者のあなたのサポートに対する意欲が下がってしまうことがあります。

そのため事前にリストアップし、担当者と一緒に希望条件を一つひとつ精査していくことで、あなたにあった求人を紹介してもらえる可能性が高まります。

>>ビズリーチに登録する

応募はひとつの案件に対して一度だけにする

同じ案件には複数のサービスから応募しないように注意しましょう。さまざまなサービスから同じ案件に複数応募してしまうと企業側も転職エージェント側も混乱させてしまいます。
また、両者に不信感を与えることにもなりかねませんので、場合によっては選考へ進めなくなったり、その企業に再応募することはもちろん転職エージェントからも良い求人は紹介されなくなってしまうでしょう。

>>ビズリーチに登録する

推薦文は確認させてもらう

転職エージェントは企業にあなたのことを紹介するときに履歴書・職務経歴書と一緒に、「推薦文」を書いて送っています。
「推薦文」とは転職エージェントが企業にあなたのことを紹介する書類です。企業側はこの書類も参考にあなたの合否を検討しますので、きちんと確認しておきたいところです。

担当のキャリアアドバイザーによっては職務経歴書をそのまま書いているだけだったりと企業側へのアプローチをしてくれないところもありますので、「お話した内容と相違がないように確認しておきたい」「客観的にみてどのような評価なのか知りたい」などと伝え、どのような推薦文となっているか確認しておきましょう。

>>ビズリーチに登録する

その他ビズリーチ利用者の転職体験談

スカウト量が多すぎて正確な情報収集が難しい

ビズリーチに関するよくある疑問

ここでは、ビズリーチに関するよくある質問について回答していきます。

Q1.登録情報はどのように見られている?

登録されたレジュメの内容は求人企業ヘッドハンターに公開されます。

しかし「氏名」、「メールアドレス」、「生年月日」、「電話番号」の欄の情報はみられることはありません。
スカウトへの返信、ヘッドハンターへの相談、求人情報への応募依頼などを行うことで、実名を含んだ登録情報が公開されます。

Q2.人材紹介と人材派遣は何が違うのですか?

人材紹介は、しばしば人材派遣と同義にされることがあります。

しかし人材紹介と人材派遣は異なるサービスなので、その違いをご説明します。
人材派遣は、人材派遣会社が人材を雇用し、一定期間企業に派遣するサービスです。

これに対して人材紹介は正社員としての雇用を希望される方に、面談、求人紹介、面接対策などの転職サポートを提供するサービスです。

>>公式サイトで求人を見る

Q3.なぜ有料コンテンツがあるのですか?

ビズリーチはお客様のことを真のお客様として扱うために有料コンテンツを設けています。

無料で利用することができるということは、転職サービスにお金を払っている求人企業やヘッドハンターと比べて優遇されない可能性が高いことを意味します。

無料サービスの場合、転職サービスが儲けるために求人企業やヘッドハンターに配慮した行動をとった結果として、求職者が不利益な転職をさせられることもあるのです。

Q4.ヘッドハンターに話したことは企業にも筒抜けなのでしょうか?

ヘッドハンターに話したことがそのまま企業に伝わるわけではありません。

職歴が多かったり、退職理由が話しづらいものだったりするとごまかしてしまいたくなるものですが、なるべく正直に伝えることをおすすめします。

嘘をついたり、その場限りのごまかしをしてしまうと、これまでの経験を整理したときにつじつまが合わなくなってしまう上に、二度とその企業の選考を受けられなくなってしまう可能性もあります。

ヘッドハンターは経歴などの少しでも良い見せ方・伝え方も一緒に考えてくれます。
不安なことは気軽に相談してみましょう。

>>公式サイトで求人を見る

Q5.今すぐ転職するつもりはないのですが、登録できますか?

可能です。
具体的な転職時期が定まっていない方の登録も受け付けているので、転職を少しでもお考えの方はお早めに登録しておきましょう。

早めに登録しておくことで、より多くの求人を紹介してもらえます。
さらに、長くかかわることで強い信頼関係をヘッドハンターと構築できるので、よりマッチ度の高い求人を紹介してもらえます。

Q6.登録すると会社にばれる?

登録情報を勤め先の採用担当にみられるリスクを軽減する、適切な設定がビズリーチ内で可能です。

ビズリーチでは、登録時に個人情報や現職の会社名を入力する必要がありますが、会社にばれることを回避するための企業ブロック設定が用意されています。

この設定を行うことで、自分の会社からのスカウトを制限したり、採用担当者からの閲覧を制限できます。

企業ブロックせってい。

>>公式サイトで求人を見る

Q7.40代・50代は転職できない?

ビズリーチには年齢制限がなく、40代や50代の方も利用可能です。

ただし、40代や50代の方がスカウトの数や求人案件の選択肢が若年層に比べて少ないです。

その理由は40代や50代の場合、他の年齢層と比較して経歴やスキルの点で求人ニーズとのマッチングが難しいとされることが考えられます。

職種・業界に特化した転職サイトやエージェントと併用することを検討してみましょう。

>>公式サイトで求人を見る

ビズリーチの評判・口コミまとめ

この記事ではビズリーチの評判・口コミとそれを基にしたビズリーチのメリット・デメリットなどをまとめてご紹介いたしました。

ビズリーチの特徴
ハイクラス転職に特化
ヘッドハンター・企業によるスカウト制度
30代後半・40代・50代におすすめ

ビズリーチはハイレベルな求人とヘッドハンターの質の高さが魅力ですが、一方で無料で利用できない範囲が広く、担当者によっては希望に沿った求人を紹介してもらえない場合もあるようです。

他の転職サービスも併用し、あなたの転職の成功確率を高めましょう。

参考文献
厚生労働省
転職活動を始めてから直前の勤め先を離職するまでの期間
職業紹介事業の概要
平成27年転職者実態調査の概況
労働市場における雇用仲介の現状について
今後の労働市場動向について
採用選考に関するアンケート
自己都合による離職の理由別転職者割合
職業生涯を通じたキャリア形成
転職活動の際にキャリア・プランを上手にアピールする方法
しょくばらぼ
おしごとアドバイザー
労働法制の動向

内閣府
多様化する職業キャリアの現状と課題
働き方の変化と経済・国民生活への影響
ワーク・ライフ・バランスに関する意識調査」結果速報について
就職生活に関する意識
転職が特になる国、ならない国
女性のライフプランニング支援に関する調査結果概要〜30代・40代女性のライフコース選択の希望と現実〜

独立行政法人労働政策研究・研修機構
新型コロナが雇用・就業・失業に与える影響
中高年齢者の転職・再就職調査
就労等に関する若者の意識
入職初期のキャリア形成と世代間コミュニケーションに関する調査
転職市場における人材ビジネスの展開

経済産業省
大都市圏の早期離職者等と地方の中堅・中小企業とのマッチングを促進するための新たな取組と政府等による関連支援策等について

総務省統計局
雇用者(正規・非正規の職員・従業員の動向など)