「転職したいけど一歩が踏み出せない」
「転職して失敗してしまったらどうしよう」

とお悩みの看護師さんも多いのではないでしょうか。

転職は、その後のキャリアや人生をも左右する重大な決断です。それゆえ、なかなか転職活動に踏み出せず悩む看護師さんもいらっしゃるでしょう。

この記事では、看護師が転職に成功するために以下の事をご紹介します。

  • 看護師の転職成功ポイント
  • 看護師の転職成功・失敗事例
  • 看護師の転職に関するよくある悩みと解決方法

この記事をすべて読めば、転職を成功させるためにはどうすればよいかが分かるので、転職成功率がUPします。ぜひ参考にして下さいね。

What's EvoWork
当メディアは、厚生労働大臣から有料職業紹介事業の許可をうけ、人材関連のサービスも展開しているビジコネット株式会社が運営しています。
数多くの転職サービスや派遣会社を見てきた転職のプロが「あなたの転職をサポートするパートナー」をご紹介しています。
看護師におすすめの転職サイト

看護ルー(看護roo)ロゴ

1位:看護roo!

公式サイト→

オンライン30秒で登録完了
10年以上の豊富な実績
東証一部上場企業が運営で安心
求人数 約58,000件
+非公開求人多数
総合評価 4.9/5.0

看護のお仕事ロゴ

2位:看護のお仕事

公式サイト→

利用者数40万人以上
友達に勧めたいサービス第 1 位!
Webから簡単60秒で登録完了
求人数 約120,000件
総合評価 4.8/5.0

NJBロゴ

3位:
ナース人材バンク

公式サイト→

10万人以上が利用!
利用者の97%が満足
求人数 約40,000件
総合評価 4.5/5.0

マイナビ看護師ロゴ

4位:
マイナビ看護師

公式サイト→

求人数8万件以上
トラベルナースなど人気求人も!
公開
求人数
約54,000件
総合評価 4.5/5.0

記事の目次

看護師が転職成功させるポイント

辞めたいと思ったわけを正しく分析する

転職活動をするにあたり、見切り発車で手あたり次第に求人に応募してしまう方がいます。

しかし、そうすると転職先の選定に失敗してしまうかもしれません。

転職活動を始める前に、なぜ今回辞めたくなったのかをきちんと分析しましょう。理由としては主に2点あります。

  • 退職理由は必ず聞かれるため
  • きちんと分析しないと、職場選びに失敗をしてしまうため

きちんと分析しないまま転職をしてしまうと、また辛くなって同様の理由で辞めてしまうかもしれません。

そうすると辞め癖がついて、社会的信用が落ちてしまいます。

職場が定着しないと、同世代と比較してスキルや経験に差が出てしまいます。そのため、自己分析は重要です。

転職先が決まったら現在の職場を辞める

看護師が転職するにおいて、必ず次の転職先が決まってから現在の職場を辞めるようにしましょう。

後先考えず退職してしまうと、次の転職先が決まるまで無収入となってしまいます。

金銭的な余裕がなくなると、「とにかくどこでもいいから早く転職先を見つけないと」と精神的にも追い詰められます。

そうすると、転職先の選定ミスにつながります。

POINT
特に1年目の看護師の場合、失業保険をもらうことができません。
理由は失業保険の支給対象である「離職日以前の2年間に、被保険者期間が12ヶ月以上あること」という条件を満たしていないためです。

ただ、例外として今すぐ辞めないと体力・精神的に良くないということであれば
先に退職することもやむを得ないでしょう。

職場の人には相談しない

現在の職場の方には内緒で転職活動をしましょう。たとえ気心の知れた同僚であっても注意が必要です。

うかつに話してしまうと、いつの間にか社内で噂になることも少なくありません。

転職先が無事決まってから、まずは直属の上司に退職の旨を伝えましょう。

転職サイトを複数利用する

転職時には、ぜひ転職サイトを積極的に利用しましょう。

特に大手や人気のある転職サイトは転職支援が充実しているため、求人の質・量ともに良好です。

また、複数登録することで求人の選択肢を増やすことができます。

担当者との相性を見極めることも出来るため、いくつかのサイトに登録してみてよく吟味しましょう。

>>おすすめの看護師転職サイトを見る

気になった求人情報は隈なくチェックする

気になる求人は、隈なくチェックしましょう。
魅力的に思う求人は、ついつい一刻も早く応募したいとなってしまいがちです。

しかし、良いところばかり目が行って応募してしまうと、選考が進んで「こんなはずじゃなかった」となる可能性があります。

チェックポイント

  • 病院、施設のホームページ
  • 施設の写真や情報
  • 院長のコメント
  • 利用者向けの情報

なお、もしも公式HPに採用情報があれば求人票の内容と違いがないかもチェックしておきましょう。

転職希望先によって対策を変える(クリニック、病院など)

転職希望先がクリニックなのか、病院なのかによって対策を考える必要があります。

特にクリニックへの転職は、人気の就業先で転職難易度も高く、病院以上に入念な対策が必要となるでしょう。

実際、クリニックの転職難易度は求人倍率にも表れています。

就業先 求人数
全体平均 2.32倍
クリニック(無床) 0.8倍

(参考:ナースセンター資料

全体の求人倍率が2.32倍であるのに対して、クリニックの求人倍率はわずか0.8倍です。つまり、クリニックは募集している求人数が少ないのです。

クリニックへの転職を希望されてる方は、転職サイトの担当者により入念に対策を練ってもらいましょう。

看護師転職経験者の成功事例・失敗事例

ここでは、実際に転職を経験した看護師の成功事例・失敗事例をそれぞれご紹介します。
成功した看護師と失敗してしまった看護師と、両者の違いは何だったのかを捉えつつ、自分にも当てはまりそうなケースがあれば考えてみましょう。

1年目で看護師転職に成功したMさんの体験談

人間関係に悩まされることがなくなった

口コミアイコン
Eさん
手術室において、外回り業務から手術の器材出し等1年目にとっては覚えなければならない業務が沢山ありました。
手術室で器材出しを任されていましたが、先輩看護師と折が合わず仕事の仕方を教えてもらえないといった嫌がらせを受けました。
仕事を続けるのがつらくなり、結局1年で転職しました。転職先は総合病院で教育制度も充実しており、人間関係も良好です。

出典:アンケート

給料アップの転職に成功したAさんの体験談

将来のキャリアプランを踏まえ現職を実現

口コミアイコン
Aさん
前職では忙しさに見合った給与ではありませんでした。また、本来やりたかった精神科看護に携わりたいと思ったのが、転職のきっかけです。
やりたいことが出来る唯一の精神病院があったので、転職エージェントに紹介いただくことにしました。未経験で精神科看護が出来るかの不安はありましたが、将来結婚・出産で仕事の制限が出来ることを踏まえ、やりたいことが自由に出来る今のうちに転職すべきだと思い入職を決めました。

出典:アンケート

職場見学を実施して転職に成功したEさんの体験談

職場見学を通して働く姿をイメージできた

口コミアイコン
Kさん
看護師6年目なので元々は病院メインで考えていたものの、いずれは施設での勤務と思っていたためこれを機に施設への転職を考えました。
施設2か所と念のため病院2か所に、職場見学の同日調整をしてもらいました。
職場見学を終え、施設は看護師が少ない分忙しくなりそうに思え、自分には合わないとわかりました。他に見学へいった病院2か所は、1か所素晴らしいと思える環境と待遇もよかったため、最終的にはその病院への転職を決めました。

出典:アンケート

5年後のキャリアを描いて転職に成功したRさんの体験談

キャリアビジョンを明確にしたことで、意外な選択肢が

口コミアイコン
Cさん
大学病院でキャリアを積んでいましたが、自分が管理職を目指そうと思うとあと10年近くかかると感じました。
マネジメントのキャリアも多く積みたかったので、どのような選択肢があるかを転職エージェントに相談しました。
そして、まず自分がどのような看護師になりたいのか動機づけからはじめました。
その結果、30代半ばでは管理職になり、40代では管理職を育てる立場になりたいと思いました。転職エージェントを通して病院、施設、訪問介護などさまざまな求人を紹介してもらいました。
元々あまり念頭にはありませんでしたが、キャリアビジョンや理想の働き方を踏まえた結果、訪問介護ステーションで管理職を目指すことに決めました。

出典:アンケート

情報収集不足で転職に失敗したFさんの体験談

妊娠すらも責められる職場、出産を機に転職したはいいものの

口コミアイコン
Fさん
転職前は、400床以上あり付属学生を受けるような大病院でした。病棟は若い看護師ばかりでしたが、わからないことを聞いただけで怒られたりしました。さらに定時ではあがれずに、19時過ぎまで職場に残るのは当然の環境でした。結婚した後に妊娠が発覚してからは、責められる一方でした。出産を機にその病院は辞めることにしました。とにかく早く就職したいと思い、転職先は老人ホームにしました。
しかし看護師の仕事ぶりがいい加減であったり、患者を人間と思わないような言動が見られ、その雰囲気が苦痛で結局また転職してしまいました。

出典:アンケート

自己分析不足で転職に失敗したJさんの体験談

なんとなく嫌気がさし辞めたものの、休みが取れない

口コミアイコン
Dさん
看護師として5年のキャリアを持っています。最近勤めていた病院を辞めたことに後悔しています。転職前は、総合病院の循環器科に勤めており月60時間以上の残業が当たり前の環境でした。教育体制などはしっかりしていて人間関係もよかったのですが、体力的にきつくなり辞めてしまいました。
その後、別の循環器専門病院へ転職しました。以前の職場よりも規模が小さな病院で、看護体制が整っておらず困っています。
勤務日程もなかなか希望通り休みが取れず、辞めようか悩んでいます。なんとなくで辞めてしまい、きちんと自己分析をしてどんな病院に行きたいかを明確にせず後悔しています。

出典:アンケート

転職理由があいまいで転職に失敗したNさんの体験談

同期が転職したので自分も転職

口コミアイコン
Hさん
4年目看護師です。脳外科病棟で働いてましたが、3年目の頃に同期で転職する人がで始めました。一通り業務を覚えたこともあり、どうせなら若いうちにと転職を決意しました。
脳外科病院を探していると、手術件数がトップクラスの病院があり、最新設備が整ってるとあり応募しました。しかしいざ入社してみると大きなギャップがあり、脳疾患に特化した病棟と思いきや、内科病棟で入りきらなかった患者さんが入院していたりと混合病棟だったのです。
残業も月に5時間以下と言われてたものの、実際毎日2,3時間ほどありました。残業申請もほとんどの人がしておらず、有給も申請しづらい環境でした。

出典:アンケート

優先順位を誤り転職に失敗したKさんの体験談

スキルが活かせない職場にやりがいを感じられない

口コミアイコン
Oさん
5年目の時に、総合病院の消化器内科から個人病院に転職しました。
残業も多いし有給も使えない、スタッフは常に人手不足で夜勤回数も多い環境でした。友人が転職で成功したのを聞き、思い切って転職することにしました。
業務量が少ない・有給が使える・夜勤少なめで探そうと決め、転職サイトで1件見つけました。実際に働いてみると、医療行為も多くなくリハビリといった形で身体は楽でした。しかし、前職でのスキルを活かす場面がなくどんどんスキルを忘れてしまう不安があります。
忙しくても、総合病院で働いていた時の方がやりがいを持てていたのだと気付きました。私にとってやりがいは働く上で重要な要素だったのだと転職してからわかりました。

出典:アンケート

>>おすすめの看護師転職サイトを見る

看護師転職でよくある悩みと解決方法

ここでは、看護師転職でよくある悩みと解決方法をご紹介します。
ご自身が抱える悩みと似ているものがあれば、ぜひ解決方法を参考にしてくださいね。

現職が人手不足で辞められない

看護師をはじめとする医療関係の職場は、常に人手不足です。

辞めたいと思っても、現場の人手不足を気にして辞められずにいる方も多いでしょう。

責任感が強い方こそ抱きやすい悩みです。

解決策

1ヶ月以上前に辞意を伝えれば、基本的に退職意向を伝えるタイミングとして正しいです。

いくら忙しい職場だからと言って、辞意を伝えられずにあなたの健康や精神を害してしまっては意味がありません。

余裕を持って辞意を伝えれば、後任探しにも時間を持てるため、業務は滞りなく行えるはずです。

施設側としては早めに言ってもらえた方が、引継ぎや採用時間に余裕が生まれるのでありがたいというのが本音です。

転職した後の人間関係が不安

人間関係で悩んだ経験があると、転職先での人間関係を不安に思う方も多いようです。

「前職と同じ人間関係で悩まないか不安」「転職先の人間関係がいいのかわからない」といった声が聞こえます。

解決策

あらかじめ職場の口コミを見て情報収集しましょう。看護師専門の口コミサイトだと、「ナース専科」「ナスコミ」「medico」がおすすめです。

また、職場見学の際に以下のことをチェックするのもおすすめです。

  • スタッフ同士のコミュニケーションはあるか
  • スタッフの年代的に溶け込めそうな環境下
  • スタッフの身だしなみはきちんとしているか
  • 病院は清潔な状態か

職場の環境が表に出やすいのが上記項目です。
きちんとチェックして環境の把握に努めましょう。

自分が何がしたいか分からない

転職をしたいと思っていても、そもそも自分が何がしたいかが分からないといった悩みも少なくありません。
転職しようも、方向性が定まっていないと誤った転職をしてしまいます。

解決策

まず転職後にどうありたいか、どういう生活を送りたいかを考えましょう。
仕事のスタイルはもちろん、生活を軸に考えても構いません。

例えば、「キャリアアップを望みたい」「私生活とのバランスをとって働きたい」といった形です。

具体的な目標は特になくても問題ありませんが、漠然とした理想から考えてみるのもおすすめです。

忙しくて転職活動の時間が確保できない

現在の仕事が忙しく転職活動をする暇がないといった悩みです。

退職をしてしまって失業手当をもらいながら転職活動というやり方もありますが、なるべくブランクを空けずに働きたい方も多いはずです。

解決策

転職サイトのサポート機能をフル活用しましょう。
転職サイトは転職活動における様々な作業を代行してくれます。

転職サイト・転職エージェント活用事例

  • キャリア診断
  • キャリアプランの作成
  • 応募書類添削・面接対策
  • 求人紹介
  • 職場環境の共有
  • 各種手続きの代行

>>おすすめの看護師転職サイトを見る

転職回数が多いので転職できるか不安

転職回数が多いので、採用されないのではないかとあきらめてしまっているケースです。

結婚や配偶者の転勤、ライフステージの変化など、特に女性の場合は転職回数が多くなってしまいがちです。

面接官に理由を聞かれたら、どう答えればよいか悩む方も多いでしょう。

解決策

これまでの転職回数が2回以下という方は、面接官も特に懸念を抱かない範囲だといえます。

年齢にもよりますが3,4回目以降となると伝え方が重要です。
転職回数が多いことは、見方を変えればさまざまな職場・業務を経験してきたと置き換えることも出来ます。

理由を話す際は、ポジティブに伝えられるかが重要でしょう。

転職理由の伝え方事例

  • より幅広い知識や経験を身につけたいと思った
  • さまざまな視点から患者さんのサポートに貢献したいと思った

>>おすすめの看護師転職サイトを見る

看護師が転職するおすすめの時期

ここでは、看護師が転職するにおすすめの時期をご紹介します。

看護師の転職におすすめの時期|1月・6月・11月

まず看護師が退職するタイミングとして、ボーナスの支払い月のあとに増える傾向があります。

そのため、退職者の人員を補うために1、6月は求人が増えやすいでしょう。

11月に関しては、年明け入社に向けて徐々に求人募集をするタイミングとなります。11月はそのあとにも転職活動に好調な時期が12月、1月と続きます。

11月から転職活動の準備をし、且つ動き始められると理想的でしょう。

看護師の転職に不向きな時期|4月・8月・12月

新卒者の教育が中心に行われ、中途採用の求人数が少なくなる傾向にある4月はあまりおすすめしません。

いくら経験者であるとはいえ、大量に新卒者が入社する4月は、どうしても受け入れ先の人事も新卒者の教育に手が行きがちです。

また、8・12月は職員が長期休暇を取得する月となるため、現場は人手不足となります。そのため、書類選考・面接などの選考滞りがちとなります。

受け入れ側に余裕がなさそうな月は、転職活動を避けましょう。
>>おすすめの看護師転職サイトを見る

看護師1年目で転職することについて

1年目の看護師が転職を考えているといった悩みもよく耳にします。

そこでこの章では、看護師1年目で転職するにあたり、その理由や転職時の注意点などをご紹介します。

看護師を1年未満で転職したいと思う理由

激務で残業が多い

1年目だとまだ効率よく仕事をすることに慣れておらず、どうしても残業をしてしまいがちです。

職場によってはサービス残業になってしまうこともありますし、1年目は学習のために残業することも当たり前とみなされている職場も少なくありません。

人間関係がつらい

1年目の看護師は特に、先輩社員との人間関係に悩みやすいようです。先輩看護師の理不尽な対応につらい思いをした方も多いのではないでしょうか。

病院は閉鎖的な空間になりがちなので、うまくコミュニケーションできずに孤立してしまうことも多いようです。

責任感が大きく精神的プレッシャー

看護師という仕事は、患者をケアし命を預かるという大きな責任が伴う仕事です。

学生時代では指導員が常にいる環境で患者ケアを行っていたかと思いますが、実際に働き始めると新人・ベテランは関係ありません。

新人看護師といえど、時として急変時の対応などを求められることもあるでしょう。そうしたプレッシャーから精神的に追い詰められてしまう看護師も多いようです。

待遇が悪い

思ったよりも給与・ボーナスが低いと感じる方もいます。

夜勤が開始されたり経験年数を積むことで給与は上がってきますが、1年目看護師の場合なかなか満足した給料をもらえないと思うこともあるでしょう。

業務外の研修・勉強会が多い

看護師はスキルアップのために、研修や勉強会への参加を求められることがあります。

勤務時間外や休日に参加しなければならないものも多く、プライベートの時間を削ることもあるでしょう。これらを負担と思う1年目看護師は多いようです。

看護師1年目の転職理由の正しい回答

前職のことを悪く言わない

退職理由を聞かれた際に、前職の悪いところを言うのはやめましょう。

「人間関係」「職場の労働環境」など本人の努力ではどうにもならないこともあるかもしれませんが、不平不満・ネガティブなことを言うと採用担当者に悪い印象を与えてしまいます。

退職理由・志望動機を正確に伝える

上記のように、不平不満やネガティブなことを言うのはよくありませんが、あくまで理由は正確なことを伝えましょう。

例えば、「労働環境」が理由なのに「スキルアップ」が目的などと、かけ離れた理由を言うのは好ましくないといった形です。

また、どんなにネガティブな理由であっても虚偽にならない程度に、なるべくポジティブな表現で述べるようにしましょう。

ポテンシャル・熱意をアピールする

1年目の看護師は、経験や知識もまだ浅く、なかなかそれらをアピールすることは難しいでしょう。

しかしその分、ポテンシャルや熱意を積極的にアピールしましょう。これは新人看護師だからこそアピール出来るポイントでもあります。

また、ただ「頑張ります」などの抽象的な表現ではなく、「ゆくゆくは○○の資格を取ることで、より活動の幅を広げたいと思っている」など具体的な将来像を交えながら伝えてみましょう。

>>おすすめの看護師転職サイトを見る

看護師転職におすすめの流れ

看護師の転職では、自力で活動をするよりも転職サイトやエージェントを活用することをおすすめします。
なぜなら、以下のメリットがあるためです。

転職サイト・転職エージェントを活用するメリット
転職サイト・転職エージェントでは求職者に向けてさまざまな転職支援を行っています。
転職活動は、求人検索や応募書類の準備、面接対策等のやるべきことが非常に多いです。

そのため、働きながら自力で活動をすることはなかなか困難です。

以下は、転職サイト・転職エージェンで受けられるサービスの一例です。

  • キャリア診断
  • キャリアプランの作成
  • 応募書類添削・面接対策
  • 求人紹介
  • 職場環境の共有
  • 各種手続きの代行

ここでは、看護師が転職する際のおすすめの手順をご紹介します。

転職サイトに利用登録

まずは転職サイトの公式HPから利用登録を行いましょう。
登録の際には、以下のことを記入します。

  • 個人情報
  • 現在の職種
  • 希望勤務地
  • 転職希望時期
  • 現在の年収

登録自体は数分程度で終わるので、まず気軽に登録をしてみましょう。

キャリアカウンセリング・登録面談

担当アドバイザーから連絡が来るので、キャリアカウンセリングを受けましょう。

Web・電話あるいは対面で行います。担当アドバイザーとの面談では、登録時に入力した内容をもとにヒアリングを受けます。

事前に回答を準備し、リラックスして臨みましょう。

求人紹介を受ける

担当アドバイザーとの面談をもとに、あなたの希望に合う求人をいくつか紹介してもらいます。

また、あなた自身が転職サイトから検索して気になる求人があれば、それも伝えましょう。
登録者のみが見れる非公開求人を紹介してもらうこともあるでしょう。

書類添削・面接対策

応募したい企業が決まったら、具体的に選考を進めておくために応募書類の添削や面接対策をしてもらいます。
転職のプロであるアドバイザーがしっかりサポートしてくれます。

応募・選考

気になる求人に応募し、選考を進めていきます。転職サイトによっては、面談にアドバイザーが同席してくれるケースもあります。

面接対策の際に言われたことに注意しつつ、きちんとと自分の経験をアピールしましょう。

内定

内定をいただいたら、現在の職場での退職手続き・条件面の調整をしていきます。

転職サイトの支援メニュー内容によっては、これらの相談をアドバイザーに依頼することもできます。

入職後のフォロー

内定が出た後も、転職サイトとのお付き合いは続きます。ていねいな対応をこころがけましょう。

おすすめの看護師転職サイト

1.看護roo!

看護roo!

5万件以上のお仕事から紹介
オンライン30秒で登録完了
10年以上、何十万人もの豊富な実績

看護roo!は東証一部上場企業が運営する、10年以上看護師の転職支援実績がある転職サイトです。
何十万人もの看護師さんが愛用し、利用者満足度も96.3%※を誇っています。

求人数は約5万件以上と豊富で、病院件数も業界最大級。
月給42万円以上や年休130日以上など、厳選された高給与・好条件求人の中からあなたにあったお仕事を紹介してくれます。

登録はオンラインで完結します。
好きな時間に電話で条件を伝えるだけでその後はあなたにあったお仕事が届きます。
求人の詳しい情報を知りたい場合はLINEやメールで連絡可能です。短所や実際に働いている方の口コミを聞くこともできます。

※調査協力:クロスマーケティング(2018年)
>>公式サイトを見る

求人数 約57,000件
対応職種 正看護師、准看護師、助産師
対応施設 一般病院、大学病院、一般+療養、療養型病院、精神病院、クリニック、訪問看護、介護施設、健診センター、保育園・学校、その他施設
対応雇用形態 正社員、パート、契約社員、常勤(夜勤あり・なし)、非常勤
求人の質
転職サポート
総合評価
対応エリア 関東/関西/東海
┗東京・神奈川・埼玉・千葉・愛知・三重・岐阜・静岡・大阪・京都・兵庫・奈良・和歌山
公式サイト https://www.kango-roo.com/

\オンライン30秒で登録完了/

関連記事:
看護roo!の評判・口コミ|求人の特徴も解説


2.看護のお仕事

看護のお仕事
日本最大級の求人数
職場の内部情報に詳しい
LINEで気軽に相談できる

看護のお仕事は、日本最大級の求人数を誇る、看護師専門の転職サイトです。
多数の非公開求人を含む約12万件の求人数のなかからあなたにあった転職先を見つけてくれます。

年間4,000回以上の職場訪問をおこなっており、医療方針から辞めた人の理由まで情報収集を実施しています。
職場の内部情報をもとに、利用者の希望に最も合う求人情報を紹介してくれます。

求人情報をLINEやメールで受け取ることができ、気になることや相談したいこともLINEで連絡できます。
そのため、ふだん転職活動になかなか時間が割けないという方でも気軽に利用し、転職活動を進めることができます。
>>看護のお仕事の詳細を見る

求人数 約120,000件
対応職種 正看護師、准看護師、保健師、助産師
対応施設 総合病院、一般病院、クリニック、特別養護老人ホーム(特養)、訪問看護、有料老人ホーム、デイサービス、重症心身障害者施設、保育園、検診センター
対応雇用形態 正社員、パート・アルバイト、派遣、紹介予定派遣、日勤常務、夜勤専従常勤、夜勤専従パート、非常勤
対応診療科目 内科、精神科、心療内科、小児科、外科、整形外科、皮膚科、産婦人科、眼科、歯科、美容外科、美容皮膚科
求人の質
転職サポート
総合評価
対応エリア 北海道・青森・岩手・宮城・秋田
山形・福島・東京・神奈川・千葉
埼玉・茨城・栃木・群馬・山梨
長野・新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重・大阪
兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山
広島・岡山・鳥取・島根・山口
香川・愛媛・高知・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎
鹿児島・沖縄
公式サイト https://kango-oshigoto.jp/


\1分で登録完了/


関連記事:
看護のお仕事の評判・口コミ|求人の特徴も解説

3.ナース人材バンク

ナース人材バンク

ナース人材バンクの特徴

  • 年間10万人以上の看護師が利用
  • 看護師専門、地域専任のキャリアパートナーが在籍
  • 利用者満足度97%※

ナース人材バンクは、2005年の運営開始以来、年間10万人以上の看護師に利用されている転職サイトです。

全国の看護師求人情報を豊富に取り扱っており、看護師専門、地域専任のキャリアパートナーが豊富な求人の中から最適な求人を紹介してくれます。

また、給与や役職、勤務条件など、直接だと言い出しづらい条件交渉についても、キャリアパートナーが代行しておこなってくれるため、効率的な転職活動ができます。

利用者からの評価も高く、97%の利用者から満足※しているとの評価を得ています。

※ナース人材バンク公式HPより
>>ナース人材バンクの詳細を見る

求人数 約40,000件
対応職種 看護師、准看護師、認定看護師、助産師、保健師、管理職
対応施設 病院、クリニック、訪問看護、企業・学校・保育園、その他
対応雇用形態 正社員、契約社員、派遣社員、常勤、日勤のみ、夜勤あり、夜勤のみ、非常勤
対応診療科目 内科、外科、透析/糖尿病、放射線科、歯科、神経科/精神科、小児科/産婦人科、眼科/耳鼻咽喉科/気管食道系、皮膚科/泌尿器科/肛門科、その他
求人の質
転職サポート
総合評価
対応エリア 北海道・青森・岩手・宮城・秋田
山形・福島・東京・神奈川・千葉
埼玉・茨城・栃木・群馬・山梨
長野・新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重・大阪
兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山
広島・岡山・鳥取・島根・山口
香川・愛媛・高知・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎
鹿児島・沖縄
公式サイト https://www.nursejinzaibank.com/

\年間10万人が利用/

関連記事:
ナース人材バンクの評判・口コミ|求人の特徴も解説

4.マイナビ看護師

マイナビ看護師
80,000件以上の求人情報
オンライン登録・電話面談可!
美容クリニックやトラベルナースも

マイナビ看護師は、大手人材紹介会社の株式会社マイナビが運営している看護師のための転職サイトです。
2022年1月現在80,000件以上の求人情報を取り扱っています。(独占求人・非公開求人含む)
高給与の求人はもちろん、一般企業や美容クリニック、夜勤なし求人からトラベルナースまでさまざまな人気求人が掲載されており、他では出会えない求人に出会える可能性も。

一人ひとりにプロのキャリアアドバイザーがつき、履歴書の書き方・面接対策から条件確認や退職交渉まで、徹底的にサポートしてくれます。

また、マイナビ看護師では、求人を出している企業や医療機関に訪問して現場の状況を徹底的にヒアリングしています。
職場の人間関係や雰囲気、人員体制など求職者の方が調べにくい情報もすべて共有してくれるため、転職後のミスマッチが少なくなります。

相談のみでももちろんOK。
登録はオンラインで約1分で完了します。
登録後の面談は電話やWeb面談、直接面談から選べるため、忙しい方も初めての転職で不安な方も安心です。
>>マイナビ看護師の詳細を見る

求人数 約80,000件
対応職種 看護師、准看護師、助産師、保健師、ケアマネージャー
対応施設 病院、クリニック・診療所、美容クリニック、施設、訪問看護ステーション、一般企業、治験関連企業、保育施設、その他
対応雇用形態 正社員、契約社員、パート・アルバイト、業務委託、常勤、夜勤なし、夜勤専従、その他
対応診療科目 美容外科、小児科、産科、婦人科(レディースクリニック)、整形外科、循環器内科、心療内科、消化器外科、心臓血管外科、スポーツ整形外科、脳神経外科、眼科、形成外科、消化器内科、歯科、精神科、血液内科、外科、内科、神経内科
求人の質
転職サポート
総合評価
対応エリア 北海道・青森・岩手・宮城・秋田
山形・福島・東京・神奈川・千葉
埼玉・茨城・栃木・群馬・山梨
長野・新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重・大阪
兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山
広島・岡山・鳥取・島根・山口
香川・愛媛・高知・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎
鹿児島・沖縄
公式サイト https://kango.mynavi.jp/

\相談だけでもOK/

関連記事:
マイナビ看護師の評判・口コミ|求人の特徴も解説


5.医療ワーカー

医療ワーカー

医療ワーカーの特徴

  • 首都圏や東海、関西エリアに強い
  • 好条件の非公開求人が豊富
  • Webでのカウンセリングも対応可能

医療ワーカーは、看護師に特化した転職サイトです。
全国エリアを対象にサービスを提供していますが、特に首都圏や東海、関西エリアの求人情報を豊富に取り扱っています。

また、非公開求人も豊富に取り扱っており、メールマガジンに登録しておけば、希望条件に合った非公開求人情報をメールで受け取ることができます。

そのため、じっくりと仕事を探したい方や、自分のペースで転職活動を進めたい方にもおすすめです。

Webでのカウンセリングも実施しており、転職の相談はもちろん、履歴書添削・模擬面接のサポートも受けることができます。

>>医療ワーカーの詳細をみる

求人数 約58,000件
対応職種 看護師・准看護師、助産師、保健師
対応施設 病院、クリニック、介護関連施設、訪問看護、企業、その他
対応雇用形態 正社員、パート・アルバイト、契約社員、派遣、期間限定契約、常勤(夜勤あり)、常勤(日勤のみ)、常勤(夜勤のみ)
対応診療科目 内科、整形外科、外科、リハビリテーション科、循環器科、血液内科、呼吸器内科、循環器内科、消化器内科、神経内科、、腎臓内科、心療内科、糖尿病内科、内分泌内科、老年内科、救命救急科、形成外科、呼吸器外科、消化器外科、心臓血管外科、乳腺外科、脳神経外科、美容外科、眼科、産婦人科、耳鼻咽喉科、小児科、総合診療科、精神科、人間ドック・検診、泌尿器科、皮膚科、美容皮膚科、病理診断科、婦人科、放射線科、麻酔科、肛門科、リウマチ科、胃腸科、アレルギー科、口腔外科、歯科、呼吸器科、消化器科、緩和ケア科、産科
求人の質
転職サポート
総合評価
対応エリア 北海道・青森・岩手・宮城・秋田
山形・福島・東京・神奈川・千葉
埼玉・茨城・栃木・群馬・山梨
長野・新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重・大阪
兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山
広島・岡山・鳥取・島根・山口
香川・愛媛・高知・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎
鹿児島・沖縄
公式サイト https://iryouworker.com/


関連記事:
医療ワーカーの評判・口コミ|求人の特徴も解説

ここでは5つの転職サイトをご紹介しました。
もっと多くの転職サイトを比較したい方は、以下の記事も参考にしてください。
看護師転職サイトおすすめランキング|希望が叶う職場選びをプロが比較して紹介
看護師向け転職エージェントおすすめランキング|病院・クリニックなど施設別で紹介

>>おすすめの看護師転職サイトを見る

看護師転職に関してよくある質問

ここでは、看護師転職に関してよくある質問をご紹介します。

美容看護師が転職先で人気な理由はなんですか?

美容外科や美容クリニックは、病院と比べて高収入で休みがとりやすいと言われています。また夜勤が存在しないことも人気の理由です。

扱っている施術内容によっても異なりますが、美容クリニックならではの特権もあります。

  • フェイシャルが無料で受けられる
  • 脱毛が無料で受けられる
  • 美容医薬品(ダイエットサプリ等)が安く購入できる
  • ドクターズコスメが無料で使える
  • 高額な施術が社員割引で受けられる

看護師1年目がクリニックに転職するコツは?

1年目の看護師でもクリニックに転職することは可能です。

ただ、「臨床経験〇年以上」などと条件が記載されていることも多いです。

看護師1年目でクリニックへの転職を希望する場合は、「未経験可」などと書かれている求人に応募するとよいでしょう。

同じ病院に再就職はありですか?

いったん退職した職場に再就職することを「出戻り」といいます。看護師の出戻りは少なくない傾向にあるようです。

いったんその職場を離れた後に、改めて魅力を感じて出戻りする方もいらっしゃいます。

出戻り後は一度離れた分、より客観的な目で仕事に取り組めるため、気持ち新たに再スタートを切れるでしょう。

看護師転職をする際の確認事項はありますか?

転職時には、以下の項目をチェックすることをおすすめします。

  • 転職先の口コミ
  • 平均年齢
  • 平均年収
  • 残業の有無や残業代の支給ありなし

県外に転職する場合どうすればいいですか?

県外での転職はハードルが高いと思う方も多いでしょうが、手段や手順次第では大きなメリットもあります。

希望する条件や待遇に合った職場を探す、職場の種類を吟味する、給料UPを見越した転職などです。

県外への転職は、現在の労働環境を変える大きなきっかけになります。是非前向きに捉えましょう。

看護師が病院以外での転職する場合。どこがありますか?

看護師以外でおすすめの他業種の転職先・企業は、代表的なもので以下があります。

  • 治験コーディネーター
  • 臨床開発モニター
  • MR
  • 助産師
  • 保健師
  • 心理カウンセラー
  • 健康相談コールセンター
  • 歯科助手
  • 保健室や保育園
  • 健診・検診センター、献血ルーム
  • イベント・ツアーナース
  • 一般企業

看護師転職を簡単にする方法はありますか?

看護師に特化した転職サイトを利用するのがおすすめです。
転職サイトは複数社登録しておくとよいでしょう。

転職しまくる看護師は不利ですか?

特に転職回数に上限があるわけではありませんが、回数が多い方の場合すぐに辞めてしまうのではないかと懸念されます。

年齢にもよりますが、転職は3、4回程度にとどめておいたほうが理想的でしょう。

>>おすすめの看護師転職サイトを見る

看護師が転職に成功するポイント まとめ

この記事では、看護師が転職に成功するために以下の事をご紹介させて頂きました。

  • 看護師の転職成功ポイント
  • 看護師の転職成功・失敗事例
  • 看護師の転職に関するよくある悩みと解決方法

この記事を参考にして、看護師としての転職を成功させて下さいね。

参考文献
看護職員就業状況実態調査結果
看護職のキャリアと働き方支援サイト
看護職のキャリア
看護職員の現状と推移
看護職員研修事業の実施状況及び事業計画に関する調査について
看護業務実態調査について
福祉及び介護施設における看護師の日雇派遣に関するニーズ等の実態調査
ナースセンターによる看護職員の復職支援の強化
「訪問看護ステーションの求人倍率」継続して高水準
看護職賃金の実態とその改善策
看護職就業者数の動向に関する研究
公益社団法人日本看護協会
准看護師のための進学特設サイト
看護職のワーク・ライフ・バランス推進事業
いきいき働く医療機関サポートWeb
医療専門職支援人材確保支援事業報告書(抄)
賃金構造基本統計調査
看護師等学校養成所入学状況及び卒業生就業状況調査
衛生行政報告例
雇用の構造に関する実態調査(転職者実態調査)